42)丸山ワクチン

2010年3月 9日 (火)

A単独接種

報告が遅れましたが、2月中旬から身体の状態が悪いことから、通常AB交互の接種のところ、A単独の接種、週三回から隔日接種になりました。隔日接種は自己注射だからできる技ですよね。
A単独になってからの体調の変化はイマイチわかりませんが、CA125のマーカーは変化があります。丸ワクがすべてとはいいませんが。笑)
11月から始めたので、11月から記します。

11月 49.2
12月 51.9
1月  32.5
2月  ---
3月  25.2

ついでに、CA19-9も

11月 42.6
12月 40.3
1月  38.1
2月  ---
3月  57.0

3月のCA19-9の数値にはびっくりですが、(具合が悪くて入院したのですから、致し方なし?)今後を見守りたいと思います。

今は、主治医にぃにぃが「がんばるな!」というので、ワクチンは看護師さんに打ってもらってます^^

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

丸ワク 次月分請求

11月9日から始めた丸ワクも、もうすぐ1か月になる。
効果のほどは、まだ分からない。(まだ一か月だもんねぇ(^^ゞ正確には1か月も経っていないし。笑))
だけど、気分的にはイイと思う。週3日の通院は忙しいけど。
今回初めて、次月分を郵送請求する。
それにあたり、書類を作成する。(1か月の体調)
現在の病気の進行具合等。
腹水、出血、食欲、吐き気、などの有無。
血液検査の結果(私の場合は大学病院での血液検査レポートを転用させてもらっている)
ワクチン引き受け先の医師の署名捺印をいただいて書類は出来上がり。
銀行に行って、丸ワクの口座にお金を振り込んで、控えを書類と共に送れば、あとは5~10日後、我が家に郵便でワクチンが届く。
・・・はず。

丸ワクは、40日分で10500円。(注射代は別 詳しくは丸山ワクチンのHPで)
高いか安いか・・・。

次回の腫瘍マーカー値がちょっと楽しみ。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

疼痛外来などなど

11月5日、パッチとオキノームの効き具合確認のため外来に行ってきました。
今回は、前日に痛みの部位など図解入りレポート「痛みの詳細と自分の想い」を作成し、決戦に備えました。←大げさw
まあ、その甲斐あって、自分の思いのたけをおもいっきし担当医にぶつけてきました。そして、がっつり受け止めていただき、拍子抜けするほどのトントン拍子で次回「胃腸外科」へ受診、その後「整形外科」へ受診と決まりました。どっちも院内だから、状況説明が楽ちん。
で、「胃腸外科」では、肛門と直腸周辺の専門チックなお話と触診、必要ならば後日、大腸内視鏡検査あたりかな?そーして、痛みの原因を探るわけですね~。。。
お次は、「整形外科」で、薬物療法以外の治療法を模索。最終的には、ブロック注射にたどりつくのかも知れないけど、ブロック注射にもいろいろ種類もあるし、それよりなにより“技術”もいるようなので、とりあえず、院内から出発します。その後は、自宅近くの整形外科に回されるかもしれんけど。
そうそう、ハイパーサーミアは、M県には無いみたい。温熱療法は接骨院とか整体院ではあるようだけど、一応調べてみると担当医が申しておりました。

そんな訳で、今はナボールとカイロ。横になったり座ったり立ったり、長風呂したり。お出かけは車椅子がある施設か、椅子とおトイレがすぐあるところに出かけております。←まぁ、イオンですわな^^
なんとか、痛みと折り合いをつけながら生活しています。大丈夫!

・・・ん~、、ちょっと、愚痴を言おうかな(^^ゞ
あのね、膣ろうになってからナプキンをず~っと使っているのですが、(一度は投げ捨てたものをまた買う羽目になろうとは何だかぐやじ~!)携帯ウォシュレットで洗っていても限界があって・・・、更にホカロンで温められて、ほんわか蒸れ蒸れ( ̄Д ̄;;
この歳になって、「オムツかぶれに悩む赤ちゃんの気持ち」が分かった次第です。
オマタが真っ赤にただれて、汁まで出る始末。。。
膣から出るものは、便ではないけど腸の老廃物だからねぇ~、便同様なんだなぁと実感(-ε-)そこに鮮血やらチョコレート色の血やらが混じるからもう、やれやれ。
一体、私の腸はどうなっているんだろう???

あ、ただれは、担当医に診せてお薬「エキザルベ」強力菌殺しクリームwを処方してもらって、治ってきましたから大丈夫(*^ー゚)b

それと、今日から「丸山ワクチン」を始めました。(おっと、これは愚痴じゃないよ。笑)
A液とB液があって、A液はB液の10倍の濃度だそう。ちなみにA液同様、濃度が高いもの(~100倍)は「アンサー20」という名で、放射線治療の白血球減少症に使われている薬です。(詳しくはこちら
効果のほどは、最低1か月~3か月後、半年後、1年後だそう。
つーわけで、明後日はB液を注射してきます。
引き受けてくれたのは、夫の掛かり付け病院で掛かり付け医のK先生。ありがたいっす(ノ_≦。)しかも親切丁寧で町の赤ひげ先生みたい^^(赤ひげって言っても若い先生だよ。もしかして私よりも若いかも?笑)いい先生に巡りあえてよかった!

| | コメント (19) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0)はじめに | 01)私の病歴 | 02)卵巣ガン 初発(手術) | 03)卵巣ガン 初発(抗がん剤 TC・3) | 04)卵巣ガン 再発・多発(手術) | 05)卵巣ガン 再発(抗がん剤 DC・6) | 06)卵巣ガン 再々発(抗がん剤DC・3) | 07)卵巣ガン 再々発(手術) | 08)卵巣ガン 再々発(腔内放射線) | 09)卵巣ガン 再々々発(手術) | 10)卵巣ガン 再々々発(再手術) | 11)卵巣ガン 再々々発(経過観察) | 12)卵巣ガン 転移(放射線) | 13)卵巣ガン 転移(手術) | 14)卵巣ガン 転移(経過観察) | 15)卵巣ガン 転移(経口抗がん剤 エトポシド・9) | 16)卵巣ガン 転移Ⅱ(抗がん剤 トポテシン・3) | 17)卵巣ガン 転移Ⅱ(手術) | 18)卵巣ガン 転移Ⅱ(経過観察) | 19)卵巣ガン 転移Ⅲ(抗がん剤 タキソ-ル・6) | 20)卵巣ガン 転移Ⅳ(手術) | 21)卵巣ガン 転移Ⅳ(抗がん剤 ジェムザール・3) | 22)卵巣ガン 転移Ⅳ(抗がん剤 ドキシル・3) | 23)卵巣ガン 転移Ⅳ(手術・鼠径部) | 24)卵巣ガン 転移Ⅳ(エトポシド・3) | 30)卵巣ガン関連 | 31)おしっこ関連(再々々発以降) | 32)ストーマ関連(再々々発以降)WOC | 33)リンパ浮腫関連(転移Ⅱ以降) | 40)腸閉塞(手術~ | 41)腸管膣瘘(転移Ⅳ・ドキシル以降) | 42)丸山ワクチン | 43)ペインコントロール・神経ブロック(転移Ⅳ・ドキシル以降) | 44)介護保険・障害年金 | 60)がんと告知されたら~ がん患者の心のケア | 65)眼科:マイボーム腺疾患 | 70)お知らせ | ◎ドライブ・旅行 | ★猫バカ道 | ☆エキスパートへの道 | ☆スペシャリストへの道 | ツバメ観察 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味