« リンパ外来・1 | トップページ | ストーマ(人工肛門)のことでいらっしゃった貴女へ »

2008年9月10日 (水)

ノー・モア・ドラッグ・ラグ! スマイリーからのお知らせ

Title005_2
※放送をご覧になれなかった皆様、大変申し訳ありませんでした。
(関東ローカル枠での放送になったようです)
ACTION 日本を動かすプロジェクト」で動画がご覧になれます。
画面向かって左上「過去の放送」卵巣がんと向き合う あやこさん23歳 をクリック!!
みんなの声を届けよう!ノーモアドラッグ・ラグキャンペーン!
昨年9月のリレーフォーライフ芦屋よりスマイリーの取材を下さっている日本テレビ「ニュースリアルタイム」にて、ドラッグ・ラグの特集があります。

9月10日~12日(3日連続)17時~19時の放送時間内のどこか
※事情により放送内容が変更になる場合があります。
※スマイリーは11日の予定です。

ぜひ番組をご覧になり、下記キャンペーンでみんなの声を届けましょう!!ご協力をお願いいたします!!
***********************************
みんなの声を届けよう!
ノー・モア・ドラッグ・ラグキャンペーン!


どうして世界80カ国で承認されている薬が日本で使えない!?
卵巣がん患者は切実な問題にぶつかっています。
再発しやすいと言われる卵巣がん・・・それなのに抗がん剤によるアレルギーや耐性が起こった時に次に選択できる抗がん剤が少ないことです。
そこで世界中で標準的に治療に使われている薬剤を承認してほしいと願っています。

舛添厚生労働大臣は「新薬の承認を従来の4年から1年半に審査機関を短縮することを公約」されていますが、私たちが求めている薬は新薬ではありません!

日本で、他の部位のがん患者さんが普通に使っている薬なのです!
日本に薬があるのに、他の部位では承認されているのに卵巣がんには使えないのです!
そして日本はこういった【適応症ごとの承認】が必要なため、患者が少ない部位のがんにたいしての承認申請がなかなかされず、ドラッグ・ラグが深刻なのです!
卵巣がんだけじゃなく、知らず知らずに他のがん患者さんもドラッグ・ラグの被害者になる可能性があるのです!
おかしくないですか!?

さらに、08年05月に放送されたフジテレビとくダネ!のVTRの中で、審査を担当する「医薬品医療機器総合機構」には抗がん剤の審査をするチームが一つしかないということが報道で流れました。
つまり、優先審査も通常審査も同じチームでの審査で高速道路でお金払う車もETCの車も同じレーンに渋滞で並んでいるのと同じなのです。機構は職員の増員を図っていますが、抗がん剤の専門官の確保がなかなか進んでいないといわれています。

すでにこんな悲劇が起こっています。
外来化学療法室でカーテンで仕切られた隣のベッドのすい臓がんの患者さんが「ジェムザール」を打っている。
自分は卵巣がん患者だから再発してもう手が無い状態に近づいているのにその薬が打てないのです。
患者さんは言いました。
「隣の人の点滴の針を抜いて自分に挿したかった。悔しいよ!」
その患者さんは先日40歳になったばかりで小さいお子さんを残して亡くなりました。

8月初旬に放送された日本テレビのニュースリアルタイムではPhRMA(米国研究製薬工業協会)のアイラ・ウルフ氏がいいました。「ドラッグ・ラグの問題で患者が不必要な死をとげることになる」「これは最優先課題である」。

ドラッグ・ラグはさまざまな問題から引き起こされています。
製薬会社が上記のように費用対効果の面から申請しない「申請ラグ」
医薬品医療機器総合機構に審査官がいなくて審査がなかなか進まない「承認ラグ」
抗がん剤で副作用ゼロのものはないのに少しでも何かがあれば犯人探しをして騒ぎ立て国に圧力をかける一部のマスコミ。
そして無関心で自分では何もできないと考えて傍観している患者たち。私たちも一つの原因です。

私たち卵巣がん患者は10年生存率10%とガイドラインで明記される予後の厳しいがんです。
でも世界の標準治療をうけたい。当たり前の治療を当たり前にうけて生きられる限り生きたい。
もちろん副作用があることも、効果があるのは一部の患者さんにだけであることもしっています。
新薬がほしいといってるわけではないのです。
その薬は日本にすでにあるんです!
私たちにはまだまだできることはある!
みんなで声を届けましょう。


***********************************

【ドキシル】
ヤンセンファーマ株式会社
世界約80カ国で承認されている。
日本ではカポジ肉腫に07年1月に承認されている。
ドラッグ・ラグ9年

【ジェムザール】
日本イーライリリー株式会社
世界60カ国以上で承認されている。
日本ではすい臓がんなどに承認されている。
ドラッグ・ラグ2年
奏功率はドキシルと同じくらいという報告がある
先日の未承認薬検討会議で国から製薬会社に関して患者会の要望と国の要望が伝えられているが、現在承認申請に関しては検討中。

【トポテカン】
日本化薬株式会社
世界70カ国以上で承認されている。
日本では肺がんなどに承認されている。
ドラッグ・ラグ12年
卵巣がんには07年05月に申請が出されているが、通常審査であるが・・・
***********************************

