« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

脱帽しました^^v

なんとな~く、いい感じに副作用も過ぎ去ってくれて・・・

で、某美容院へ。笑) ね、暑いからそろそろね。

カットして、さらっとカラーリングして、久々のお外へ♪

2009628ba

↑久々の開放感に意味不明の笑い^^
脱帽ものです(^^ゞ

2009628ab

↑ワタクシ、けっこう元気です!

胸のあたりに見え隠れする、「ふ・ふ~ん♫」

私の気分そのものです(・ω´・*)v

.

| | コメント (32) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

ジェム 2クール2回目

先日、ようやくジェムザール2クール2回目を終了しました。

まずは、血液検査結果

【6月23日】 
以下、採血の結果 ( )内は前回6月16日の数値

【血液検査】
白血球 7500(3400)
ヘモグロビン 11.6(11.4)
血小板 153(371)
好中球 4280(920)

【生化学・1】肝・腎機能
T-BIL  0.6(0.5)
ALP  183(194)
G-GTP  21(24)
AST(GOT) 15(17)
ALT(GPT)  14(22)
LDH  192(186)
UN  12(12)
クレアチニン 0.5(0.6)
UN/CRE  24.0(20.0)
TP  6.8(7.1)
ALB   4.2(4.4)
A/G  1.62(1.63)
Na  142(142)
Na/Cl  1.37(1.38)
K  4.5(4.8)
CL  104(103)
.

【免疫血清検査】炎症反応
CRP 0.2(0.4)

【生化学・2】腫瘍マーカー ( )内は5/12の数値
CA19-9 31.9(35.6)
CA125 28.5(28.1)

======

すっごいですね!好中球、がんばりました^^v

前回の920がウソのようです。

若干、微熱が37.2ありましたが、予定通りにジェムザールの点滴投与を終え、只今自宅にて様子見です。まったりしてますが・・・あと2、3日で副作用のピークが来る予定。早く通り過ぎてと願うばかりです。

んで、例の直腸付近の“なにか”ですが、前回のCT(3/27)で指摘の“骨盤内にsoft tissue mass を認めますが、前回よりも増大しています。再発病変の増悪を疑います”と同一のブツだと担当ドクターよりお話がありました。

新たな腫瘍が出来たわけじゃないようで、ちと安心。

随分前に撮ったPET検査の“仙骨部影”は腫瘍ではないので気にしないでよいとも言われた。(私自身はまだちょっと疑っている・・・^^;)

それにしても、少なくたって前々回のCT(1/9)時には、このブツはそこにいたはず・・・、今日まで、経腟超音波も何度かしたのに、なぜ見つからなかったんだろ?不思議なヤツだ。。。

そうそう、大きさは4~5cmらしいけど、超音波でははっきりとした数字は出せないらしい。なので、3/27のCTと比べて大きくなっているかどうかは、やっぱり分からないみたい。

なので、薬が効いているかどうかもわからないので、とりあえずジェムは2コースで中止。CTを撮って評価して、3コース目を再開するか、ドキシルに変更するか決める。 そう担当医と話した。

.

先週、ネットで調べ物をしていたら、ようやくヒットした。情報が欲しいときはなかなか出てこず・・・今頃orz

深谷肛門科』のホームページによると

「便意が頻回になった」

 直腸癌に特徴的です。直腸内に何か来たら、それは普通の場合「便」です。直腸から「便が来たよ!排便してくださいな」という信号が脳に伝えられます。これが「便意」です。

 しかし、これが便でなくて、直腸内を占拠する「腫瘍」であったらどうでしょう?人間の直腸は、便なのか腫瘍なのかを判断することはできません。直腸は、「とにかく、物体がある、外に出して!」と便意を伝えます。するとトイレに駆け込むでしょう。しかし、いくらきばったところで、その「物」が腫瘍であれば、便の様に容易に外に出すことはできません。「おかしいなぁ、便がしたい感じがしたのに、便が出ない・・・。」と言ってトイレから出てきても、すこし時間がたてば、「また出たい気がする。」という繰り返しになります。

(一部引用)

======

すっごい分かりやすい!深谷肛門科+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゜

まさに、私の症状でした。プラス鮮血交じりの排液も私の場合は出ます。

当てはまりすぎて、びっくり!

担当医も直腸診のとき腫瘍が指に触れたそうです。

直腸に浸潤しているのか訊いたところ、浸潤ではなく腫瘍が直腸の上から押して直腸を刺激しているという話でした。

担当医とこんな話しのやり取りをしていると、腫瘍が大きくなったからこその頻回便意だろうよ。と思う。

腫瘍マーカーだって、横ばいだしね!

大丈夫!大丈夫!

.

.

| | コメント (15) | トラックバック (0)

こんなん買いました^^b

先日更新しようと思っていたら、時が過ぎてしまい・・・orz

先週だったか・・・(最近日付けがあやふやw( ̄▽ ̄;)w いや、元からw)

ついに『TOTOトラベルウォシュレット(携帯用)』買いました!

Yew300setumei12
【画像提供:楽天市場】

ちょっと画像が粗くなってしまい見づらいですが、実際買ったのはピンク~♪

毎回、新鮮なぬるま湯(表現ヘンですが、気にしちゃダメw)で、安心・安全・快適に過ごしていますヾ(@>▽<@)ノぶぁっはははっははは♪

おしりが擦り切れるところでしたが大丈夫(゚∇^d)

おしっこ関係も良い刺激となり、いきむ(りきむ)ことなく、尿意を感じてから実際に出るまでの時間も短縮~♪排尿途中の断線 のつらさも軽減いたしました^^v

それと膀胱炎防止にもなってるみたいだし、なによりトイレットペーパーがガンガン無くなっていたので・・・タダでさえストーマの処理時は普通の人の倍は使ってしまうので、テンション下がっていたのですが、くいとめられてよかったです^^;

.

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

人間とは上手くできている

人間とは実に上手くできているもので、ココロやカラダがダメージを受けるとちゃ~んとそのバランスを取ろうとします。

すごいね、人間って!自然って!

んで、この間 病院内で「シルバーネット」っていう、60歳からの(地域)情報紙を見かけ、無料配布だったので血液検査の結果が出る間、読みました。じいちゃん、ばあちゃんのパワーがビシバシ伝わってくるwそんな情報紙なんですが、そこに、あるお寺さんのご住職の説法が載っていて、ちょっと私の心にとまりましたので紹介しますね。

いっときますが、私は特定の団体の信者ではありません。(ここに、のほほんさんがいたらきっと、「あなたは『オレンジ・みかん(*^_^*)教』の教祖様よ~o(*≧ω≦*)o」とか言われそうですが。笑) ゆうなれば無宗教者です。ご先祖様は大切に思っていますし、ご供養もします。因みに菩提寺は曹洞宗(たぶん^^; ね、かなりのいい加減さw)のお寺です。我が家には神棚もありますし、拍手も打ちます。因みに中央に天照大神、左右にそれぞれ氏神とその年の吉方位の神社のお札か病気平癒で有名な神社のお札が祀ってあります。それと古事記や日本書紀も興味があり読みました。霊的なこともキライじゃあないです。UFOをみたら興奮します。となりの人は宇宙人かも?と疑うときもあります。

あ゛、前置きが長くなりました。苦笑)

ネット検索したら、ホームページの他にもブログを運営されているようなのでこちらを紹介しますね。

大師山 法楽寺 想いの記
法楽寺住職:遠藤龍地

.

    ─是処非処智力(ゼショヒショチリキ)について─

 み仏のお智慧「十力」の第一は、是処非処智力(ゼショヒショチリキ)です。
ここでいう「処」は、場所ではありません。
 すべては因縁によって消滅するという真理であり、その是非を知るとは次のようなことです。
 たとえば「いかに親しい間柄でも、いつかは別れの時が来る」という考えは「是」となり、「このネコと決して離れたくない」という考えは「非」となります。
 前者は諸行無常の理に立っており、後者は愛着にとらわれて諸行無常の理に反する空しい希望となっているからです。
 いつまでも自分の思うがままに可愛がっていたいと執着するのではなく、愛する者との別離による苦は必ずやってくると深く納得した上で、だからこそ、今、しっかり可愛がっておこうと考えるべきなのです。
(一部引用)

======
死を受け入れることで、見えることがあります。

必ず、別れはやってきます。どんな人にも・・・

今を大切に大切に生きていこうと思います。
.

文末は、こう結んであります。
.

“〈いつ、いかなる場にあっても、自分の責任において、自分の分を尽くす〉腰のすわった人になりたいものです。”

=====
私もそうありたいと思います。

.

.

| | コメント (16) | トラックバック (0)

ジェム延期~^^;

昨日、早起きして勇んで病院に行ったのですが・・・

好中球のヤローの所為でっ(ーー;)←言葉悪すぎw

ジェムザール2クール2回目が延期となりました。

来週っちゅーことで、体力アップに努めたいと思います。

まずは、血液検査結果

【6月16日】 
以下、採血の結果 ( )内は前回6月9日の数値

【血液検査】
白血球 3400(5200)
ヘモグロビン 11.4(11.5)
血小板 371(413)
好中球 920(2550)

【生化学・1】肝・腎機能
T-BIL  0.5(0.6)
ALP  194(194)
G-GTP  24(24)
AST(GOT) 17(15)
ALT(GPT)  22(16) 
LDH  186(190)
UN  12(21)
クレアチニン 0.6(0.6)
UN/CRE  20.0(35.0)
TP  7.1(7.1)
ALB   4.4(4.4)
A/G  1.63(1.63)
Na  142(141)
Na/Cl  1.38(1.38)
K  4.8(4.8)
CL  103(102)
.

【免疫血清検査】炎症反応
CRP 0.4(0.2)

====

好中球ったら、920しかないでやんの。私自身は元気ですよ、多少の疲れやすさはありますが、気持ちが前向きすぎてカラダ(特に“血”)が付いていかんかったりして。笑)
血小板の増加が気持ち悪かったんですが、ちょっと落ち着いてきたようです。腎臓機能もいつもの私の数値に戻ってきました。

炎症反応は前回よりちょっと上がりましたが、白血球は下がっているので問題ないのかな?きっと^^; 

最近、数値を読むのが面白くなってきました。(面白いというと語弊があるかもしれませんが、バカなやつだと思ってスルーしてね)卵巣がん患者7年目にもなると、自分の体の細かい変化まで知りたくなります。観察したり推理したくなります。(ようは、ヒマってことかな?w)もう立派な『薮井竹庵』です。爆)

そういえば、浪曲(大阪系?)に『薮井玄以(やぶいげんい)』(浪曲師:日吉川秋斉)という演目があるんですが、これは、実に面白いです。薮井玄以は名医で、“ゴッドハンド”なわけですよ。どっちかってーと、ブラックジャックっぽい大阪の下町赤ひげ爺ちゃん?かな(^^ゞ 自分で説明していて、恐ろしいほどの説明下手に絶句しそうですが、興味のある方はCDどうぞ^^ (たまにスーパーの特設催し物会場なんかで売ってますw) 他に、水戸黄門漫遊記とか左甚五郎(←これは別の人だけど)とかもありますぜ。因みに、私は笑える浪曲しか聞きませんので、深く突っ込まれてもな~んにも出ませんよ。笑)

つい、脱線してしまいましたが、そうそう。

9日のケモ前の診察で、「6月にも入ったし、しばらく内診していないので内診してください。(以前から内診に関しては月1ペースでお願いしていたはず)それと腹部超音波もしてください。腹水も心配だし・・、膀胱炎みたいなのも、肛門からの血交じり排液?とかヘンな便意とか・・・炎症反応もあるし・・・」みたいなことをその時の担当医に話したんですよ、そしたら次回のケモのときでいいか?みたいなことを言われて、「はい、わかりました。」って私も言っちゃった訳です。昨日、そのことを後悔しました凹あの時やってもらっていれば・・・なと。

で、昨日(16日)腹部超音波をしてもらいました。4月の手術でお腹側の腫瘍を取りました。そのちょっと上あたりが痛かったので診てもらったら、『腸』だそうで・・・。かなり腹壁の近くに腸がありました。癒着もしているらしくorz だから動くたびに痛かったりするんだねぇ~(;´▽`A`` 腹壁瘢痕ヘルニアですか?と訊きましたが、はっきりした答えなしでした。なんだかな~。。。

でも(゚∀゚) 腹水はありませんでした。腎臓の腫れもありませんでした。ついでに胸水も腹部超音波検査で診れますか?と訊いたら、たくさん溜まっているのは超音波でも判るというので診てもらい、結果映らなかったということで胸水は溜まっていないようです。これはよかった^^v

次が内診で・・・ 痛み止めが入ったゼリーを塗っていただき内診。それと7年目にして“初の直腸診”ヽ(*'0'*)ツ 悶絶しましたorz そして、経腟超音波検査に進みましたがこれも痛くて特にお尻側に向けられるとかなりの痛み。う゛ーっっつД`)

カーテンの向こうがザワザワしてきて、違う先生が来ました。(この先生は私は信頼しています。なので安心。)またもさっきの先生と同じ動作でなにやら確認し、話し合っているようで。。。ちと不安。

直腸のほうもかな?細胞か何か採られました(ーー;)

それよか、こ、腰がΣ( ̄ロ ̄lll)打ち砕かれたようです。しばし放心状態。

身支度を整えて、話を聞くと膣と直腸の間あたりに、4cmの腫瘍なのか?術後の組織の盛り上がりなのか?“なにか”があるそうです。

前回のCTの時に指摘された「骨盤内の再発病変」じゃないの?と訊ねましたが、ハッキリせず。

それが大きくなったってこと?・・・ハッキリせず。

治療中に新たな腫瘍が出来たってこと?・・・ハッキリせず。 

んじゃ、前にPET撮ったときの仙骨部・集積亢進のと同一?・・・ハッキリせず。

ていゆーか、前回の超音波検査で見えなかったんかい?

どうなんでしょうかね~。(;-_-)=3 フゥ~

そんなこんなで、来週ジェムザール2クール2回目を終えたら治療は中止。7月14日にCT検査の予約を(早々と)入れていたので、それで評価しちゃうらしいです。ま、昨日の段階の話なのでまた変わるかもしれませんが。。。

先生方は、治療中にがん細胞が増悪したと判断したのでしょうね。

最近、尾てい骨や腰が痛かったし、膀胱だったり肛門だったりと下腹部がヘンな動きをしていし何かあるのではと勘ぐっていたので、「アタリ」でしたね(^_^;)こんなことは当たってほしくは無いのですが。。。

呆れてはいますが、悲観はしていません。大丈夫!

.

長くなりました。

よいお話を見聞きしたので、カテゴリをかえて後ほどUPしますね^^

.

.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

ジェム2クール1回目

ようやく、復活~^^

予定通り、6月9日にジェムザール2クール1回目を終了いたしました。

.
まずは、血液検査結果

【6月9日】 
以下、採血の結果 ( )内は前回6月4日の数値

【血液検査】
白血球 5200(5300)
ヘモグロビン 11.5(11.6)
血小板 413(161)
好中球 2550(2440)

【生化学・1】肝・腎機能
T-BIL  0.6(0.6)
ALP  194(201)
G-GTP  24(27)
AST(GOT) 15(18)
ALT(GPT)  16(27) 
LDH  190(176)
UN  21(12)
クレアチニン  0.6(0.6)
UN/CRE  35.0(20)
TP  7.1(7.4)
ALB   4.4(4.6)
A/G  1.63(1.64)
Na  141(143)
Na/Cl  1.38(1.40)
K  4.8(4.6)
CL  102(102)
.

【免疫血清検査】炎症反応
CRP 0.2(0.5)

====

炎症反応は落ち着きましたが、腎臓機能がちょっと低下?とか、血小板がなんだか多くなってるようで・・・

一時的なものだといいのですが。まあ、担当医も何も言ってないのでいいのでしょう。

血液検査はこんな感じ。

.

今回は浮上してくるまでに日数がかかりましたね~。

頭痛もやっぱりあったし・・・。前回よりはやや弱いものではありましたが。

微熱もあり、咳・たんあり。なんだろ?ケモするたびに風邪に似た症状です。

そうそう、肛門のビックウエーブは「スモールウエーブ」になりました^^v

膀胱炎に似た症状は、相変わらずですがこちらも「すっごいヤダ!」から「ちょっとぉーもうヤダ~」くらいになりました。←分かりづらい?w

復活の兆しは、土曜の午後から始まって、日曜の今日は“楽~♪”

でも、3時にバッタリorz 

1時間寝て、また復活~^^v みたいな。。。

明日はもっと“楽~♪”なんでしょうけれど、火曜には2回目です(ーー;)

でもいいんだぁ~、「休薬7DAYS」があるもんねぇ~(* ̄∇ ̄*)

で、久しぶりのお外~♪

土曜日のドライブの様子(〃∀〃;)↓

2009613b

雨上がりの田舎道。新緑の青い風が気持ちいい。

思わず、深呼吸ヾ(@>▽<@)ノ

ドライブ!ドライブ!「パリダカ」ばりな夫の運転にガクブル(((゜д゜;)))

2009613c

いつナンドキでも、インフル対策は忘れませんよ。笑)

.

ワタクシ、何故か無駄にw前向きです。壊れたかもw

.

.

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

眼科に紹介していただきました

先日(6/4)、婦人科で「左目の違和感」について外来担当医に訴えたところ、眼科に紹介していただきました。

ちなみに、抗がん剤の副作用で頭痛・眼痛(充血)違和感は、あまり聞いたことがありません。1%以下の(副作用の)報告はいろいろあって、なんでもありって感じで・・・っていう答えでした。

確かに、そうね。副作用は個人差があるからね。

そう切り替えれば、ココロも楽ね(^^ゞ

で、眼科を紹介していただけませんか?とお願いしたら、快諾~♪

お手紙を書いていただきました^^

いつ行っても良いって言うので、今日行ってきました。

来週からまたジェムが入るので、月曜は混むしってことで(今日しかなかったのw)夫も送迎してくれるって言うし、トントン拍子で10時過ぎに眼科新患外来へ~。

1、かくかくしかじか問診表書いて、

2、赤いバルーンの行方を眼で追いかけ、

3、風を眼球に吹きかけられて、

4、ランドルト環(視力検査)みて、

5、先生の診察。眼の違和感やら痛いのやらなんやら話して、

6、先生の持ってる眩しいライトを眼で追いかけてみたり、

7、青色で眼を染められて瞬きしてみたり、

8、瞳孔を開く(広げる)目薬をさして、

9、瞳孔が開くのを待ってる間に眼の写真撮影してみたり(さっきの青色を生食で流して)パシャパシャ。(シャッターの音w)

10、今度は赤色に染められて、パシャパシャ。

11、続いて、涙の量を測定。これが痛いのなんのって、試験紙を入れるわけですよ。瞬きしたらしたで、これも痛くて。もー、泣きそう。そうそう、涙の量の検査ですから、当たり前なんですけど。笑)
仙台弁でいうところの“いずい~(ーー;)” 3分~5分くらいガマンしました。

12、瞳孔が開いたので、眼底検査。

で、診断は・・・

左目の違和感や痛みはマイボーム腺の閉塞によるものだろうとのこと。

どうやら、まぶたの縁にある脂腺が詰まっているようです。

つーことで、「ヒアレイン点眼液」(ドライアイのお薬、眼の乾燥を防ぐお薬ですね)と「エコリシン眼軟膏」(菌を殺し感染を治療する軟膏です)を1か月くらい点して様子をみます。それと、ホットタオルやマッサージも有効だそうで、1日1回やってほしいといわれました。

コレでダメなら、精密検査です。

マイボーム腺は、ホルモンの影響が関係しているそうで、私のような症例が他にもあるとのこと。へぇ~、ガッテン!ガッテン!

最後は、先生に眼の縁にいっぱい出た黄色いプチプチを絞ってもらい終了しました。

気持ち的にはスッキリしましたので、とりあえず1か月様子を見ますね(^_^)v

.

.

| | コメント (16) | トラックバック (0)

WOC外来 09.6

6月4日は、婦人科とWOC外来の二本立て。

中途半端な時間を売店に行ったり、1階待合に行ったり・・・

寝てたり(^_^;) 人間ウォッチングしたりぃ(^^ゞ

.

WOC外来は、半年振り。

12時にご飯食べちゃうと、13時には“梅太郎(ストーマ)”は大活躍。

診察中に大変な事になりそうなので、9時半くらいにすンげー早いお昼ご飯を食べたのでした。

で、梅太郎ですが、“キラウエア火山”並みの噴火具合で真っ赤に染まる溶岩(泥状血液)をドロドロと流出しつつ、担当医と面会。

前回(12月)に、褒められてテレテレの梅太郎でしたが・・・

今回も、褒められました~+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゜ 

いやー、それほどでもぉ(^▽^;)>゛←おバカ丸出しw

ストーマ旁ヘルニアも進んでいないようですし、皮膚もストーマも良好のようです。

婦人科で話した、「ビックウエーブ」やら「ラックビー」やら「膀胱炎」やらの話を一通り、こっちの先生にもして意見を求めました。

肛門からの粘液で膀胱炎(感染症)になっているのか、またその解決策にウォシュレットの使用は有効かどうか聞いてみました。(自宅にウォシュレットつけようか夫と相談中なのさ^^;)

WOCナース曰く、ウォシュレットは、肛門の不快感は取り除いてくれると思うけど、以前ウォシュレットが原因で膀胱炎の女性が一時増えた事があると聞いたので、う~ん、今のウォシュレットが改善できていれば膀胱炎の予防になると思いますが・・・みたいな話。(メーカーさんによく聞いてみて的な感じです)

※これは、「ウォシュレットが世間に出回った当初の話で、今はどうかわからないけれど」という、前置きが付いての話ですので、“ウォシュレット=膀胱炎”じゃないので、情報ということでとどめておいてください。

つーことで、どうもウォッシュレットの“水”がよくないらしいです。

ノズルの不潔説もありますね・・・。

実際、どうなんでしょうね~(ーー;) 

.

そうそう、それより、『拭き方』も大事なんだそうで(^_^;)

みなさん、ちゃんと後ろから後ろ方向に拭いてます?

いや、別に返事はいりませんけどね。笑)

腸からの出血については、婦人科ドクター同様、抗がん剤の副作用で一致。しばし、ラックビーで様子見。

とにかく、やってみてダメだったら“次の手”ちゅーことですね。

ビックウエーブ・・・・ラックビーに頑張ってもらいたいわぁ。。。

6/5、20時現在:ビック!ビック!ビック!からスモール!ビック!スモール!くらいになってきましたが、ムズムズ感は相変わらずです。

でも、何か集中出来るもんがあるとビックもスモールも来んのにねぇ。

膀胱炎に関しては、抗生物質で改善できないときは、膀胱の機能(残尿測定など)検査をしてみては?と助言いただきました。

.

そんなこんなでWOCは、また半年後です。

.

大丈夫!大丈夫!元気ですから ^^v

.

.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

採血フォロー 6/4

今、病院なわけですが・・・。

木曜日は空いていると実感。

婦人科10時半に終わりましたよ、早っ。

血液検査の結果は、優秀ですね〜♪

若干、炎症反応はありますが随分落ち着いてきました。

2コース目は問題無く来週から始めます。

膀胱炎の疑いで抗生剤、腸からの出血にラックビー(整腸剤)を処方されました。

最近“頻便”いや“頻便意(?)”に悩まされています。

んこじゃなくて、肛門からの血まじり粘膜(老廃物?廃液?)で、10分に1回の割合で訪れる『ビックウェーブ』号泣)

ちびっとしか出んくせに大袈裟過ぎます。

こんなヤツのせいでQOL落ちまくりです。

・・果たしてラックビーで治るのか(-.-;)

膀胱炎に似た症状も続いていて、腹水または腫瘍の影響では?とドクターに聞いたら抗生剤で様子見になりました。

尿検査してほしかったんだけどな。

そうそう、外来担当医が替わっていました。

女医さんで、感じの良さそうな方です。よかった^^

13時のWOC(ストーマ)外来まで、まだ時間があります。

はっきり言って持て余してます、はぁ〜(´Д`)

.

=追記=

血液検査結果

【6月4日】 
以下、採血の結果 ( )内は前回5月26日の数値

【血液検査】
白血球 5300(3900)
ヘモグロビン 11.6(11.2)
血小板 161(171)
好中球 2440(1130)

【生化学・1】肝・腎機能
T-BIL  0.6(0.5)
ALP  201(187)
G-GTP  27(25)
AST(GOT) 18(15)
ALT(GPT)  27(16) 
LDH  176(149)
UN  12(12)
クレアチニン  0.6(0.5)
UN/CRE  20(24.0)
TP  7.4(6.8)
ALB   4.6(4.0)
A/G  1.64(1.43)
Na  143(143)
Na/Cl  1.40(1.38)
K  4.6(5.0)
CL  102(104)
.

【免疫血清検査】炎症反応
CRP 0.5(2.3)

.

.

| | コメント (20) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »