33)リンパ浮腫関連(転移Ⅱ以降)

2010年9月27日 (月)

浮腫みその後

病院に行ってきました。
救急性は無いようで今日は様子見です。先生曰く、腫瘍がリンパの流れをさまたげているとのこと。利尿剤をもらってきました。これで少しは浮腫みがなくなってくれるといいんですが・・・。
おトイレから出られくなったりして( ̄▽ ̄)
29日にCT検査なので同じに日に診察してもらうことにしました。
早く治るといいな。ぞうさんの足

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

リンパ外来 1/22

タキソールの点滴入院にうまい具合に重なったので、(点滴の前日なので、マッサージしても問題なし)外来から連絡があるまで病室のベットでくつろぐ。

3時の予約だったけど、お呼びがかかったのが、4時過ぎ。

パジャマにフリースを羽織って、マスクして外来へ。

相変わらずの浮腫みっぷり。。。

熱は出ないが、蜂窩織炎によく似た症状があったことを話した。

肩回し、脇の下のリンパマッサージ、脇腹のマッサージはセルフで。チッ、全ておまかせしたかった。笑)

下腹部もけっこうな浮腫み。。。我ながら、ハァ

ブラとストーマヘルニアベルトと下腹部の瘢痕ヘルニアベルトの締め付けが、リンパの流れを邪魔しています。手術痕もリンパの流れを邪魔しています。

右太もも内側も・・・

まだまだ、経過観察は続くようです。

早く、弾性ストッキングを履けるようになるといいなぁ~。

次回は春頃です^^

.

.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

リンパ外来 11/27

久しぶりです、リンパ外来。

予約時間、ピッタリくらいに呼ばれました^^

寒いといっぱい着込んでいるので、脱ぎ脱ぎするの大変です。

そして、かなりマヌケというか、おばばチックというかそんな格好しているので恥ずかしい(*/□\*)

ひざ下丈、オープントゥーの弾性ストッキングと靴下、裏起毛のあったかスパッツ、ジーンズ、更に瘢痕ヘルニア防止用のバンド、ストーマ用のヘルニアベルト&パウチカバー、ブラ、あったか肌着にその上にあと数枚・・・w( ̄▽ ̄;)w

もっこもこですw

マッサージをしていただくため、体を締め付けているものはすべて外す又は緩めます。

自分でするセルフケアと違い、マッサージしてもらうのってリラックス度が違いますよね。

私の場合は、マッサージしすぎるのもいけないので、酷いところを中心にリンパ液が溜まってカチンコチンになっているところを柔らかくする程度ですが、とても気持ちが良かったです。(下腹部、脇 右大腿部(術創)、右大腿部内側、背中など)

毎回言われちゃうんですが、両足全体が冷え切っていて、マッサージしてると温まるもののすぐ冷えるのです。

自宅で足浴をしてもすぐ冷めちゃって・・・目下悩みの種です(ーー;)

次回のリンパ外来は1月下旬です。

今後の治療方針もこの状態のまま経過観察が続きます。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

「女性のがんとリンパ浮腫」と患者会の総会に出席して

遡ること、今月の4日の話です。

某大学病院(今更、“某”でもないんですが。笑)を基点に活動している、婦人科がん患者会「カトレアの森」の総会に出席してきました。運営されているターシャさん、スタッフさんのご苦労がひしひしと伝わってまいりました。ありがとうございました。

会場で、お二方に「オレンジ・みかんさん」とお声掛けいただきました。嬉しいやら照れるやらびっくりするやらです^^

お1人は、ターシャさん。もうお一方は、以前拙ブログにコメントを頂いた「マシュマロ」さんでした^^気の利いたお話も出来ませんでスミマセン。滝汗)何しろ、シャイなワタクシです(;´▽`A``お許しください。

.