長くなりましたが、意見はこちらにそれぞれ送ってください。
文章は下手でもつたなくても構いません。
皆さんが番組を見て、スマイリーのHPをみて感じたまま書いていただけましたら幸いです。
スマイリーの意見ではなく、皆さんの思いを届けてください。


厚生労働省 ご意見フォーム

日本テレビ「ニュースリアルタイム」
画面左の「情報・ご意見募集」へ

ACTIONの町亞聖キャスターのブログ
厚生労働省の方も結構読んでいるらしいです。

卵巣がん体験者の会スマイリー
できればお手柔らかに・・・笑


長いですがこの記事に関しては転載大歓迎です。
             スマイリー代表:片木美穂
***********************************
れひちゃんの想いもこめて・・・・
みんなの声が届きますように。みんなの想いが届きますように。
.
.
.

|

« リンパ外来・1 | トップページ | ストーマ(人工肛門)のことでいらっしゃった貴女へ »

30)卵巣ガン関連」カテゴリの記事

70)お知らせ」カテゴリの記事

コメント

1度認可されたら、医療行為が必要とされる病気については、全て使えるようにすればいいのに、と思います。
 
くだらない制度は、1つずつなくなっていって欲しいですね

投稿: rider | 2008年9月12日 (金) 09時42分

sunriderさま
riderさん、ありがとう!
そうなのね、先進国なのになんでこんなに遅れてるんだろうね~。不思議な国だわニッポン。
がん患者はがんとがっぷりよつで闘いたい。なぜがん以外の闘いもしなくちゃいけないのか・・・。

投稿: オレンジ・みかん(*^_^*) | 2008年9月12日 (金) 14時38分

いつもいろいろ勉強させていただいております。

申し訳ありません。
今週は色々あり、遅くなってしまったのですが、非力ながら自分のサイトにも掲載させていただきました。

少しでもお役にたてれば良いのですが…。

投稿: かこかこ | 2008年9月12日 (金) 20時52分

かなりの出遅れでしたが私もUPしました(汗)
放送がネットで見られるというので早速、拙ブログでもリンク貼りました。
たくさんの方にドラッグ・ラグの問題を知ってもらえるといいですね。
明日はRFLnote
スマイリーメンバー全員一緒のつもりで、みんなと歩いてきます!

投稿: のほほん | 2008年9月12日 (金) 22時49分

お陰様で日テレ「ノーモアドラッグ」を、見ることができました。
ありがとうございます。
頑張っている方がたくさんいらっしゃるので、心強いです。
再発しやす卵巣がんに使える(効く)薬が、増えて欲しいです。

投稿: マシュマロ | 2008年9月13日 (土) 00時04分

tulipかこかこさま
かこかこさん、こんばんは☆
いえいえ、こちらこそ。
「ノー・モア・ドラッグ・ラグ!」の掲載、ありがとうございます。

投稿: オレンジ・みかん(*^_^*) | 2008年9月13日 (土) 22時21分

tulipのほほんさま
のほほんさん、こんばんは☆
>たくさんの方にドラッグ・ラグの問題を知ってもらえるといいですね
===
ほんとうですね~。しみじみ)
大きな声となってみんなの想いが届きますように―
そう、願うばかりです。

RFL芦屋♪
今頃は家路に着いたでしょうか?
明日も元気でいきましょ!!
+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゜
私も気持ちだけは「芦屋」に行っております(^^ゞ

投稿: オレンジ・みかん(*^_^*) | 2008年9月13日 (土) 22時26分

cherryマシュマロさま
マシュマロさん、こんばんは☆
「ノー・モア・ドラッグ・ラグ」を見ていただいたのですね!
M県では放送されなかったので、本当に残念でなりませんでした(T_T)
大反響だったそうで、全国ネットもありかも?!です。

がんばっている方がたくさんいます!!
本当に心強いですね!

使えるお薬の選択肢がひとつでも増えますように… 祈るばかりです。

投稿: オレンジ・みかん(*^_^*) | 2008年9月13日 (土) 22時35分

見ましたよ。
私は 通常の抗がん剤があわない
患者です。

がんとともに生きる=共生
していく上で、ドラッグラグが妨げになるならば、それを懸命に取り除かなければね。

わたしたちに未来はない。ことになる。

多くのがん患者の共生の過程には、再発転移もあるでしょう。
それに負けないためにも、
こうした対応の遅れが目立っていては困りますよね。

あやこさんの姿は経験した多くのがん患者の胸の中で自分の姿と重なったことでしょう。
手の甲に抗がん剤の針をさされていたのを見逃さなかったのは、私の血管も細いからです。
髪の毛も まゆげもまた生えてくる。
全摘出したことは、正しい選択肢だったといってあげたいと思いました。

投稿: nori | 2008年9月18日 (木) 10時29分

clovernoriさま
noriさん、こんばんは☆
見ていただけてうれしいです!
noriさんのおっしゃるとおりです・・・
あやこさんの姿、、、涙が出ました。

投稿: オレンジ・みかん(*^_^*) | 2008年9月19日 (金) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107027/23637910

この記事へのトラックバック一覧です: ノー・モア・ドラッグ・ラグ! スマイリーからのお知らせ:

« リンパ外来・1 | トップページ | ストーマ(人工肛門)のことでいらっしゃった貴女へ »