« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

CTの結果と今後の私

今日は、先日のCT検査の結果を姉と聞きに行ってきました。それと、手術のことも今後の治療のことも。

3月27日のCT検査結果から

【放射線科読影レポート】
所見:
Reference From : 2009/01/09 CT と比較

1. 両側肺野に結節陰影が見られますが、前回よりも軽度の増大を示しています。
明らかな new lesion は、指摘できません。
2. 肝臓後区域に low density mass を認めますが前回と同様です。
3. 骨盤内に soft tissue mass が認められますが(赤色→)、前回よりも増大しています。再発病変の憎悪を疑います。
4. 右鼠径部には線維化組織がありますが、術後の変化と考えます。
複数の小リンパ節を認めますが、前回と同様です。

※new lesion =新しい障害
low density mass =低い密度多数
soft tissue mass =軟部組織多数

Ct09331b Ct093312_2 Ct093313
.

.

.

.

Ct093314 Ct093315_2

.

.

.

.

impression:
progression of intrapelvic recurrent tumor and multiple lung metastases.
※骨盤内再発する腫瘍と複数の肺転移の進行。
※画像上をクリックすると拡大

.

====================

.

【婦人科担当医師からの説明】

右卵巣癌(類内膜腺癌) 再発

3/37・CT
新しい病変はないが 肺転移、骨盤内の腫瘍ともに少し大きくなっている
右鼠径部は CTでは明らかに転移と疑う所見ではない

他の病変が大きくなっているので 鼠径部のリンパ節をとる意義はあまりなくなってしまった
病状が気になるなら切除します

治療は薬の変更をした方がよい
これまで使っていない薬剤で効果が得られる可能性がありそうなのはジェムザール

.

症状があるので、リンパ節切除は予定通り行う
その後、また相談

(『診察内容説明書』から)

===================

タキソール、効いてませんでしたね。肺のブツは増大だし、2008年1月のPET検査で指摘されていた“仙骨前面の腸管への集積亢進”は、やっぱり“ガン”だったし、「え゛~!」な話です。肝臓には動きがなかったようですけど。
鼠径部のリンパ節にいたっては、ガンじゃないんじゃないの?ってな具合です。でも、痛いし歩行に支障があるので取りますよ。

再発って言ったり、転移って言ったり、どっちだろ?もういいや、自分で決めちゃお。

せっかく、組織を取るのだからということで、『抗がん剤感受性試験』の話を先生に振ってみた。(詳しくは がんサポート情報センター
「検討してみます」との回答だった。感受性試験(外注らしい)が出来れば、効かない抗がん剤をカラダの中に入れなくて済む。

ジェムザールをするとなると、3週間(21日間)を1クールとして、1日目投与/8日目投与/15日目休薬となる。これを3クールし、CTで評価。奏効していない場合は、薬を変更するとのこと。

ボコボコでてくるコイツを鎮める手立てはないのだろうか。

もう、ダメならダメだと言って欲しい。

私にはやりたい事がまだある。

歩けるうちに、動けるうちに。

.

とにかく、手術は予定通り。痛みがピタリと無くなるとはいえないので過剰な期待はしないようにと、そんな内容の話をされた。仕方がない・・・、今より良くなると信じて頑張るしかないんだろうな。

ツギハギだらけのわたし。。。

残された時間はあとどのくらいあるのだろうか。

.

.

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

採血フォロー 3/27

CT検査と併せて6回目のタキソール・採血フォローもありました。

以下、採血の結果 ( )内は前回3月12日の数値

【血液検査】
白血球 3300 (3800)
ヘモグロビン 11.8 (11.9)
血小板 196 (211)
好中球 990 (1030)

【生化学・1】肝・腎機能
T-BIL 0.8 (0.7)
AST(GOT)  13 (13)
ALT(GPT)  8 (9)
LDH  164 (151)
UN  10 (13)
クレアチニン  0.5 (0.6)
UN/CRE  20.0 (21.7)
UA  -- (4.6)
TP  7.1 (6.9)
ALB  4.5 (4.4)
Na 144
Na/Cl 1.38
K 4.7
CL 104
T-Cho 173
GLU 96

【免疫血清検査】炎症反応
CRP -- (0.1)

.

ちょっと好中球が低いけど、問題なし。
今回は、術前血液検査もあり合計5本採血、胸部レントゲンと心電図もプラス。

ちと疲れた。。。

.

