« がん免疫療法に新拠点 仙台に専門医院開設 | トップページ | 10月・経過観察 »

2008年10月22日 (水)

国立国語研究所が示した医療用語言い換え

メタボなど57語を言い換え 国語研「予後」→「見通し」
 「予後」は「病状の見通し」のこと、「メタボ」は肥満ではありません-。病院で使う難解な言葉を分かりやすくし、患者の理解を助けようと、国立国語研究所は21日、57語の言い換えを提案した。
 約4300人を対象にしたアンケートで市民が病名や症状、医療用語で意味を誤解している現状が判明、医師も交えた委員会が検討した。来春に最終報告、医療現場向けの手引書を市販する。
 提案によると、予後は、医師が余命の意味で用いることもあり、言い換えが必要とした。
 生活習慣病につながるメタボリックシンドロームは「内臓の脂肪がたまって、病気を引き起こす状態」とした。肥満と混同し、腹回りの値(男性85センチ以上、女性90センチ以上)で決まるとの誤解が目立ち「血圧、中性脂肪、血糖値の2つ以上が高いという基準がある」との説明も求めた。
 患部の一部を切り取り調べる「生検」は、医師が痛みの程度などを患者に話し、心理的負担を軽くする必要性があると指摘。糖尿病治療に使う「インスリン」は「血糖を低下させるホルモン」と提案、インスリン注射は一生続くとの誤解があると注意喚起した。

(河北新報 2008年10月21日火曜日)

0810223

↑クリックすると拡大します(下記は表内(画像)の文字を書き出したものです)

【難解なため日常語で言い換え】
寛解=症状が落ち着いて安定した状態
浸潤=がんがまわりに広がっていくこと
生検=患部の一部を切り取って、顕微鏡などで調べる検査
予後=見通し、今後の病状についての医学的な見通し
MRSA=発症した場合は退治する薬が効かなくなる細菌の一種

【誤解・混同がないよう明確に説明】
インスリン=すい臓で作られ、血糖を低下させるホルモン
ウィルス=細菌よりも小さく、電子顕微鏡でないと見れない病原体
介護老人保健施設=病状が安定した高齢者が介護や医療を受ける施設、老健施設、老健
潰瘍(かいよう)=病気のため、体の一部が深いところまで傷ついた状態、ただれ
膠原(こうげん)=免疫の働きの異常により、皮膚・血管・関節などに炎症が起こる病気
腫瘍(しゅよう)=細胞が異常に増えてかたまりになったもの
ステロイド=炎症を抑えたり、免疫の働きを弱めたりする薬で、もとは人間の体の中で作られるホルモン
対症療法=病気の原因を取り除くのではなく、病気によって起きている症状を和らげたり、なくしたりする治療法
頓服(とんぷく)=症状が出たときに薬を飲むこと
メタボリックシンドローム=内臓脂肪がたまることにより、さまざまな病気を引き起こす状態、内蔵脂肪症候群、代謝症候群
悪性腫瘍=細胞が異常に増えてかたまりになったもののうち、すぐに治療が必要なもの
尊厳死=患者が自らの意思で、あえて延命処置を行うだけの医療を受けずに死を迎えること
糖尿病=高血糖が慢性的に続く病気、高血糖症
動脈硬化=動脈の血管の壁が硬く、厚くなって、弾力を失った状態
熱中症=高温・高熱にさらされたために起きる、命にかかわることもある病気
合併症=ある病気が原因となって起こる別の病気
ショック=血圧が下がり、生命の危険がある状態
貧血=血液の中の赤血球や、その中の色素が減っている病気

【新しい概念のため、一般に定着するよう工夫】
インフォームドコンセント=納得診療、説明と同意、納得できる医療を患者自身が選択すること
セカンドオピニオン=別の医師の意見、主治医以外の医師の意見を聞くこと、第二診断
QOL(キューオーエル)=その人がこれでいいと思えるような生活の質
プライマリーケア=普段から近くにいて、どんな病気でもすぐに診てくれ、いつでも相談に乗ってくれる医師による医療
PET(ペット)=薬剤を体内に注射してから特別な機械を使って体の中の詳しい画像をとる検査

.

**********************

.

『国立国語研究所』初めて聞いたような・・・^^;

がん関係の用語がやたら目に付きます。がん患者だから当然ではありますね。笑)

言い換えると逆に分からなくなるものも有るような無いような・・・

すべての医師が「言い換え例」のように統一して説明してくれると分かりやすいし、誤解や混同がなくて大変良いなと私は思います。

.

.

|

« がん免疫療法に新拠点 仙台に専門医院開設 | トップページ | 10月・経過観察 »

70)お知らせ」カテゴリの記事

コメント

とても勉強になりま~す!
今までボンヤリこんな意味なんだろうなぁ
と何となくでしか理解していませんでした。
医療用語って難解ですけど、本来どんな人
が見ても聞いてもすぐわかるような物でなければ意味無いですもんね。
(政治用語にも言えると思いますけど)
ちなみに・・主治医の先生は物凄く簡単な
言葉で説明して下さるので問題ないんです
けどね~(爆)

投稿: ギグルママ | 2008年10月22日 (水) 23時46分

患者なりたての頃は戸惑ってばかりの言葉がいっぱい。
5年も経過すると今では『医療関係の方ですか?』なんて言われるくらい医療用語覚えちゃって(照
確かにわかりやすく言ってもらえれば安心ですけど、医療用語を覚えるのも別に悪いことでは無いと思います。
医師同士や医師と看護師の会話がわかって、隠し事されてないって確認したりして w

投稿: はなまる | 2008年10月23日 (木) 07時44分

わかりやすい医療用語
その言葉を使って医師が親切な説明をする事が大切ですよね
私の主治医は説明を簡素化しております(^^;
(ここいちばんって時は詳しい説明ですけど)
私はもとの職場が医療関係だったのでだいたいわかりましたが全く知識がなければさっぱりわからなかったかも

それから最近の患者は医学用語もよく知っています、「メタ」=「転移」
検査中にメタメタと話し声が聞こえて転移?と振るえる事も…そこらへんも気をつけてもらえるといいな~なんて思います

投稿: 花ハナ(^-^)ノ | 2008年10月23日 (木) 08時14分

これは、昨日日経にも出てて、見ていたんだけど。。。
 
予後は説明いるか??
と密かに思っていたんですが。。。
 
用語は患者さんも覚えていいと思うんですけどねぇ。
ただ、お年寄りを中心に考えると、カタカナとか英文字の言葉はやっぱりキツイかな。

投稿: rider | 2008年10月23日 (木) 10時02分

皆が正しい知識を持ち、医療技術も設備も向上していくのが理想ですね これからの何年かでもっといろいろ進歩していくでしょうから楽しみです。料金的にも考えて欲しいところですが(^_^;)事後報告になりましたがやっとリンクを貼る方法を覚えたので早速オレンジさんのを貼らせて頂きました。これからも宜しくお願いします

投稿: usagi | 2008年10月23日 (木) 21時54分

mapleギグルママさま
ギグルママさん、こんにちは!

はーい!私も勉強になりました。^^;
医学用語も政治用語もですが、専門用語は一般人には難解ですね。

難解なだけに、説明を統一してくれた方が混乱がなくていいですよね。

主治医のセンセは説明上手なんですか?うらやましい^^

投稿: オレンジ・みかん(*^_^*) | 2008年10月24日 (金) 15時46分

mapleはなまるさま
はなまるさん、こんにちは!
足治った?^^

あはは、はなまるさんが「医療関係の人ですか?」って言われるの分かる気がする。爆)
看護師です。て紹介されたら絶対信じちゃうもん。笑)そんなオーラがあるよね^^

医療用語も日常に浸透してきているものも結構あるので、別に今更っていう気もするけど、それは私が病院側にいすぎたから感じるものなのかなとも思うし。。。

お医者さんの説明が統一してくれるのは、患者にとっても、説明が苦手な先生にとってもいいことじゃなかな。ま、そういうことで^^

投稿: オレンジ・みかん(*^_^*) | 2008年10月24日 (金) 16時04分

maple花ハナ(^-^)ノさま
花さん、こんにちは!
あはは、花さんのところのセンセの説明は簡素化しすぎですか?爆)

そういえば、私の以前いた病院の先生も説明がイマイチ分かりづらかったです。それって、私がたんにアホってことでしょうか?笑) まあ、先生方の説明が統一されると、いいような気がしますね^^←えらい、テキトーですがw

そうですね、、今は情報がすぐ入ってきますから、患者さんもよく勉強してますよね。
メタの連呼はやめて欲しいですね(^^ゞ

投稿: オレンジ・みかん(*^_^*) | 2008年10月24日 (金) 16時14分

mapleriderさま
riderさん、こんにちは!
「卵巣ガンは予後が悪いです」
私が初めて告知されたときの話です。
この「予後」…全く意味が分かりませんでした。お恥ずかしい(^^ゞ
なんとな~く、再発しやすいってこと?術後の快復が悪いってこと?余命のこと?とか…
耳から入ってくる音は「よご」ですからねぇ。
学校の授業だけではなかなか(^^ゞ
塾にいかねば、更に予習復習もしなくちゃ。
がん患者って(がん患者のみならずですが)疲れるぅ~。。。と思う次第です。

投稿: オレンジ・みかん(*^_^*) | 2008年10月24日 (金) 16時26分

mapleusagiさま
usagiさん、こんにちは!

リンクありがとうございました。^^
お体の調子はいかがですか?

リンク作業など出来ているという事は心身ともにリラックスできているということでしょうか?であるなら、嬉しいです♪^^

ガンなんか怖くない時代が早く来ますように―
usagiさんの治療がうまく行きますように祈っています(*^_^*)

投稿: オレンジ・みかん(*^_^*) | 2008年10月24日 (金) 16時32分

とても勉強になります。
あっ、はじめまして。

私も闘い中です。
いろいろお話させてもらえたらうれしいです。
よろしくおねがいしますhappy01

投稿: nokonoko | 2008年10月24日 (金) 22時50分

maplenokonokoさま
nokonokoさん、こんばんは☆
はじめまして。

お仲間ですね^^

共にがんばりましょう。
よろしくお願いします♪

投稿: オレンジ・みかん(*^_^*) | 2008年10月25日 (土) 21時31分

オレンジ・みかんさん、こんばんは~happy01
こんな時間にウロウロしていまーす(笑)


この記事、私も新聞で読みましたが、オレンジ・みかんさんと同じく、
がん関係の用語ばっかり見てましたcoldsweats01
「いやぁ~がん患者だな~」と、改めてしみじみ・・・

そして私も「予後」わかりませんでしたよ。
私の場合は、母が先に乳がんになったので、それで知ってる言葉もありましたが、
普通は、病気になって初めて聞かされる言葉の方が多いですよね。

「インフォームドコンセント」だって、今でこそメジャーな言葉ですけど、
一番最初に聞いた時は「なんじゃそりゃ?」と思いましたもん。
無理やり英語やカタカナにするのが良くないんじゃないかなーって思うんですけどねぇ。

投稿: こうめ | 2008年10月26日 (日) 03時07分

いろいろありますが、がんばりましょうね♪

オレンジ・みかんさんのブログ、お友だち登録(リンク)させてもらっていいですか?

投稿: nokonoko | 2008年10月26日 (日) 17時50分

mapleこうめさま
こうめさん、こんばんは☆
お久しぶりぶり~♪

わおっ、3時だぁw( ̄▽ ̄;)w
夜更かしねぇ~。秋の夜長だもんね。笑)

全国紙のほうが早く取り上げてましたね。
医療用語って普段耳にしているんだけど、こうして言い換えしてもらうと、「なるほどなるほど」と思うところが多かったのでした。
(家族に説明するときに苦労したんだよ。)

第二診断(セカンドオピニオン)的を得すぎて笑いが出ましたよw

投稿: オレンジ・みかん(*^_^*) | 2008年10月26日 (日) 22時18分

maplenokonokoさま
nokonokoさん、こんばんは☆
お互いがんばりましょう^^

リンクの件、OKです。よろしく♪

投稿: オレンジ・みかん(*^_^*) | 2008年10月26日 (日) 22時19分

オレンジさん、こんにちは。
いつも役に立つ情報のUP,有難うございます。

私の主治医はあまり難しい言葉は使わなかったのですが、皆さんのブログで「予後」とか「寛解」という言葉を知りました。
それと、入院中に同室の方が「痛み止め」とか「便秘薬」とは言わずに「ロキソニン」・「カマ」などと言っていて、この人たち何者!?とか思っていました^^;

今では私も随分詳しくなり、職場ではがん治療に詳しい怪しげなおばはんになっています(笑)

痺れは如何ですか?私も一時期酷くてメチコバールを飲んでいましたが、今はすっかりよくなりました。オレンジさんも早くよくなりますように。

投稿: shiyoh | 2008年10月30日 (木) 15時34分

mapleshiyohさま
shiyohさん、こんばんは☆
メチコバール仲間ですね。笑)
痺れはまだ突如出現するのですが、以前よりはいいかも^^このまま減ってくれるといいな♪
わたしも最初はさっぱりでしたが、なんとか皆さんについていけるようになりました。
でもすぐ忘れちゃいますけど(^^ゞ

投稿: オレンジ・みかん(*^_^*) | 2008年10月30日 (木) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107027/24680353

この記事へのトラックバック一覧です: 国立国語研究所が示した医療用語言い換え:

« がん免疫療法に新拠点 仙台に専門医院開設 | トップページ | 10月・経過観察 »