続いて、カトレアの森・特別講演会「女性のがんとリンパ浮腫」に出席。

講師は、市内で「松永女性クリニック」を開業されていて、がん治療を専門としていた経歴もあり術後のリンパ浮腫の診断・治療に難渋する患者の診察を目指し、日々研鑽を積んでおられる、松永 弦先生。

リンパ浮腫は今の私にとって、とってもタイムリーなお話。術創がいっぱいあってなかなかみんなと同じ治療が出来ない私ですが、なにか「良い話」が聞ければと思い出席しました。

うふふ、プチ一人旅して出席した甲斐がありましたよ(^_^)v

まず松永先生が、浮腫専門病院「リズム徳島クリニック」の小川先生に師事していること。

小川先生の著書はこちら↓
51fnwwa8bal_sl500_aa240_1
“日本では数少ない浮腫の専門病院リズム徳島クリニックの小川院長が、豊富な臨床経験に基づいて、まとめた、初心者向けの浮腫ガイドブック。浮腫のメカニズムからケアまで、写真や図解でわかりやすく、説明されています。浮腫が気になったら、入門書として手にとって見ては、いかがでしょう。”
がん患者サービスステーションTODAY がんに関する本 より
.

徳島に行かずして、有用なお話が聞けた感があります。

全部は上げませんが、書き留めたものを一部、簡単に羅列します。

・もっとも有効な診断法は、「超音波断層法」である

・皮膚をつまんでシワがよれば浮腫んでいない

・メドマー、ハドマーを過信してはいけない

・筋肉マッサージは不適

・散歩、サイクリングなど関節を大きく動かす運動が良い

・水泳もよい(プール内を歩く)

その他、日常生活での注意点などの資料もいただきました。

.

☆蜂窩織炎(ほうかしきえん)と急性皮膚炎の違い☆

【蜂窩織炎】
原因=細菌感染
血液検査で判定=白血球、CPPの値が上昇
治療=抗生物質(経口or点滴)
マッサージ禁忌

【急性皮膚炎】
原因=原因不明(免疫が関与?)
血液検査で判定=白血球、CPPの値 正常
治療=マッサージで軽快
    抗生物質は無効
症状=熱感あるが発熱無し、疼痛は軽度
.

◎蜂窩織炎と急性皮膚炎の区別が重要!!

でも、急性皮膚炎か否かは、血液検査しなくちゃ分からないってコトですよね。それ以外での見分けはとっても難しそう・・・。

急性皮膚炎の原因が不明っていうのも、何だかな~、、、予防法が無い言ってコトですよね。。。

あれれ?と思ったときには、病院遠いんですつД`)

それにしても、リンパ外来で「インボディ」での体成分分析はしてもらいましたが、超音波はしていただいていません。ぜひお願いして、自分が何期でステージがⅠなのかⅡなのか診ていただきたいものです。もしかして、インボディで何期とかわかるのかな?それすらも聞いてないんですけど(ーー;)無知でスミマセン。滝)

今度メモして聞いてきます^^;

あっ、あとね、こんな言葉も良かったですよ。

『ガマンしない。飽きたらやめる。イヤになったら止める。がんばらない。競争しない。』これがリンパ浮腫の治療とセルフケアに重要だそうです。

その通りですね。

.

会員以外にも一般の方、医療関係者の方もいらして、大盛況でした。

帰りは、歩いて→地下鉄乗って→歩いて歩いて→小腹が減ったのでムシャムシャ→夫へのお土産と称して(笑)、パンやドーナツを選びに選んで買い→電車に乗って→リハビリということで、家まで歩いて歩いて歩いて→夫からケータイに電話が入り迎えに来るというので途中で拾ってもらって→帰宅

術後、初めてのプチ一人旅でした。もちろんその日はぐっすり眠れましたよ^^

.

.

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

リンパ浮腫外来 08.9

WOC外来に続いて、昨日はリンパ外来日でもありました。

今回は、正確な測定をしてもらうべく、普段しているひざ下丈の弾性ストッキングや右モモの移植キズにしているウールのサポーター(冷えてくるとキズがかなり痛むので)もしないで、受診しました。

『インボディ』測定は今回はしませんでした。毎回するものではないのですね^^;

なので、前回の上肢の浮腫みが一過性のものなのか、慢性的なものなのか判断つかないままです。先生は気にしてないようだったので、いいのかな?

前回教えていただいた、リンパマッサージの効果を検証。

左右の足のサイズを測った結果、わずかですが前回より右太もも部分がプラスでした。

やっぱり、ストッキングとか履かないと浮腫みも増すんだね。

びっくりなのが、両足全体的に浮腫んでいるということ。冷え性からくる浮腫みだそうで、「足浴」を勧められました。

確かに、ひざから下は特に冷えが酷いんです(>_<)

“肉”だと思っていたものが“浮腫み”でした。泣)

両足が全体的に浮腫んでいるところに、更に右太ももと右下腹部が浮腫んでいるので、えらいこっちゃです( ̄▽ |||)

右下腹部、右内側モモ、外側キズの周囲とリンパマッサージしてもらいました。

肩回しなどは自分で。回しすぎて肩がいたいつД`)

.

以前、先生がスポンジを当ててストッキングを履く方法もあると言っていたので、自宅で試してみました。分厚くしたガーゼをキズに当てて、パンティーストッキングタイプの弾性ストッキングを履いてみました。が、結果は歩いていると徐々に下にずれていき最悪なことになりました。8時間以上履くと、キズ全体が痛くなります。

一応、この↑話も、担当のリンパマッサージをしてくれる看護師さんにしておきました。

キズが痛いうちは、履いちゃいけないと言われました^^;

今後も経過観察がつづきます。

私が一番気をつけなければいけないのは、『蜂窩織炎(ほうかしきえん)』だそうで、浮腫みはその次のようです。ふぅ~

確かに、ヘタしたら入院で点滴ですから・・・。仕方がありませんね。

消極的なリンパマッサージをしつつ、足浴もしながら、次回は11月です。

.

.

.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

リンパ外来・1

待ちに待ったリンパ浮腫外来に、先日行ってきました。

3時半の予約で、終わったのは5時半過ぎ。。。

私にぴったりの弾性ストッキングを処方してもらって、購入して、万々歳!だと思っていたのですが・・・

実際はそうは簡単にはいかず・・・

・右大腿部のキズ(移植に使った丸いキズ)

・同じく、その上の皮膚移植のキズ

・右鼡径部の縫い合わせキズ

・腹部の術創

・ストーマ

上記のこれらがすべて、リンパマッサージの邪魔をしていて積極的なマッサージができないといわれました。(リンパの流れる道が迷路?!枝道・細道・ケモノ道?)

こと、ストーマに関しては「感染症のリスクが高い」とのことで・・・まさか梅太郎がリンパマッサージの障害になるとは思ってもいませんでした。凹

んで、マッサージはこんな感じ↓

肩をゆっくりぐるんぐるん。わきの下をそーっと手のひらで円を描くように20回ほどくるんくるん。徐々に手のひらを下にずらして体の側面を同じように擦ります。(相変わらず、表現が下手です。汗)

看護師さんにやってもらいながら覚えようとしたんですが、以下はちょっとうろ覚え・・・わ、忘れたσ(^◇^;)次回がんばります。

右下腹部の腫れは、そーっとわきの下へ。

内モモの腫れは後ろを通してお尻に上げてわきの下を目がけて流します。やっぱりこれもそーーっと。そーーっと。

オマタも少し腫れぼったいのでそーっとお尻の方に流します。

この極めて消極的なマッサージを一日一回夜寝る前に(なぜ夜かというと、バンドやストーマベルトなどの締め付けているものを全て外すので)びくびくしながら行うことになりました。火照り・赤みがちょっとでも出たら中止ですw( ̄▽ ̄;)w

ストッキングはこのキズの具合では無理とのこと。患部にスポンジを当ててストッキングを着用するということも出来るには出来るらしいのですが、ドクターも看護師さんも唸るばかりで消極的です。 

「とにかく今はマッサージをしてみて」ということで、ストッキングの話は経過をみてということでしょうか。・・・・・ふぅぅ

何度か(セルフケアができるまで)こちらのリンパ外来に通うことになりそうです。

そうそう、足首やモモなど数箇所測定して左右の太さの差をみるのですが、当日は3時半からの受診だったので、ひざ下丈の弾性ストッキングとモモにウールのサポーターを着けて行ったんです。

なんと測定したら、ふくらはぎ、足首のサイズが左右逆転していました(⌒□⌒;)ストッキング効果です^^ すばらしいヽ(^o^)丿

ひざ上からは、さすがに左右逆転はしていませんでしたが、左右の差が1cmでした。

自宅でサポータ無しで一番酷かったときに測ったものでは、左右の差は2~3.5cmありました。冷え防止・スレ防止のための圧がゆるめのサポーターでも、浮腫み防止に一役買っているようです。

次回は、ストッキング・サポーターなしで測定してもらった方がいいかな?次回の外来も3時頃なので、朝から野放し状態だと浮腫つらいかな・・・

因みに、現状の“自己流”で過ごして差し支えないそうです。まさにセルフケアですねw

おっと、忘れるところでしたが、問診のあとに『体成分分析装置』っちゅーモノに乗りました^^ ↓こんな感じのヤツ(写真はイメージ)体脂肪計にそっくり

70726f647563742f6134333665613230323

インボディ720
希望小売価格¥2,450,000

↑それにしたって、高ーーーっ!(@_@)

これの結果は良く見せてもらえませんでしたが、特に大変な状態ではなかったと言う事でしょうかね(;´▽`A``

ただ、手は浮腫んでいませんか?と聞かれました。下肢より上肢のほうが水分いっぱいだったようです^^;なぜ?

次回は、今月末です。

マッサージ、消極的にがんばります(* ̄∇ ̄*)

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

経過観察・外来

先日、月一の婦人科外来でした。

腫瘍外来の担当医がかわりました。今回からM女医さんです。

手術の事など親切丁寧にお話してくださった、T先生はお勉強の為、渡米されました(´・ω・`)ショボーン  立派になってまたこの病院へ帰って来てほしいものです。「待ってるわよ!T先生!!」

んで、マイミクのさとちゃんも同じ日に外来だったので、呼ばれるまでしばし歓談。診察が終わったさとちゃんを引き止めてしまって、さとちゃんごめんねσ(^◇^;)

前回は、ウォーキングカーで参上したワタクシですが、今回は『カサ』(杖がわりw)で登場。10回に1回はカサがすべって、ズルッっとなっていましたね。(みっともね~)

ようやく呼ばれて、今後の事についてあれこれ。。。

6ケ月に1度、CT検査(鎖骨から骨盤まで)を行うこと。マーカーが上がったら適宜必要な検査を行うこと。超音波検査とマーカーは月一で診てほしいことなどお願いしてきました。

腫瘍マーカーは、CA125=3.9  CA19-9=17.8

いい感じです^^

超音波は、腫瘍を取った所の水は減ってきているとのこと。右鼠径リンパ節の所も著変ないようです。

ただ、リンパ浮腫の件では形成外科で経過観察中のキズの事もあり他院より院内のリンパ浮腫外来で診てもらったほうがいいということになりました。

で、ずっと勘違いしていたんですが、形成外科のフットケア外来とリンパ浮腫外来は別物のようです。滝汗)リンパ浮腫外来は、肢体不自由リハビリ科なんですね~、某大学病院では・・・。混乱させてすみません。

婦人科のM先生に診てもらったら、付け根付近が若干熱をもって腫れているとのことで「リンパ管炎?」抗生剤を飲んで様子を見ることになりました。

それと浮腫している所を圧迫しないと意味が無いといわれ、私が履いているひざ下丈の弾ストをじっと見つめられました。笑)

履かないより履いたほうが楽なんだけどな~。たとえ、ひざ下丈でも。気のせいかな?

「太ももは、圧迫するとキズの所に余計圧がかかって、キズ自体もかなり痛くなるし、モモ全体もビリビリしびれるんです。どーしたらいいでしょうか?」と聞くと、お困りの様子で形成の先生とリンパ浮腫外来の先生に相談してみてくださいと逃げられましたw

「以前、弾ストを履く前に、形成の先生にパンストタイプの弾ストを履いても、キズがあっても支障は無いかと聞いた時に「大丈夫です」と言われたんですよ。」と、その話をM先生にしたら、笑ってごまかされましたw

みーんな、結構いい加減だなぁ。。。

これで、9月まで過ごすのか・・・ この間までは何とか良かったのにね。

一昨日くらいから下腹部も浮腫してきて、なんだかな~~つД`) 

悪化しませんように。。

リンパ浮腫外来に行ったら、キズがあるので出来ませんとか言われたりしてw( ̄▽ ̄;)w

こんなことなら、左大腿部から取ってもらうんだったなぁ・・・。

.

そうそう、WOC外来の予約もようやく取れました。来月ですけど、装具一式もって行って来ます。婦人科外来も来月です。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

リンパ浮腫

日々、ネットでリンパ浮腫のお勉強をしております。とはいえ、パソコンの前にずっと座っているのは疲れるので正確には『思い出してはお勉強』といった所ですが、ホームページも勉強になりますし、すみちゃんのブログやyannさんのブログやriderさんのブログも読み返して有益な情報がたくさんあり大変参考になります。ありがたいことです。しみじみ)

それで、本があれば読んでみたいと思い(足を挙上しながら見れるから^^;)久しぶりに図書館に行った。

数冊読み比べたかったし、何てったってタダだから(* ̄∇ ̄*)エヘヘ  涼しいしさw

んで、こちらの本を見つけました。↓
41kvfyfvmbl_sl500_aa240_1

著者は、お三方

廣田影男(広田内科クリニック院長)
重松 宏(東京大学医学部付属病院手術部部長)
佐藤康彦(リンパ浮腫治療院オスト院長)

この一冊を読めば十分という内容でした。

写真やイラストでの解説がとても分かりやすかったです。(お見せできないのが残念)

ざっと目次をご紹介します。

●リンパ浮腫ってなに?―QOLとの関係・症状・検査と診断

●リンパ浮腫を起こさないために―リンパ浮腫の予防

●浮腫が起こったら―リンパ浮腫の治療法
 ○複合的理学療法
   ・挙上
   ・リンパ誘導マッサージ
   ・弾性包帯による圧迫療法
   ・弾性着衣による圧迫療法
   ・圧迫した上での運動療法
 ○改善促進・悪化予防の日常生活上の注意
 ○薬物療法など
 ○手術療法
 ○リンパ浮腫の悪化予防
 ○悪化したリンパ浮腫の治療

●治療を成功させるために―経過の自己管理・リンパ浮腫のQ&A 

====

セルフマッサージに関してですが、『できればセルフマッサージの前に専門家の方法を体験してみて』とあるのですが・・・。

リンパ浮腫外来で体験できるのかな?リンパ浮腫外来って、診断を下すだけですよね?あとストッキングの処方とか?

どこに行ったら、ちゃんとしたリンパ誘導マッサージを受けられるのでしょうか・・・。

いろいろ検索してみたら、マッサージ(含めた一式)の料金15,000円位するんですね~。びっくり(+_+)保険適応だと嬉しいんですけどね^^;

何だかんだウダウダ言ってますが、結局セルフマッサージを本片手に行いました。

けっこう良いかも(*≧m≦*) (でも、、、まじめにすると腕が疲れる)

それと、1日の治療スケジュールが書いてありますのでそれを実践してみました。

.

     『1日のスケジュール例』

就寝中:患肢(両脚)を挙上して睡眠

起床時:弾性ストッキングを装用する。食前または食後に散歩する
散歩が無理なら腹式呼吸だけでもいいらしい

午前中:ストッキングをはずして、リンパ誘導マッサージを行う。時間が無いときは、ストッキングを装用したまま脚を上げたり伸ばしたり、歩いたり運動する。

日中:午前中にマッサージが出来なかったら、この時間に行う。あとは脚を上げたり伸ばしたり歩いたり運動をする。

夕方:運動療法=足首の屈伸、膝の屈伸、仰向けに寝て自転車こぎなど
出来ないときは、脚を上げたり伸ばしたり歩いたり運動する。

入浴時:ストッキングをはずして入浴する。上がったら、マッサージや軽い運動。
日中にマッサージが出来なかったら、この時間にていねいにマッサージをする。

就寝時:ストッキングをはずしたまま(装用するなら低めの圧のものを)脚を挙上して寝る。

===

ずぼらなワタシでも何となく出来そうです^^

ここ2、3日調子が良いです。弾性ストッキング(ひざ下丈)も圧を35hpaに上げました。(浮腫みが酷いときは24hpaを重ね履きしています。就寝時は24hpaを装用しています。)

このまま良い状態でいてほしいものです。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

の~んびりしてたら7月

あらら、のんびりだら~~んとしていたら、7月になっちゃったσ(^◇^;)

みなさん、お元気でした?happy01

先日、退院後初めての外来でした。

えーえー、もちろん“ウォーキングカー”を院内でも押しまくっていました。(迷惑な患者ですだ^^;)

10時に婦人科外来だったんですけど、N先生が急患だったらしく12時過ぎにずれ込みました。そんな訳で、形成外科を先に受診しました。

大腿部のキズの調子は良いようですが、過保護すぎるとたしなめられました(;´▽`A``

浸出液が出なくなったら軟膏塗布をやめて、外気に晒(さら)せとのこと。あとはひたすら保湿剤を塗っておくようにと・・・。

そう言われてもなんだか怖いんですけど(⌒□⌒;)

またもや、経過を写真撮影。パンツ脱いで青い紙をイチジクの葉のごとく“うっふん”secretな所にペタっと貼ったのでした。笑)

キズ周辺が痛いと告げると、神経を切断しているので仕方がない、時間がかかりますとの返事。

神経が麻痺しているということは、痛みを感じないと思うでしょ、どっこいぴりぴりしたり、痛たかったりするんだな~。これが・・・。

冬になったら、このキズうずくんだろうな~~w( ̄▽ ̄;)w

次回の形成外科外来は一ヵ月後。

それまで、軟膏塗ったり、保湿剤塗ったりお手入が続きます。

ガーゼを使っていたら、『デルマエイド』(創傷用吸収パット)を使ってと言われちゃった。σ(^◇^;) 一枚89円するんだもん。ぐすん。毎日交換・・・医療費がかさみます(T_T)

仕方がないので薬局で買って帰りましたけどw( ̄▽ ̄;)w

※※※※

婦人科の待合室でボーっと待ちます。

12時半近くにようやく呼ばれて、N先生とご対面^^

そうそう、N先生(にいにい)は1962年生まれのようですよ(*^_^*)

エコーで手術したところを診てもらいました。

膀胱腹側腹壁も右鼡径部も腫瘍を取ったあとには水が溜まっていました。

徐々に無くなるかそのままなのか、別の何かに変化するのか今後経過観察をしていきます。

予防目的の化学治療はしません。

それと、切除したブツの組織ですが、『類内膜腺癌』でした。

あれ?って思った方多いかも。

そう、初発が『類内膜腺癌』、転移して『漿液腺癌・粘液腺癌』でした。

で、今回は『類内膜腺癌』。なぜ?とN先生に訊ねたら、同じ系列(?)仲間(?)のガンだからどれが出てもおかしくないそうです。今回は『類内膜腺癌』が出ました。ってことらしいですw( ̄▽ ̄;)w

は~~ん、そんなもんなんだねぇ。

抗がん剤が比較的効きやすいという『類内膜腺癌』だからといって、初発の類内膜腺癌とは顔つきが違うそうで、また抗がん剤が効くかというと「・・・。」だそうです。(あくまでもわたしの話なので、他の人の参考にはならない話なのですみません^^;)

それと、これは退院間際にN先生から説明してもらった話しなんですけど、膀胱腹側腹壁の腫瘍は、恥骨にかなり癒着していて、腫瘍をこそげ取って、さらに電気メスで恥骨を焼いたそうです。ですから、腫瘍をすっぽり正常組織で囲んで摘出することは出来なかったようです。残念ですが仕方ありません。N先生をはじめオレンジチームの皆さんには大変良くしていただいたと感謝しています。(オレンジチームって、N先生のチームカラーです^^ワタクシのためのチームってことじゃないです^^;残念ながらw)

見えるガンが全て取ってくださったはずですので、あとは再発しないように1日1日を大切に過ごします。前向きに!前向きに!ねっ(゚∇^d) !!

*****

リンパ浮腫外来の予約を入れてもらいました。

大人気のようでなんと予約は9月。Σ( ̄ロ ̄lll)

リンパ外来でストッキングの保険適用の申請も行いますので、9月まで待たなければいけません。

2ヶ月間、だましだまし何とかがんばります。もちろん、挙上は毎日してます!

酷くなったら、婦人科外来にすぐ来てくださいと言われたのであまり心配はしていませんが、手術のキズ(生傷)があるのでうかつには触れません。

ネットで検索しても自分のケースに合うのかどうかさえ、まったく分からずモンモンとしています。^^; 悪化してしまったら・・・と思うとね~。。。

リンパ外来予約の他に、WOC外来の予約もお願いしてきました。(まだ予約日は未定ですが)“WOC”は人工肛門のケアで、転院してから診てもらっていなかったのでお願いしました。

婦人科は一ヶ月毎の経過観察になります。

帰りに採血をしましたので、マーカー値などは次回からです。

とにかく今は、『焦らず、焦らず、ゆっくり、ゆっくり』と自分に言い聞かせていますcoldsweats01

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

お夕飯ですよ

お夕飯ですよ
今晩はチキンカツです。入院生活初の「アゲモノ」です。グッときます。これでおみそ汁のダシがきいていたらゆーことないんですが(-.-;)
さて、夕方N先生が一人現れて、鼡径部の浮腫についていろいろお話してくださいました。今日は術後1番の腫れと赤みです。形成では歩いてよしって言うし、リハビリに励みたいところ。だけど、婦人科では浮腫がちょっとヤバイのであまり歩かない方がいいって言うし、んーーっっ。困った(>_<)個人差があるから、一つ一つ様子を見ながら加減していきましょうとのこと。遂に来たか、リンパ浮腫。とりあえず、腫れてきたのでコーセーザイ注射します。恨めしや〜(:_;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0)はじめに | 01)私の病歴 | 02)卵巣ガン 初発(手術) | 03)卵巣ガン 初発(抗がん剤 TC・3) | 04)卵巣ガン 再発・多発(手術) | 05)卵巣ガン 再発(抗がん剤 DC・6) | 06)卵巣ガン 再々発(抗がん剤DC・3) | 07)卵巣ガン 再々発(手術) | 08)卵巣ガン 再々発(腔内放射線) | 09)卵巣ガン 再々々発(手術) | 10)卵巣ガン 再々々発(再手術) | 11)卵巣ガン 再々々発(経過観察) | 12)卵巣ガン 転移(放射線) | 13)卵巣ガン 転移(手術) | 14)卵巣ガン 転移(経過観察) | 15)卵巣ガン 転移(経口抗がん剤 エトポシド・9) | 16)卵巣ガン 転移Ⅱ(抗がん剤 トポテシン・3) | 17)卵巣ガン 転移Ⅱ(手術) | 18)卵巣ガン 転移Ⅱ(経過観察) | 19)卵巣ガン 転移Ⅲ(抗がん剤 タキソ-ル・6) | 20)卵巣ガン 転移Ⅳ(手術) | 21)卵巣ガン 転移Ⅳ(抗がん剤 ジェムザール・3) | 22)卵巣ガン 転移Ⅳ(抗がん剤 ドキシル・3) | 23)卵巣ガン 転移Ⅳ(手術・鼠径部) | 24)卵巣ガン 転移Ⅳ(エトポシド・3) | 30)卵巣ガン関連 | 31)おしっこ関連(再々々発以降) | 32)ストーマ関連(再々々発以降)WOC | 33)リンパ浮腫関連(転移Ⅱ以降) | 40)腸閉塞(手術~ | 41)腸管膣瘘(転移Ⅳ・ドキシル以降) | 42)丸山ワクチン | 43)ペインコントロール・神経ブロック(転移Ⅳ・ドキシル以降) | 44)介護保険・障害年金 | 60)がんと告知されたら~ がん患者の心のケア | 65)眼科:マイボーム腺疾患 | 70)お知らせ | ◎ドライブ・旅行 | ★猫バカ道 | ☆エキスパートへの道 | ☆スペシャリストへの道 | ツバメ観察 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味