65)眼科:マイボーム腺疾患

2009年11月19日 (木)

経過観察 11/12

相変わらず、痛くなったら休んで、落ち着いたら動き出して・・・という、生活を送っています。

11月12日、眼科外来でした。
左目が『利き目』で酷使しているからなのか、抗がん剤の後遺症が左目に出現したのか、マイボーム腺が右目に比べて、詰まりやすいようです。今回も左目は違和感が強く、視力も落ちていました。挙句に角膜にもキズがついていたそうで、目薬をサボらず真面目に点けなさいと叱られました(^_^;)
マイボーム腺が詰まると黄色いプチプチができます。今回もピンセットで挟まれ黄色い脂がでたようです。前回より痛く感じた( ´;ω;`)ウウ

目薬をサボった罰でしょうか。苦笑)

夜寝る前にマッサージをして、軟膏もぬりぬりして眼帯して寝るとよいとアドバイスいただきました。

・・・まだ、眼帯買ってません(-ε-)

寝る時だけとはいえ、眼帯は苦手です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

目の違和感とドライアイ

9月10日は、婦人科のあと、眼科でした。
眼科、、、混んでて疲れたぁ。こちらも車いすのまま受診。

目の違和感は、抗がん剤をすると増す。痛みも出てくる。相変わらずだねぇ

マイボーム腺は、うっかり前の日にお手入れしちゃって、先生にお手入れしてもらえませんでいた。ちと残念。あれ、けっこうすっきりして気持ちいいの^^
ドライアイは治ってきていますと言われました。ヤター ^^v

11月の外来日まで、目薬を点けてまたまた様子をみます。
眼科、終了。

車いすの操作がイマイチだった私を見かねてか、看護師さんがエレベーターまで押してくれました♪

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

眼科外来 7/23

2回目の眼科です。

眼科の中でもいくつかのカテゴリーに分かれているようで、マイボーム疾患は「ドライアイ外来」で診ているようです。

で、まずは「視力検査」と「眼圧検査」。

視力はなんとΣ( ̄ロ ̄lll) 両眼共に“1.5”でした~♪

眼圧も問題ないようです。

待つこと20分くらい?混んでます。

眼痛は無くなったこと、違和感は依然としてあること、相変わらず黄色いプチプチが出来る事をお話して、両眼に青い眼薬を点して、機械で(拡大レンズ?)診てもらって、痛み止めの眼薬を点して、ピンセットみたいなもので先生に目の縁に出来た黄色いプチプチ潰してもらいました。

診察終了。

引き続き「ヒアレイン点眼薬」を点して様子を見ます。

次回は9月です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

眼科に紹介していただきました

先日(6/4)、婦人科で「左目の違和感」について外来担当医に訴えたところ、眼科に紹介していただきました。

ちなみに、抗がん剤の副作用で頭痛・眼痛(充血)違和感は、あまり聞いたことがありません。1%以下の(副作用の)報告はいろいろあって、なんでもありって感じで・・・っていう答えでした。

確かに、そうね。副作用は個人差があるからね。

そう切り替えれば、ココロも楽ね(^^ゞ

で、眼科を紹介していただけませんか?とお願いしたら、快諾~♪

お手紙を書いていただきました^^

いつ行っても良いって言うので、今日行ってきました。

来週からまたジェムが入るので、月曜は混むしってことで(今日しかなかったのw)夫も送迎してくれるって言うし、トントン拍子で10時過ぎに眼科新患外来へ~。

1、かくかくしかじか問診表書いて、

2、赤いバルーンの行方を眼で追いかけ、

3、風を眼球に吹きかけられて、

4、ランドルト環(視力検査)みて、

5、先生の診察。眼の違和感やら痛いのやらなんやら話して、

6、先生の持ってる眩しいライトを眼で追いかけてみたり、

7、青色で眼を染められて瞬きしてみたり、

8、瞳孔を開く(広げる)目薬をさして、

9、瞳孔が開くのを待ってる間に眼の写真撮影してみたり(さっきの青色を生食で流して)パシャパシャ。(シャッターの音w)

10、今度は赤色に染められて、パシャパシャ。

11、続いて、涙の量を測定。これが痛いのなんのって、試験紙を入れるわけですよ。瞬きしたらしたで、これも痛くて。もー、泣きそう。そうそう、涙の量の検査ですから、当たり前なんですけど。笑)
仙台弁でいうところの“いずい~(ーー;)” 3分~5分くらいガマンしました。

12、瞳孔が開いたので、眼底検査。

で、診断は・・・

左目の違和感や痛みはマイボーム腺の閉塞によるものだろうとのこと。

どうやら、まぶたの縁にある脂腺が詰まっているようです。

つーことで、「ヒアレイン点眼液」(ドライアイのお薬、眼の乾燥を防ぐお薬ですね)と「エコリシン眼軟膏」(菌を殺し感染を治療する軟膏です)を1か月くらい点して様子をみます。それと、ホットタオルやマッサージも有効だそうで、1日1回やってほしいといわれました。

コレでダメなら、精密検査です。

マイボーム腺は、ホルモンの影響が関係しているそうで、私のような症例が他にもあるとのこと。へぇ~、ガッテン!ガッテン!

最後は、先生に眼の縁にいっぱい出た黄色いプチプチを絞ってもらい終了しました。

気持ち的にはスッキリしましたので、とりあえず1か月様子を見ますね(^_^)v

.

.

| | コメント (16) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0)はじめに | 01)私の病歴 | 02)卵巣ガン 初発(手術) | 03)卵巣ガン 初発(抗がん剤 TC・3) | 04)卵巣ガン 再発・多発(手術) | 05)卵巣ガン 再発(抗がん剤 DC・6) | 06)卵巣ガン 再々発(抗がん剤DC・3) | 07)卵巣ガン 再々発(手術) | 08)卵巣ガン 再々発(腔内放射線) | 09)卵巣ガン 再々々発(手術) | 10)卵巣ガン 再々々発(再手術) | 11)卵巣ガン 再々々発(経過観察) | 12)卵巣ガン 転移(放射線) | 13)卵巣ガン 転移(手術) | 14)卵巣ガン 転移(経過観察) | 15)卵巣ガン 転移(経口抗がん剤 エトポシド・9) | 16)卵巣ガン 転移Ⅱ(抗がん剤 トポテシン・3) | 17)卵巣ガン 転移Ⅱ(手術) | 18)卵巣ガン 転移Ⅱ(経過観察) | 19)卵巣ガン 転移Ⅲ(抗がん剤 タキソ-ル・6) | 20)卵巣ガン 転移Ⅳ(手術) | 21)卵巣ガン 転移Ⅳ(抗がん剤 ジェムザール・3) | 22)卵巣ガン 転移Ⅳ(抗がん剤 ドキシル・3) | 23)卵巣ガン 転移Ⅳ(手術・鼠径部) | 24)卵巣ガン 転移Ⅳ(エトポシド・3) | 30)卵巣ガン関連 | 31)おしっこ関連(再々々発以降) | 32)ストーマ関連(再々々発以降)WOC | 33)リンパ浮腫関連(転移Ⅱ以降) | 40)腸閉塞(手術~ | 41)腸管膣瘘(転移Ⅳ・ドキシル以降) | 42)丸山ワクチン | 43)ペインコントロール・神経ブロック(転移Ⅳ・ドキシル以降) | 44)介護保険・障害年金 | 60)がんと告知されたら~ がん患者の心のケア | 65)眼科:マイボーム腺疾患 | 70)お知らせ | ◎ドライブ・旅行 | ★猫バカ道 | ☆エキスパートへの道 | ☆スペシャリストへの道 | ツバメ観察 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味