.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

大腿部MR検査結果レポート

3月12日のMR検査結果

【放射線読影レポート】
所見:
Reference From : 2008/04/25 MR と比較

右鼠径リンパ節切除、腹壁腫瘍切除右大腿皮弁による腹壁形成後。

右鼠径部に20mm弱の染まる構造を認めます。赤矢印。T1強調像で低信号、T2強調で不均一な信号です。前回リンパ節があった部位に近いです。リンパ節転移の可能性があります。
術後の瘢痕部の炎症性変化も考えられます。

その他にも数~10mmの小構造を認めます。黄色矢印。リンパ節を疑います。このくらいのサイズのものは、更に尾側(右大腿近位内側)や左鼠径部に認められます。水色矢印。これらは転移と言い切れません。炎症性変化としても矛盾しません。

膀胱正中腹側付近に小嚢胞状構造があります。桃色楕円印。

腹水はありません。

Mri093121b_3 Mri093122a_2 Mri093123a_2 Mri093125a_2

.

.

.

.  

impression:

rt. inguinal LN meta n/r/o.

.

※左から2枚目の画像内、ピンク色蛍光ペン楕円印(2ヶ所)は、外来担当医の書き込み

プリントアウトしたものをスキャンしPCに取り込んだので、画像は不鮮明です。尚、画像上をクリックすると拡大します。

.

矢印がいっぱいあってびっくりです。
腹水が無かったことは良かったけれど。

3月12日に病棟で受けた超音波検査では、ブツの大きさは3cm×1.5cmと聞かされましたが、レポートでは2cm弱のようです。誤差はあるでしょうが、よく分かりません。

外来担当Y先生と病棟の先生方との疎通が上手く行っていないようで、何だか話がチグハグ。なので、どっちを取るのか分かりません。足側なのか腹側なのか両方なのか・・・、次回CT検査の結果と一緒に聞くことになりそうです。Y先生も「次回までよく先生方と話しておくから」と言ってくださり、(私が言わせちゃったんですが^^;)手術の話は後日改めてということです。

放射線読影レポートでは、極めて怪しいのは一ヶ所。 あとは“ありがちな像”だといっています。この一ヶ所で終わってほしいと願うばかり。

.

.

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

限りなく再発(あらたな転移か)

MRI検査の読影レポートをこの目で見ていませんので、後日訂正する箇所が出るかも知れませんが、自分の心を整理する意味も含めてここに記しておきたいと思います。

前回の手術(転移Ⅱ)は、膀胱腹側腹壁の腫瘍と右鼠径部リンパ節腫大の摘出手術でした。

右鼠径部といっても、前回はお腹側に出た腫瘍でした。

今回は足側で、足の付け根といったほうが良いかもしれません。

この足の痛みや浮腫み、痺れや麻痺は、手術の後遺症ではなく、タキソールの副作用でもなく、ヤツが悪さをしていたからかもしれません。

1月のCT検査の画像を再度確認したそうですが、足に腫瘍らしきものは無かったそうです。

最初の話では、一部を採取して(針生検など)ヤツの正体を調べる(細胞診)というようなことでしたが、土曜日の退院の時点では、『ヤツを全部取ったれ!組織診に全部まわしたれ!』というような、何とも威勢の良い話に変わっていました。

開けてみないと分からない話ではあるのですが、多分に癒着はしていると思われますし、1個じゃないようですしね。先生方には、取れるだけ取れればと思っていただいているようです。(私が勝手にそう解釈しちゃってます。先生、あ゛じがど~!感涙)

ゴロンと取って、組織をいろいろと調べたいという事でした。今後の治療方針にお役立ちです。(コイツが粘液性だったら抗がん剤は効きにくいものね。肺や肝臓にいるヤツラとは別なヤカラ?類内膜腺癌・粘液性腺癌・漿液性腺癌のいずれも出たことのある私は、どこに転んでも結構複雑な心境です。)

それと、歩行がちょっと大変になってきましたので、手術で治るのでしたらありがたいことです。手術して今以上に酷くなったらどうしよう・・・と不安も少し(いや、かなり)あります。

ヤツは3cm×1.5cm、 2月より成長しやがりました。

幸い、皮膚に近い浅いところにいるようです。深い所ではなので後遺症は残らない、むしろ今より歩行が楽になるはず。とドクターより簡単な説明を受けました。主治医N先生は私が退院した土曜日はお休みなので、N先生の口から聞けなかったのは残念でしたが、病棟担当の先生が思った以上に熱心でいい先生なのでちょっと救われています。

思い描いていた、『休薬ライフ』は迎えられそうもありません。シクシク

4月2週には、手術です。(CTの結果次第ではどうなるか分かりません。いや、関係ないか?)

局所麻酔で大丈夫との事ですが、とても一部始終を見届ける強い心臓は持ち合わせていませんので、注射で眠らせていただくことにしました。

それにしても、9回目の手術となります。いやはや・・・。

正味1日で決まったこの話を夫と実家の家族にするのは大変疲れました。

自分でさえ消化できていないのにねぇ。

更に、申し訳ないっていう気持ちもドーンと、のしかかり・・・。凹

ふぅ。。。

ダラダラと取り止めもなく書きましたが、CT検査の結果が出た頃にはもう少しまともな文が書けると思います。(結局、画像読影レポート頼り。笑)

.

.

※こんな私を応援してくださりありがとうございます。

お返事などはゆっくりペースでいきますね。

.

.

【追記】
再発という表現ではなく、新たなリンパ節転移ととらえているようです。
どっちなんでしょうねぇ。とりあえず、表題もすこし加筆しておきました。

| | コメント (41) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

退院しました

退院しました
只今、帰路。

一週間分の食料を買い込んできました。

お昼ごはんは、スブタ(笑)

夫が予定の時間より早く着いたので、食べてもらいました。

MRIの話しですが、今朝の回診で昨日より詳しい話しが聞けました。

それはまた後で。

.

.

| | コメント (14) | トラックバック (0)

おはよう^^ ♪

おはよう^^<br />
 ♪
おはようございます。今朝は雨です。

朝ごはんはパン、1個残しちゃった。

吐き気止めも飲んだし大丈夫。

見守って下さってありがとうo(^-^o)(o^-^)oコメント入れて下さりありがとう 

感謝感謝でございますm(__)m

.

.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

ちょっとびっくり

ちょっとびっくり
夕飯は、鶏肉たまり焼き。ご存知の方も多いことでしょう(笑)

高野豆腐は前回何処にいただろう?

さて、明日予定通りに退院できそうです。

2週間後にはCT撮ります。併せて採血フォローも、それと術前検査も。

ソケイ部のブツは日帰りじゃむりなのかな?

入院してとか言ってるし^^;

何だか、おっきな話しになってきたf^_^;

先生方も模索してるのかな?

まだ決定じゃないと思うのですが、トントン拍子に決まったようで、面食らってます。苦笑)

.

.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お昼(13日 )

お昼(13日<br />
 )
よい報告が出来なくて、皆さまのテンションを下げてしまっているのでは・・・と、考えてしまいます(-_-)

MRIの結果だけは、まだ再発とはっきり決まった訳ではないので(きっとのう胞!もうヤケクソw) 落胆するのは細胞診の結果をみてからにします。

とにかく今は、これさえ終われば身体を休められるし、ね。 大丈夫です。

心配して下さった皆さま、ありがとう(#^.^#)

そうだ、お昼はちょっと違ってましたよ。ホタテの照り焼きと野菜ソテーが何処からかトレードされてきました(笑)ホタテのヒモ好きなんですけど、これがまた噛み切れないのなんのって。途中から味が無くなってきて、何食べてるんだかね〜。苦笑)

.

.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

固定された^^;

固定された^^;
前回、右手首にルートを取ったとき、ちょっと漏れた(:_;)

なので今日は別の場所。

散々探して、結局“左手背(シュハイ)”に落ち着いた(一回失敗されたけど)

ゆっくり落として行くので夕方終了。

.

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

何だかね〜

MRIの結果が出たみたい。

限りなく再発に近いらしい・・・。

詳しくは細胞?いや組織?だったか思い出せない(-.-;)

切って採って調べるって言う話しだった。

再発じゃない可能性もあることはあるらしいけど。。。

今日する予定の抗がん剤は、肺、肝臓には奏功していたので投与するとのこと。

次回から抗がん剤チェンジしなくちゃいかんのかな?はあ、、

.

.

| | コメント (4) | トラックバック (1)

おはようございます

おはようございます
おはようございます。

昨晩は2、3度程目が覚めて、ゴロゴロ寝返り。

因みにマットレスは「ウォーターリリー」じゃないよ。

いつもの「ヴィスコフロート」、これはこれで好き。

さて、朝ごはんは、お馴染み〜(笑)

でも今回は忘れずヨーグルトとご飯小盛に変えてもらった^^

もうすぐ、回診。

.

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

夕飯ですが

夕飯ですが
今朝早かったので、うとうと。

気付いたら、もう夕飯。メニューは何だか顔見知りf^_^;

まっ、いっかぁ〜っ。好きなメニューには甘い。(笑)

明日もお馴染みだろうけど、どこか楽しげ♪

自宅にいると中々、更新出来ませんが(言い訳w)

入院中は朝昼晩と更新です。(^-^;

すみません、勝手気ままなワタクシをお許し下さい。

.

.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

MRI検査終わりました

てくてく歩いて、病棟7階から1階奥のMR棟へ。

さぶいっ(*_*)

直ぐさま通され穴グラへ。

狭いよ〜!怖いよ〜!息苦しいよ〜!

ヘッドフォンがズレたままでよく聞き取れない。

相変わらずガーガーピーピーうるさい。

造影剤も有りなので、長〜い!

今日はとっても長く感じた(><)

結果は明日か明後日に出るそうなので不安は早く解消したいな。

.

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

入院しました

今日は天気もよくて、昨日だったら大変でした。(吹雪でびっくり)

とはいえ、早朝の道路はアイスバーン、途中スリップ事故の車が2台ほど。(怖っ) 

今日の病院は空いていました^^

白血球は、3800。好中球は、1030。ギリでセーフf^_^;

肝・腎機能も問題なし。

本日めでたく入院と相成りました(^O^)v

区切りの6回目がんばります。

午後1時からMRIです。昼抜き・・・キツイわ。

そうそう、差額ベットしか空きがないのでと、書類を出されました。ひゃー、無理ですぅ(:_;)と悲しい顔をしたら、午後には何とか空けますのでと優しい返事。(ヤッター)

つーことで、只今ちと豪華な差額ベットで待機中です。個室じゃないのが残念だけど。

テレビがタダなんだけど、(いつものお部屋はテレビカードを買わないと見れない)見てもいいのかな?あは^^

そんな事を言っていたら呼ばれて、今お部屋移動しました(笑)

いつもの風景に和んでます。

.

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

採血フォロー 3/3

今日は、5回目タキソールを投与してから初めての採血フォロー外来日でした。

めちゃくちゃ混んでいて、駐車場に入る車も動かないし人もごった返していて、しょっぱなから意気消沈。

月初めの火曜日はとっても病院が混むそうで(看護師さん談)、私が採血の受付をしたときは、なんと100番待ちΣ( ̄ロ ̄lll)

えー、えー、待ちましたとも!

以下、採血の結果 ( )内は前回数値

【血液検査】
白血球 4400 (5300)
ヘモグロビン 11.6 (12.5)
血小板 241 (198)
好中球 1630 (2390)

【生化学・1】肝・腎機能
T-BIL 0.7 (0.7)
AST(GOT)  16 (14)
ALT(GPT)  13 (12)
LDH  141 (157)
UN  10 (10)
クレアチニン  0.5 (0.6)
UN/CRE  20.0 (16.7)
UA  4.4 (4.5)
TP  7.0 (7.2)
ALB  4.3 (4.6)

【免疫血清検査】炎症反応
CRP 0.1 (0.1)

.

問題なし^^

.

外来担当のY先生に右鼡径部のしこりの話をしました。これは、前回の入院の時(正確にはその3、4日前)から鼡径部が痛くて気になっていたのでした。主治医N先生の所見は、がんというよりは歩きすぎとか炎症とかのう胞とか摘出手術時の後遺症的な何かというようなことでした。一応、大事を取ってMRIをすることになりました。どうか私の取り越し苦労でありますように。。。

6回目のタキソールは12日。MRIも同日に予約を入れていただきました。

大丈夫!大丈夫!大丈夫!

.

.

| | コメント (20) | トラックバック (0)

おひなさま2009

Hinamaturi03
イラスト提供:素材のプチッチ

今年の3月3日も夫と一緒に迎えることができました。

そう、今日は夫の誕生日です^^

去年同様、ひな祭り色の強いお誕生日ぱーちぃとなりました。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

3月はひな祭り、4月はお花見、5月は子供の日とオレンジ家はちょっと華やぐ行事が続きます。(なにせ、オレンジ家の日々は病院一色だものねぇ^^;)

私の気持ちも春っぽくちょっと華やいできます^^

.

.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »