« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月27日 (木)

3月18日 6回目 ケモ

みなさんからの温かい応援・励ましのメッセージ、ありがとうございました。

低空飛行ではありますが、復活いたしました。

悩める毎日を送っていますが、今はその時が来るまで、ほげーっとしようと思います。

さて、

3月18日6回目のケモでした。

白血球3400  好中球1480 でスタート。

ちなみに、腫瘍マーカーCA125は、7.8でした。

点滴の前に、吐き気止めを飲みたいと担当医に告げると、「どうぞ」で終了・・・^^;

点滴の1時間くらい前に飲んだのですが(ナゼアとデカドロン)まったく効かず、前回同様、自宅に着くや否や、リバース。泣)その後、止らず・・・胆汁。。以下略)

この6回目のケモが一番副作用が辛かったです。今も悪心が若干続いています。

また、脳にもダメージ?でしょうか。物忘れやらモノの名前が出てこなかったり・・・。(T_T)

右鼡径リンパ節(腫瘍)の痛みが辛いので、エコーで診て欲しいと担当医に言うと、点滴前に診てもらえることになり、エコーで診てもらうと・・・

なんと、増大していました。さらにその腫瘍のとなりにもう一つ1cm大の腫瘍が出来ていました。

1回目のケモから通して鼡径リンパ節は痛かったので、こんな事ではないかとうすうす想像してはいましたが、まさか1個増えていたとは予想外でした。

担当医は、それでも6回目のケモはやるというので応じましたが、(1cmくらいの腫瘍は抗がん剤で消える可能性が大きいのでやると言いたかったのでしょうから応じました) 内心、意味ないじゃんと思っていました。これからどうなるんだろうと悲壮感いっぱいでした。

4月1日にPET検査をし、8日に今後の治療方針が決まります。

夫、母や姉にはありのままの現状を話しました。

「諦めが早いのもダメ、かといって遅いのもダメ」 この言葉が頭を廻ります。

| | コメント (40) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

がんばっている あなたへ―

いかん、いかん、何時になく弱気なわたし。。

そんな私に、ミクシで仲良くしていただいている「けだまさん」からの贈り物。

ステキな歌とけだまさんが住んでいるオーストラリアの雄大な自然の画像。

ありがとう!けだまさん^^

.

がんばっているみんなに、今度は私が贈ります。

画像UPは出来なかったけど、『ここをぽちっと押してみて! 』

彼女の名前は『デルタ・グッドレム』オーストラリア出身の歌手。
スターダムに躍り出たデルタを襲った突然の悲劇が悪性リンパ腫(Hodgkin's Lymphoma)であった。このニュースはオーストラリアで大々的に取り上げられ、連日新聞やTVなどで報道された。放射線治療により髪が抜け落ちたものの、家族やファンのサポートを受け快復する。(Wikipediaより)

.

《歌詞和訳》
青い海の流れに向かって泳いでいるの?
沈んでいきそうだと思うの?
たくさん乗り越えてきたのにまた雨。嫌になってしまった?

キミがそう思ってること、私は知ってるよ。
もう耐えられないって思っていても、
もうすこししたら、キミが乗り越えられるんだ、って思えることを、知ってるよ。

だから、キミが真っ暗闇の中にいて、全ての光が消えうせようとしている時、
キミが一輪の花で、その色が灰色に色あせようとしている時
頑張って、be strong

少しずつしか前に進めなくても、
負けてはだめ。
生きて、忘れて許しましょう
全てはキミの考え方次第。
そして、一緒に頑張ろう
あなたは絶対に一人じゃないから

だから、キミが真っ暗闇の中にいて、全ての光が消えうせようとしている時、
キミが一輪の花で、その色が灰色に色あせようとしている時
頑張って、be strong

キミは負けてないからね
そしてまたすぐに、笑うことができるよ
そしたら、もう辛くないから
風に吹かれてとばしちゃおう、
時間はながれるもの。
それに、大きな声で泣いてもいいよ

だから、キミが真っ暗闇の中にいて、全ての光が消えうせようとしている時、
キミが一輪の花で、その色が灰色に色あせようとしている時
頑張って、be strong

*****

明日、6回目のケモ。。3クール最後のケモ。。
無意味な治療になるかもしれないけど、頑張ってくるよ!弱音は吐かないよ。

| | コメント (34) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

大きな本屋で

13日の日に患者会があって、それに出席する為に仙台に行った。

夫の都合もあって、仙台に早く着いた。駅ビルに降ろしてもらったのはいいんだけど、歩けない。運動不足と加齢を実感。久しぶりの駅前なのに・・・

早々に時間を持て余して、本屋へ。

仙台は大きな本屋さんがあって、ワクワクする。

何気に、手に取った本

41jqgrd8wl_aa240_1

『子宮がん・卵巣がんとともに生きる』

癌研有明病院 婦人科 宇津木久仁子医師の書いた本だった。

サブタイトルの通り、16人の患者の闘病の様子を医師目線と患者本人の目線から書いている。

卵巣がん患者の闘病の様子、病歴、治療歴なども載っていた。

私が注目したのは、私と同じく何度も何度も再発を繰り返しているところ。

皆、5年、7年、10年と長い闘いだ。

根治はしていない。

がんと共に生きるってなんだろう。

私は私らしく生きたい。

普通の生活を送りたい。

ただ、それだけなのに―。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

最新のがん再発治療のはなし

先日、患者会主催の「最新のがん再発治療」という茶話会があったのでお話を聞いてきた。あのN先生のお話だったので、有意義な話が聞けると思い出席した。

参加者がなんと30名をゆうに越えている。やはりがんの再発治療には、皆関心があるのだなと思った。

N先生曰く、「最新の」治療は無いという。しょっぱなから、ガックシ^^;

読んで字の如く、最も新しい治療は無いと言うことだが、治験はいろいろやっているようで「目覚しい」「劇的」な話はないということらしい。

とはいえ、分子標的治療薬の話や、遺伝子解析の話をチラッと聞けた。

(気を取りなおして、、)

「再発がんの考え方」について子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌の3つに分けて学んだ。

2時間、びっちりレクチャーいただいた。後半、質疑後応答もあった。

再発がんでは標準治療はないという。

抗がん剤の組み合わせや奏効率なども勉強したが、個々で治療内容が異なるので、参考にする程度だが、再発がんでの抗がん剤(単剤:プラチナ系、タキサン系、イリノテカン、ドキシル等々)の奏効率は30%くらい、又はそれ以下だ。

N先生曰く、2ライン、3ライン、4ライン、5ラインと使う気になれば(患者が望むなら)使える薬はある。が、果たして本当にそれでいいのか?という。

実に難しい問題だと思う。私がそれに直面したとき、自分にベストな選択が出来るだろうか?

「再発がんの予後は厳しい、できるだけ無意味で過酷な治療は避けなければならない。だが、治るチャンスもある!諦めが早いのもダメ、遅すぎるのもダメ。」とN先生は話す。

がんとの共存についても話され、N先生のがんに対する考え方やN先生の人となりが分かり出席してよかったと思う。また、会の代表Gさんにお会いできて嬉しかった。(お忙しい様子で、私も夫と待ち合わせていたので早々に退席した。お話しする時間が無かったのが残念だった。)

.

再発がんについて、改めて考えさせられた。

夫とも、母や姉とも今後についていろいろ話し合わなければいけないと思った。

奇跡はないかもしれないが、希望は失いたくない。

.

.

※一部修正・加筆しました。3/15

以下、卵巣がんガイドライン関連資料

がんサポート情報センター HP
『卵巣がん治療ガイドライン』のポイントをわかりやすく
『再発卵巣がんに対する考え方』
監修:鈴木光明 自治医科大学産科婦人科学講座教授
取材・文:高田昌彦(2005年10月号)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

3月4日 5回目 ケモ

3月4日、5回目のケモ

ケモをする前に、血液検査。

白血球=4900

好中球=2700

びっくりの値。健康な人並み。

本日の担当医は女医のH先生

数値がいいので、採血フォローに来なくていいとのこと。

なので、3月11日の外来は無し。

前回のケモで、吐き気止めの薬が全く効かなかった事を訴えた。

で、「ナゼアOD」と「デカドロン」を処方された。

点滴は、相変わらず「カイトリル」(吐き気止め)を「トポテシン」の前に投与する。

カイトリルの代わりに別の吐き気止めを使ってほしかったんだけど、説明不足で伝わらず。

会計をしないと薬がもらえない。ようやく貰って、デカトロンを飲んだけど、結局効いてくれなかった。

2時間後には、嘔吐しまくっていた。前回のケモとかわらず。泣)

次回は、ナゼアとデカトロンを点滴の前に飲もうと思う。

床上げは、前回同様点滴してから5日後だったけど、皆こんな感じなんだろうか?

------

卵巣がん体験者の会スマイリーのHP内の『活動報告』で「嘔吐にもガイドライン」があることを知った。(いまさら^^;)

NCCN腫瘍学臨床実践ガイドライン・制吐・嘔吐対策

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

ひな祭り

 cherryblossom2008・ひなまつりcherryblossom

Hinadan_031
※素材のプチッチさんからお借りしました

今日はひな祭りですね。

オレンジ家では、ひな祭り様式で夫の誕生日を祝います。

昨年も同じような記事を書きましたが、3月3日は夫の誕生日なのですよ。わたしが5月5日生まれなので、まぁなんとふざけた夫婦なんでしょ。

メタボな夫のために、ケーキはカロリーが高いので『桜餅ち』をご用意いたしました。

あんこは、カロリーが低いのじゃ。

デナーは、チラシ寿司。

えっ?完全なひなまつりだろ!って?

あはは(;´▽`A``

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »