21)卵巣ガン 転移Ⅳ(抗がん剤 ジェムザール・3)

2009年7月28日 (火)

明日、入院なわけですが・・・

ぬぼーとしてたら、明日入院なんですねぇ~。

更新もせず、ひたすら休養してました。(^^ゞ

とうとう明日なんですが、緊張します。いろんな意味で。。。

ドキシルが効いてくれることを切に願います!

ドキシルの副作用として「手足症候群」があるそうで、ドキドキです。

その他、「口内炎」も・・・。

軽ければいいな~(。・_・。)

『再発卵巣がんに対するリポゾーム化ドキソルビシン単剤療法における手足症候群および口内炎予防のためのサポーティブケアに関する検討』という臨床試験があるようで、これに参加したいと思います。(参加できるかどうかはまだ分かりませんが、途中で中断されることもあるのかな?とりあえず、よい結果が残せればと思っています)

只今、入院準備をしていますが・・・、暑くて進まず。^^;

無風状態で洗濯物が乾かずw( ̄▽ ̄;)w

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

7/14 CT検査結果

今日は14日に撮ったCT検査の結果を聞きに行ってきました。

まずは、レポートをUPしましたのでご覧下さい。

【放射線科読影レポート】
所見:
Reference From : 2009/03/27 CT と比較

骨盤内の造影される充実腫瘤はやや増大が疑われます。

両肺に多発性に認める転移と思われる結節はやや増大しています。

肝後区域辺縁に認める low density mass は前回と大きな変化は見られません。
他に肝内や辺縁に明らかな mass は指摘できません。

腹水は見られません。腹腔内に明らかな播種性病変は指摘できません。
撮像範囲に病的腫大リンパ節は指摘できません。

胆石は前回と同様です。

2009714a_2 2009714b_2

2009714c_2 2009714d_2

.

impression:
progression of intrapelvic recurrent tumor and multiple lung metastases.
※骨盤内再発する腫瘍と複数の肺転移の進行。

======

今日の外来担当医は前回の外来担当医と同じN先生。因みに私の主治医とイニシャルが同じなのでちょっとややこしいかも^^; 

その外来担当のN先生といろいろお話をしました。

CTの結果はレポートの通り、ジェムザールは効いてくれていなかったようです。でもね、比較したCTは3/27のものだから、ジェムが効いてくれてこの程度の大きさで済んでいるという見方もできるよって・・・。

で、お薬をドキシルに替えて治療する事になりました。

それと、胆石の画像も見せてもらいました。こちらは結構な大きさで^^;「もっとはやく言ってよ!」的な感想です。読影する診断医によって“胆石”は消えたり出たりw( ̄▽ ̄;)w 内科に紹介していただきました。

外来担当のN先生はパソコンが達者だし説明も分かりやすく、落ち着いた話しっぷりは患者を不安にさせません。

ドキシルは、入院して投与します。2時間ほどの点滴で、その後様子を見て退院、1週間ごとに外来にて採血フォロー。4週で1クールというサイクルになります。“マンスリー”という言い方のほうが分かりやすいかな。

それを3クール行い、またCT検査で薬の効きを評価する予定です。

ドキシルについては、また後でお話します。

落胆はしていません。う~ん、それはウソかな?

こうなることは分かっていたし、覚悟はしていました。

ちょっと、ショック。。。その程度。大丈夫!大丈夫!

また仕切り直してがんばる!もちろん、無理せずね。

応援してくださる皆さんに良い報告が出来なくて、切ない・・・。

治療は今月の最後の週。

それまでは、体力・免疫力UP活動したします^^v

そう!それと、あの『リレー・フォー・ライフ』がついに宮城にも!!!

こちらの関連記事も後日UP予定です。

.

.

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

採血フォロー 7/7

あは^^; もう7月ですね。しかも今日は“七夕”だし。

で、今日は先月6/23のジェム2クール2回目の採血フォローの日でした。2週間ぶり~^^

血液検査結果はこちら↓

【7月7日】 
以下、採血の結果 ( )内は前回6月23日の数値

【血液検査】
白血球 6300(7500)
ヘモグロビン 12.2(11.6)
血小板 257(153)
好中球 3530(4280)

【生化学・1】肝・腎機能
T-BIL  0.7(0.6)
ALP  191(183)
G-GTP  25(21)
AST(GOT) 15(15)
ALT(GPT)  17(14)
LDH  219(192)
UN  14(12)
クレアチニン 0.5(0.5)
UN/CRE  28.0(24.0)
TP  7.3(6.8)
ALB   4.6(4.2)
A/G  1.70(1.62)
Na 143(142)
Na/Cl  1.40(1.37)
K  4.6(4.5)
CL  102(104)
.

【免疫血清検査】炎症反応
CRP 0.3(0.2)

====

問題なし。

続いて腹部超音波検査をし、腎臓の腫れや腹水などをチェックしました。こちらも問題なし。

そうそう、6月27日だったかな、手術(4/8)したところから“6cmほどの溶ける糸”が溶けずに出てきてびっくりヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!

なぜ分かったか?っていうと、キズの端っこに穴が開いて膿んで汁が出たから。滝汗)よーく見たら、糸が出ていて引っこ抜いちゃった。後は、消毒して傷パッドをあてて治しました。

で、その話を担当医にして(今日はN先生でした)その部位を診てもらいました。こちらも経過は良いようです。また糸が出てきたら今回のように(自分で)抜いてもらってもいいと言われました。「え?まだ出る予定の糸があるの?」と口走ってしまい、笑いが^^ 先生も笑っていましたよ(^^ゞ

補足しますが、溶ける糸がとけないまま出てきたことが以前にもあります。糸の種類や個人差等によって、溶ける速さが違ったりするようです。また、私のように溶けずにカラダが異物と判断して拒絶反応(炎症など)を起こし体外に押し出したりすることもあります。

で、今日は薬の処方もなかったので、11時半には終わっていました^^v

次回(来週)はCT検査です。

それまで、のんびりのびのび~(*^_^*)

しかし、、、ちょいと腰痛でPC三昧が出来なくて・・・ノートPC検討中です。。。

イーモバイルとかね、屋外でもネットに繋げたいんだけど、いろんな面で折り合いがつかない(ーー;)

.

.

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

ジェム 2クール2回目

先日、ようやくジェムザール2クール2回目を終了しました。

まずは、血液検査結果

【6月23日】 
以下、採血の結果 ( )内は前回6月16日の数値

【血液検査】
白血球 7500(3400)
ヘモグロビン 11.6(11.4)
血小板 153(371)
好中球 4280(920)

【生化学・1】肝・腎機能
T-BIL  0.6(0.5)
ALP  183(194)
G-GTP  21(24)
AST(GOT) 15(17)
ALT(GPT)  14(22)
LDH  192(186)
UN  12(12)
クレアチニン 0.5(0.6)
UN/CRE  24.0(20.0)
TP  6.8(7.1)
ALB   4.2(4.4)
A/G  1.62(1.63)
Na  142(142)
Na/Cl  1.37(1.38)
K  4.5(4.8)
CL  104(103)
.

【免疫血清検査】炎症反応
CRP 0.2(0.4)

【生化学・2】腫瘍マーカー ( )内は5/12の数値
CA19-9 31.9(35.6)
CA125 28.5(28.1)

======

すっごいですね!好中球、がんばりました^^v

前回の920がウソのようです。

若干、微熱が37.2ありましたが、予定通りにジェムザールの点滴投与を終え、只今自宅にて様子見です。まったりしてますが・・・あと2、3日で副作用のピークが来る予定。早く通り過ぎてと願うばかりです。

んで、例の直腸付近の“なにか”ですが、前回のCT(3/27)で指摘の“骨盤内にsoft tissue mass を認めますが、前回よりも増大しています。再発病変の増悪を疑います”と同一のブツだと担当ドクターよりお話がありました。

新たな腫瘍が出来たわけじゃないようで、ちと安心。

随分前に撮ったPET検査の“仙骨部影”は腫瘍ではないので気にしないでよいとも言われた。(私自身はまだちょっと疑っている・・・^^;)

それにしても、少なくたって前々回のCT(1/9)時には、このブツはそこにいたはず・・・、今日まで、経腟超音波も何度かしたのに、なぜ見つからなかったんだろ?不思議なヤツだ。。。

そうそう、大きさは4~5cmらしいけど、超音波でははっきりとした数字は出せないらしい。なので、3/27のCTと比べて大きくなっているかどうかは、やっぱり分からないみたい。

なので、薬が効いているかどうかもわからないので、とりあえずジェムは2コースで中止。CTを撮って評価して、3コース目を再開するか、ドキシルに変更するか決める。 そう担当医と話した。

.

先週、ネットで調べ物をしていたら、ようやくヒットした。情報が欲しいときはなかなか出てこず・・・今頃orz

深谷肛門科』のホームページによると

「便意が頻回になった」

 直腸癌に特徴的です。直腸内に何か来たら、それは普通の場合「便」です。直腸から「便が来たよ!排便してくださいな」という信号が脳に伝えられます。これが「便意」です。

 しかし、これが便でなくて、直腸内を占拠する「腫瘍」であったらどうでしょう?人間の直腸は、便なのか腫瘍なのかを判断することはできません。直腸は、「とにかく、物体がある、外に出して!」と便意を伝えます。するとトイレに駆け込むでしょう。しかし、いくらきばったところで、その「物」が腫瘍であれば、便の様に容易に外に出すことはできません。「おかしいなぁ、便がしたい感じがしたのに、便が出ない・・・。」と言ってトイレから出てきても、すこし時間がたてば、「また出たい気がする。」という繰り返しになります。

(一部引用)

======

すっごい分かりやすい!深谷肛門科+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゜

まさに、私の症状でした。プラス鮮血交じりの排液も私の場合は出ます。

当てはまりすぎて、びっくり!

担当医も直腸診のとき腫瘍が指に触れたそうです。

直腸に浸潤しているのか訊いたところ、浸潤ではなく腫瘍が直腸の上から押して直腸を刺激しているという話でした。

担当医とこんな話しのやり取りをしていると、腫瘍が大きくなったからこその頻回便意だろうよ。と思う。

腫瘍マーカーだって、横ばいだしね!

大丈夫!大丈夫!

.

.

| | コメント (15) | トラックバック (0)

こんなん買いました^^b

先日更新しようと思っていたら、時が過ぎてしまい・・・orz

先週だったか・・・(最近日付けがあやふやw( ̄▽ ̄;)w いや、元からw)

ついに『TOTOトラベルウォシュレット(携帯用)』買いました!

Yew300setumei12
【画像提供:楽天市場】

ちょっと画像が粗くなってしまい見づらいですが、実際買ったのはピンク~♪

毎回、新鮮なぬるま湯(表現ヘンですが、気にしちゃダメw)で、安心・安全・快適に過ごしていますヾ(@>▽<@)ノぶぁっはははっははは♪

おしりが擦り切れるところでしたが大丈夫(゚∇^d)

おしっこ関係も良い刺激となり、いきむ(りきむ)ことなく、尿意を感じてから実際に出るまでの時間も短縮~♪排尿途中の断線 のつらさも軽減いたしました^^v

それと膀胱炎防止にもなってるみたいだし、なによりトイレットペーパーがガンガン無くなっていたので・・・タダでさえストーマの処理時は普通の人の倍は使ってしまうので、テンション下がっていたのですが、くいとめられてよかったです^^;

.

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

ジェム延期~^^;

昨日、早起きして勇んで病院に行ったのですが・・・

好中球のヤローの所為でっ(ーー;)←言葉悪すぎw

ジェムザール2クール2回目が延期となりました。

来週っちゅーことで、体力アップに努めたいと思います。

まずは、血液検査結果

【6月16日】 
以下、採血の結果 ( )内は前回6月9日の数値

【血液検査】
白血球 3400(5200)
ヘモグロビン 11.4(11.5)
血小板 371(413)
好中球 920(2550)

【生化学・1】肝・腎機能
T-BIL  0.5(0.6)
ALP  194(194)
G-GTP  24(24)
AST(GOT) 17(15)
ALT(GPT)  22(16) 
LDH  186(190)
UN  12(21)
クレアチニン 0.6(0.6)
UN/CRE  20.0(35.0)
TP  7.1(7.1)
ALB   4.4(4.4)
A/G  1.63(1.63)
Na  142(141)
Na/Cl  1.38(1.38)
K  4.8(4.8)
CL  103(102)
.

【免疫血清検査】炎症反応
CRP 0.4(0.2)

====

好中球ったら、920しかないでやんの。私自身は元気ですよ、多少の疲れやすさはありますが、気持ちが前向きすぎてカラダ(特に“血”)が付いていかんかったりして。笑)
血小板の増加が気持ち悪かったんですが、ちょっと落ち着いてきたようです。腎臓機能もいつもの私の数値に戻ってきました。

炎症反応は前回よりちょっと上がりましたが、白血球は下がっているので問題ないのかな?きっと^^; 

最近、数値を読むのが面白くなってきました。(面白いというと語弊があるかもしれませんが、バカなやつだと思ってスルーしてね)卵巣がん患者7年目にもなると、自分の体の細かい変化まで知りたくなります。観察したり推理したくなります。(ようは、ヒマってことかな?w)もう立派な『薮井竹庵』です。爆)

そういえば、浪曲(大阪系?)に『薮井玄以(やぶいげんい)』(浪曲師:日吉川秋斉)という演目があるんですが、これは、実に面白いです。薮井玄以は名医で、“ゴッドハンド”なわけですよ。どっちかってーと、ブラックジャックっぽい大阪の下町赤ひげ爺ちゃん?かな(^^ゞ 自分で説明していて、恐ろしいほどの説明下手に絶句しそうですが、興味のある方はCDどうぞ^^ (たまにスーパーの特設催し物会場なんかで売ってますw) 他に、水戸黄門漫遊記とか左甚五郎(←これは別の人だけど)とかもありますぜ。因みに、私は笑える浪曲しか聞きませんので、深く突っ込まれてもな~んにも出ませんよ。笑)

つい、脱線してしまいましたが、そうそう。

9日のケモ前の診察で、「6月にも入ったし、しばらく内診していないので内診してください。(以前から内診に関しては月1ペースでお願いしていたはず)それと腹部超音波もしてください。腹水も心配だし・・、膀胱炎みたいなのも、肛門からの血交じり排液?とかヘンな便意とか・・・炎症反応もあるし・・・」みたいなことをその時の担当医に話したんですよ、そしたら次回のケモのときでいいか?みたいなことを言われて、「はい、わかりました。」って私も言っちゃった訳です。昨日、そのことを後悔しました凹あの時やってもらっていれば・・・なと。

で、昨日(16日)腹部超音波をしてもらいました。4月の手術でお腹側の腫瘍を取りました。そのちょっと上あたりが痛かったので診てもらったら、『腸』だそうで・・・。かなり腹壁の近くに腸がありました。癒着もしているらしくorz だから動くたびに痛かったりするんだねぇ~(;´▽`A`` 腹壁瘢痕ヘルニアですか?と訊きましたが、はっきりした答えなしでした。なんだかな~。。。

でも(゚∀゚) 腹水はありませんでした。腎臓の腫れもありませんでした。ついでに胸水も腹部超音波検査で診れますか?と訊いたら、たくさん溜まっているのは超音波でも判るというので診てもらい、結果映らなかったということで胸水は溜まっていないようです。これはよかった^^v

次が内診で・・・ 痛み止めが入ったゼリーを塗っていただき内診。それと7年目にして“初の直腸診”ヽ(*'0'*)ツ 悶絶しましたorz そして、経腟超音波検査に進みましたがこれも痛くて特にお尻側に向けられるとかなりの痛み。う゛ーっっつД`)

カーテンの向こうがザワザワしてきて、違う先生が来ました。(この先生は私は信頼しています。なので安心。)またもさっきの先生と同じ動作でなにやら確認し、話し合っているようで。。。ちと不安。

直腸のほうもかな?細胞か何か採られました(ーー;)

それよか、こ、腰がΣ( ̄ロ ̄lll)打ち砕かれたようです。しばし放心状態。

身支度を整えて、話を聞くと膣と直腸の間あたりに、4cmの腫瘍なのか?術後の組織の盛り上がりなのか?“なにか”があるそうです。

前回のCTの時に指摘された「骨盤内の再発病変」じゃないの?と訊ねましたが、ハッキリせず。

それが大きくなったってこと?・・・ハッキリせず。

治療中に新たな腫瘍が出来たってこと?・・・ハッキリせず。 

んじゃ、前にPET撮ったときの仙骨部・集積亢進のと同一?・・・ハッキリせず。

ていゆーか、前回の超音波検査で見えなかったんかい?

どうなんでしょうかね~。(;-_-)=3 フゥ~

そんなこんなで、来週ジェムザール2クール2回目を終えたら治療は中止。7月14日にCT検査の予約を(早々と)入れていたので、それで評価しちゃうらしいです。ま、昨日の段階の話なのでまた変わるかもしれませんが。。。

先生方は、治療中にがん細胞が増悪したと判断したのでしょうね。

最近、尾てい骨や腰が痛かったし、膀胱だったり肛門だったりと下腹部がヘンな動きをしていし何かあるのではと勘ぐっていたので、「アタリ」でしたね(^_^;)こんなことは当たってほしくは無いのですが。。。

呆れてはいますが、悲観はしていません。大丈夫!

.

長くなりました。

よいお話を見聞きしたので、カテゴリをかえて後ほどUPしますね^^

.

.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

ジェム2クール1回目

ようやく、復活~^^

予定通り、6月9日にジェムザール2クール1回目を終了いたしました。

.
まずは、血液検査結果

【6月9日】 
以下、採血の結果 ( )内は前回6月4日の数値

【血液検査】
白血球 5200(5300)
ヘモグロビン 11.5(11.6)
血小板 413(161)
好中球 2550(2440)

【生化学・1】肝・腎機能
T-BIL  0.6(0.6)
ALP  194(201)
G-GTP  24(27)
AST(GOT) 15(18)
ALT(GPT)  16(27) 
LDH  190(176)
UN  21(12)
クレアチニン  0.6(0.6)
UN/CRE  35.0(20)
TP  7.1(7.4)
ALB   4.4(4.6)
A/G  1.63(1.64)
Na  141(143)
Na/Cl  1.38(1.40)
K  4.8(4.6)
CL  102(102)
.

【免疫血清検査】炎症反応
CRP 0.2(0.5)

====

炎症反応は落ち着きましたが、腎臓機能がちょっと低下?とか、血小板がなんだか多くなってるようで・・・

一時的なものだといいのですが。まあ、担当医も何も言ってないのでいいのでしょう。

血液検査はこんな感じ。

.

今回は浮上してくるまでに日数がかかりましたね~。

頭痛もやっぱりあったし・・・。前回よりはやや弱いものではありましたが。

微熱もあり、咳・たんあり。なんだろ?ケモするたびに風邪に似た症状です。

そうそう、肛門のビックウエーブは「スモールウエーブ」になりました^^v

膀胱炎に似た症状は、相変わらずですがこちらも「すっごいヤダ!」から「ちょっとぉーもうヤダ~」くらいになりました。←分かりづらい?w

復活の兆しは、土曜の午後から始まって、日曜の今日は“楽~♪”

でも、3時にバッタリorz 

1時間寝て、また復活~^^v みたいな。。。

明日はもっと“楽~♪”なんでしょうけれど、火曜には2回目です(ーー;)

でもいいんだぁ~、「休薬7DAYS」があるもんねぇ~(* ̄∇ ̄*)

で、久しぶりのお外~♪

土曜日のドライブの様子(〃∀〃;)↓

2009613b

雨上がりの田舎道。新緑の青い風が気持ちいい。

思わず、深呼吸ヾ(@>▽<@)ノ

ドライブ!ドライブ!「パリダカ」ばりな夫の運転にガクブル(((゜д゜;)))

2009613c

いつナンドキでも、インフル対策は忘れませんよ。笑)

.

ワタクシ、何故か無駄にw前向きです。壊れたかもw

.

.

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

採血フォロー 6/4

今、病院なわけですが・・・。

木曜日は空いていると実感。

婦人科10時半に終わりましたよ、早っ。

血液検査の結果は、優秀ですね〜♪

若干、炎症反応はありますが随分落ち着いてきました。

2コース目は問題無く来週から始めます。

膀胱炎の疑いで抗生剤、腸からの出血にラックビー(整腸剤)を処方されました。

最近“頻便”いや“頻便意(?)”に悩まされています。

んこじゃなくて、肛門からの血まじり粘膜(老廃物?廃液?)で、10分に1回の割合で訪れる『ビックウェーブ』号泣)

ちびっとしか出んくせに大袈裟過ぎます。

こんなヤツのせいでQOL落ちまくりです。

・・果たしてラックビーで治るのか(-.-;)

膀胱炎に似た症状も続いていて、腹水または腫瘍の影響では?とドクターに聞いたら抗生剤で様子見になりました。

尿検査してほしかったんだけどな。

そうそう、外来担当医が替わっていました。

女医さんで、感じの良さそうな方です。よかった^^

13時のWOC(ストーマ)外来まで、まだ時間があります。

はっきり言って持て余してます、はぁ〜(´Д`)

.

=追記=

血液検査結果

【6月4日】 
以下、採血の結果 ( )内は前回5月26日の数値

【血液検査】
白血球 5300(3900)
ヘモグロビン 11.6(11.2)
血小板 161(171)
好中球 2440(1130)

【生化学・1】肝・腎機能
T-BIL  0.6(0.5)
ALP  201(187)
G-GTP  27(25)
AST(GOT) 18(15)
ALT(GPT)  27(16) 
LDH  176(149)
UN  12(12)
クレアチニン  0.6(0.5)
UN/CRE  20(24.0)
TP  7.4(6.8)
ALB   4.6(4.0)
A/G  1.64(1.43)
Na  143(143)
Na/Cl  1.40(1.38)
K  4.6(5.0)
CL  102(104)
.

【免疫血清検査】炎症反応
CRP 0.5(2.3)

.

.

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

ジェム1クール2回目

昨日、予定通りジェムザールの1クール2回目の点滴投与をしてきました。

まずは、血液検査結果

【5月26日】 
以下、採血の結果 ( )内は前回5月19日の数値

【血液検査】
白血球 3900(7300)
ヘモグロビン 11.2(11.4)
血小板 171(207)
好中球 1130(4600)

【生化学・1】肝・腎機能
T-BIL  0.5(0.6)
ALP  187(188)
G-GTP  25(17)
AST(GOT) 15(13)
ALT(GPT)  16(8) 
LDH  149(181)
UN  12(10)
クレアチニン  0.5(0.6)
UN/CRE  24.0(16.7)
TP  6.8(6.9)
ALB   4.0(4.2)
A/G  1.43(1.56)
Na  143(143)
Na/Cl  1.38(1.36)
K  5.0(4.5)
CL  104(105)
.

【免疫血清検査】炎症反応
CRP 2.3(4.0)

====

相変わらず、炎症反応は2.3ありますが、前回の4.0よりは下がりました。その他は、問題なさそうです。てか、好中球は、抗がん剤の影響で落ちたんでしょうね^^;

ジェムは投与すると血管痛があります。これが痛いのなんのって・・・

対策としてはホットパックで血管を(腕ね)温めながら点滴のスピードも見つつ入れていきます。今回は前回より数段軽減されました。

その他の副作用は、手足のビリビリ感。これがけっこうビリビリくる。あとは軽い吐き気とどんより倦怠感。私の場合ですので参考までに。

来週は休薬なのですが、骨髄抑制の程度をみるということでやっぱり病院に行かなくちゃいけないようです。ま、血液検査です。

来週は、丁度「WOC外来」の予約を入れていたので、どっちみち病院には行く事になっていたのですが・・・。午後の予約だったのに、婦人科は8時40分予約です。朝早くて泣けちゃう(>_<)

という訳で、2、3日後はぐったりしているかもしれませんが、今は比較的元気です^^

最近、左目がおかしくって(トポテシンからの後遺症で違和感があるんです。圧迫痛とかドライアイとかマイボーム症とかいろいろ合併してる模様)PCぼちぼちってな感じなのでゆっくりペースでお許しをσ(^◇^;)

.

.

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

浮き沈みはしてますが

ジェム投与後、5日経過しました。

体調不良を引きずっていただけに、グッタリ・・・。

パソコンに向かえないくらい。集中できんと言うか何と言うか。

昨晩などは、37.9度の熱まで出してぇ(ーー;)

いやいや、インフルじゃあないですよ。・・・きっとσ(^◇^;)

今日はお天気も良くって気分もよかったですし、カラダも元気そうです♪

その証拠に「ワルふざけ」が出来ました^^
(ブログめぐりもコメントのお返事も後にしちゃってぇ~、こんなことしてました。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ ♪)

Bouzu12
↑私のアタマですw
ちょっと毛が生えてきましたヾ(@>▽<@)ノぶぁっはは♪

.

それはさて置き、

記録する機会を失いそうなので、ここに12日と19日の血液検査の結果を記しておきます。

*****

【5月12日】 
以下、採血の結果 ( )内は前回3月27日の数値

【血液検査】
白血球 9100(3300)
ヘモグロビン 12.4(11.8)
血小板 229(196)
好中球 7370(990)

【生化学・1】肝・腎機能
T-BIL  0.7(0.8)
ALP  183
G-GTP  18
AST(GOT)  14 (13)
ALT(GPT)  8 (8)
LDH  194(164)
UN  13(10)
クレアチニン  0.6(0.5)
UN/CRE  21.7(20.0)
TP  7.3(7.1)
ALB   4.2(4.5)
A/G  1.35
Na  142(144)
Na/Cl  1.38(1.38)
K  4.7(4.7)
CL  103(104)
T-Cho  --(173)
GLU  --(96)

【免疫血清検査】炎症反応
CRP 0.2(--)

【生化学2 腫瘍マーカー】
CA19-9 35.6
CA125 28.1

※腫瘍マーカーは、上がりっぱなしです。だけど悲観はしていないよ^^

***** 

【5月19日】 
以下、採血の結果 ( )内は前回5月12日の数値

【血液検査】
白血球 7300(9100)
ヘモグロビン 11.4(12.4)
血小板 207(229)
好中球 4600(7370)

【生化学・1】肝・腎機能
T-BIL  0.6(0.7)
ALP  188(183)
G-GTP  17(18)
AST(GOT) 13 (14) 
ALT(GPT)  8(8) 
LDH  181(194)
UN  10(13)
クレアチニン  0.6(0.6)
UN/CRE  16.7(21.7)
TP  6.9(7.3)
ALB   4.2(4.2)
A/G  1.56(1.35)
Na  143(142)
Na/Cl  1.36(1.38)
K  4.5(4.7)
CL  105(103)
.

【免疫血清検査】炎症反応
CRP 4.0(0.2)

*****

どっかで炎症中です。きっと腸、たぶん仙骨辺り。

12日より19日のほうが(数値的には)炎症してるんですけどね、治療始めちゃったんですよ。いいんですか?センセィ(´・ω・`)
カラダは12日のほうがしんどかったんですよ、かなり。ダルダルのフラフラ
白血球は12日に比べてちびっと下がってますけどね。・・・カラダって不思議~(゜д゜)

.

.

| | コメント (15) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0)はじめに | 01)私の病歴 | 02)卵巣ガン 初発(手術) | 03)卵巣ガン 初発(抗がん剤 TC・3) | 04)卵巣ガン 再発・多発(手術) | 05)卵巣ガン 再発(抗がん剤 DC・6) | 06)卵巣ガン 再々発(抗がん剤DC・3) | 07)卵巣ガン 再々発(手術) | 08)卵巣ガン 再々発(腔内放射線) | 09)卵巣ガン 再々々発(手術) | 10)卵巣ガン 再々々発(再手術) | 11)卵巣ガン 再々々発(経過観察) | 12)卵巣ガン 転移(放射線) | 13)卵巣ガン 転移(手術) | 14)卵巣ガン 転移(経過観察) | 15)卵巣ガン 転移(経口抗がん剤 エトポシド・9) | 16)卵巣ガン 転移Ⅱ(抗がん剤 トポテシン・3) | 17)卵巣ガン 転移Ⅱ(手術) | 18)卵巣ガン 転移Ⅱ(経過観察) | 19)卵巣ガン 転移Ⅲ(抗がん剤 タキソ-ル・6) | 20)卵巣ガン 転移Ⅳ(手術) | 21)卵巣ガン 転移Ⅳ(抗がん剤 ジェムザール・3) | 22)卵巣ガン 転移Ⅳ(抗がん剤 ドキシル・3) | 23)卵巣ガン 転移Ⅳ(手術・鼠径部) | 24)卵巣ガン 転移Ⅳ(エトポシド・3) | 30)卵巣ガン関連 | 31)おしっこ関連(再々々発以降) | 32)ストーマ関連(再々々発以降)WOC | 33)リンパ浮腫関連(転移Ⅱ以降) | 40)腸閉塞(手術~ | 41)腸管膣瘘(転移Ⅳ・ドキシル以降) | 42)丸山ワクチン | 43)ペインコントロール・神経ブロック(転移Ⅳ・ドキシル以降) | 44)介護保険・障害年金 | 60)がんと告知されたら~ がん患者の心のケア | 65)眼科:マイボーム腺疾患 | 70)お知らせ | ◎ドライブ・旅行 | ★猫バカ道 | ☆エキスパートへの道 | ☆スペシャリストへの道 | ツバメ観察 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味