« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月30日 (水)

採血フォロー 2

2回目のケモから1週間経ったので、1月29日は採血フォロー外来でした。

血液検査内容は、肝機能・腎機能と腫瘍マーカーと白血球・血小板・好中球などです。

総数47項目分を全てプリントアウトしてくれます。U先生ありがとう^^

後でゆっくり確認できるのでありがたいコトです。

で、どうなの?って言うと。

肝・胆・膵機能検査のLDH(乳酸脱水素酵素:基準125-237)が115でちょっと下回っています。

先生的には問題ないとのことで、生化学検査(肝・胆・膵機能検査)はOKです!

続きまして、腫瘍マーカー値です。

CA125=7.0 

CA19-9=18.7 

キャア♪o(=^ω^=o)(o=^ω^=)o o(=^ω^=o)(o=^ω^=)oキャア♪下がってるぅ+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゜

U先生曰く、「お薬が効いているようですね^^」

私「ふっふっふ^m^」

続きまして、

白血球=4200 (基準:4000-8000)

血小板=241000 (基準:150000-400000)

好中球=1600 

好中球は、2回目のケモ前と同じ1600でした。

白血球に至っては、上がっていました^^

なので、骨髄抑制していないようなのでお注射しなくて良いようです。嬉)

予定通り、3回目のケモは2月5日と決まりました。

| | コメント (24) | トラックバック (0)

PET検査結果報告

まずは、1月17日に受けたPET検査の結果を報告をします。

今日は、U先生でした。U先生は血液検査の結果や説明に必要なものは、すべてプリントアウトしてから、私を診察室に呼んでくれる私的にはブラボーな先生です。嬉)

で、放射線科読影レポートです。

所見が、ずらずらと書いてあります。要約すると・・・

腹壁・右鼡径部リンパ節での再発疑い。

仙骨前面の腸管への集積亢進。

リンパ節にもやっぱり転移していました。

また、以前から指摘されていた仙骨部の影は今回も指摘され、腸管が癒着して炎症を起こしているようです。体液が貯留してたり一部空気も見られるようでごちゃごちゃしているようです。U先生は、この事には触れませんでしたが、放っておいて大丈夫なんでしょうか??ちょっと心配です。後でよく訊いてみます。(消化器科に紹介されるのかな?)

『他には明らかな異常所見を認めません』とのことで、遠隔転移はしていないようなので、まずは安堵いたしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

2回目ケモ その後

今日は、3本立てです。

ようやく浮上してまいりました。

さすがに2回目は、身体に蓄積している抗がん剤の存在がわかります。

疲れが抜けない、重い、だるい、あちこち痛い ・・・ そんな症状が続いています。

吐き気のピークは23日でした。嘔吐しまくりです。  

6回ほどゲボッとしましたが、最後の方は緑の液です。

胃酸で歯が溶けそうで怖い・・・。

吐き気がひどくなると咳が頻繁に出て、のども痛くなります。

あとは、前回と同様の副作用です。

前回と違うのは、異常に尿の出が悪いこと。かなり出渋ります。何故か痛いし・・・。

背骨のところが痛いので、もしや骨髄抑制が始まったのではと嫌な感じです。

治療前の好中球値は2000以上あったのですが、2回目ケモの前の採血結果では1600に下がっていました。今回でまたぐっと下がったことでしょう。因みに白血球は4000台から3400くらいに下がっていました。

少し動いただけで、とても疲れます。やれやれ、、しんどい。

29日、採血フォローで外来です。

きっと、ノイトロジンとかグランとか3日間注射しましょうなんて言われそうな予感。

大学病院までとても3日間なんて通えないので、近所の病院で注射だけ打ってもらえないか聞いてみるつもりです。(前の病院を紹介されたりして。笑)

そして、17日に撮ったPET検査の結果も聞いてきます。(ちょっと怖いです)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

1月22日 2回目 ケモ

2回目のケモ(抗がん剤の点滴)の日でした。

前の病院では“ケモ”って言葉は使っていませんでしたが、大学病院では、“ケモ”と予約表にも書いてあるので、私もまねして“ケモ”と呼ぶことにします。

そのケモですが、外来では初めてでしたので少々緊張したとともに疲れました。

まず、病院に着いたら採血室に行って、白血球値、好中球値を調べます。その後、婦人科外来で受付し、伝票をもらい、別棟の婦人科病棟で受付し、採決結果をひたすら待ちます。呼ばれたらナースステーションの一画で医師と採血結果や体調などを話し、ケモが出来ると判断されれば、となりの処置室でルート確保です。

前回と同じ左手の甲です。他のところは、見えなかったり細かったり、何回も針刺しをしているので血管が硬いそうです。無理をされて薬を漏らされても困るので、いたしかたありません。いずれ、この刺しやすい血管も使えなくなるんでしょうね・・・。

ルートを確保した状態のまま、カルテ一式が入ったバックを持たされて、『化学療法センター』に移動し受付、呼ばれてベットでテレビなど見ながら2時間ほど抗がん剤の点滴をします。

その間、看護師さんから『トポテシン治療にあたって(知っておきたいこと、気をつけたいこと)』という、埼玉医科大学国際医療センター・呼吸器病センター呼吸器内科教授 小林国彦氏 学術監修の小冊子と当大学病院化学療法センター作成の『体調管理ノート』をいただき丁寧な説明を受けました。

体調管理ノートは、自己記入するわけですが、次回の採血フォロー外来に体調の変化などを記入して持参することを進められました。任意のようですが、これを活用しない手は無いので早速使うことにしました。

外来では初回と言う事もあり、看護師さんたちも丁寧に説明してくれて、安心して点滴できました。中でも「我慢しなくていいですからね。何かあったらすぐ知らせてください。」とベットに寝ている私の目線に合わせて身体を低くしてお話してくださいました。

こんなちょっとしたことが、がん患者にはうれしかったりするのです。

心配した点滴後すぐの吐き気と嘔吐は出ず、無事帰宅することが出来ました。

カイトリル(吐き気止め)の錠剤を院外処方されたのですが、私の家の近くでは常時置いていない薬のようで、取り寄せになるとのこと。明後日の午後入荷と聞いて気が遠くなりました。

幸い、前回のケモのカイトリルの飲み残しが2錠ほどあったので事なきを得ましたが、少々肝を冷やしました。

夫には、「大学病院の近くの薬局で処方しても貰えば良かったのに」とブチブチ言われましたが、一刻も早く自宅に帰りたかったんだもの・・・。

次回からは、院内処方にしてもらうと固く心に誓ったのは言うまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月17日 PET検査

日にちが前後しますが、PET検査の事を記しておきます。

1月17日に人生初めての(以外でしょ)PET検査をしてきました。

CT、MRI検査は、がんの形状や位置関係とかを診るのに対して、PET検査はがんの広がり具合(1cm以下の腫瘍には反応してくれないようですが)や身体全体の転移を診るのに適した検査のようです。

PET検査が得意ながんは、頭頚部がん、肺がん、乳がん、膵がん、大腸がん、卵巣がん、子宮体がん、悪性リンパ腫、悪性黒色腫などです。

 またPET検査が苦手としているがんは、肝がん、胃がん、前立腺がん、腎がん、膀胱がん、子宮頸がんなどです。

 その理由として、PET検査で尿経路の臓器のがんの発見が苦手な訳は、使用するFDG(ブドウ糖によく似た、ごく微量の放射線を出す「薬」のこと)が尿中に排出されてしまうため、膀胱や腎臓、尿管などにはどうしても薬剤が集まってしまい、その付近のがんは見落としてしまう可能性があるそうです。

で、私の転移部は膀胱の周辺なわけですが・・・。

詳細なデータが取れるかどうかは分からないですねぇ。仕方がないコトですが。

まあ、この検査をすることのなったのは、膀胱付近以外にがんの転移が無いかどうか、全身的に診る為のものですのでいいですけど・・・。

CT検査、MRI検査と比べて、なんと楽な検査だった事でしょう。

一番、リラックスできた検査でした。造影剤が無かったからなんですが。笑)

MRIは、被爆の心配もなく良いのですが、長い!検査の時間が長い!で、うるさい!造影剤はCTより気持ち悪くなかったのですが、正直しんどかったです。自分の為ですからガマンしましたけどね。

PETは、被爆の心配も若干ありましたが、気持ち悪くなる事も無くCTと同じ検査時間で終わりました。ただ、かなり痛かったのはお財布です。泣)

29日にPET検査の結果を聞いてきます。

大丈夫!って言い聞かせていますが、ちょっと怖いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

すみちゃん、ありがとう^^

先日、PET検査から帰って来ると郵便受けになにやらパンパンに膨らんだ封筒がΣ( ̄ロ ̄lll)

なんと、すみちゃんからでした+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゜

並べてみました↓
081171

沖縄のお土産がてんこ盛りです!^(。。>▽<)^ノ彡☆ばんばん!

お手紙が入っていたのですが、読む前に写真右上のボトルをみて、ワタクシなんとw( ̄▽ ̄;)w“沖縄の砂の入ったビン”だと思い込んでいたのでした。(* ̄∇ ̄*)

ご・ごめんね、すみちゃん(;´▽`A``

お手紙を読むと、なんとボトルの中身は『石垣島名産 ヒハチ』というスパイスだそうで(^▽^;)>゛

くんくん香りを嗅ぐと、すっごいスパイシーです!ぜひいろんな物にフリフリしますね(^o^)

そのほか、沢山のお土産ありがとうね(^.^)/~~~

『魔よけ塩入(まーす)』↓早速身につけました!ありがとうヽ(^o^)丿
081170

治療、がんばるねp(*^-^*)q

| | コメント (6) | トラックバック (0)

入院の時の話

今月の7日から9日の3日間、初回ということで抗がん剤投与を入院で行いました。その時の様子を少し記しておきたいと思います。

まずは、病棟ですが新しくキレイですし設備も整っていて快適です。

08170

4人部屋が標準タイプということです。広々としています。
電動ベッド、ベッドサイドチェア、オーバーテーブル、ちょっとした木製家具(鍵付)、床頭台(冷蔵庫内蔵)(セーフティボックス)、液晶テレビ(リモコン付き:イヤフォンがないと音声が聞こえません)、DVDプレーヤー、アウトレット、吸引設備、枕灯、間仕切りカーテン。
因みにTVカードは千円で20時間です。
トイレと洗面台は病室入り口にあります。
08171

トイレは、もちろんウォシュレットですが、な、なんと!シャワーが便器の小脇から出ています!感染症等をおこした術創を洗うのでしょうか?それともオストメイト用?それともウォシュレットで洗い切れなかったところを洗うのでしょうか?
いずれにせよ、感激いたしました。

私がこれほど興奮する理由は以前お世話になっていた病院が古い建物だったからです。最多で41日間入院していましたが、この設備だったらどんなにか快適だったでしょう・・・。( ̄ω ̄=)

んで、話が変わりますが私のベットネーム↓
Nyuuinn

私、オレンジのテープなんですよ!幸先いいですね( ̄ー ̄)+ オレンジつながり?w
○○医師のグループは○○色と色別されているんだそうだそうです。
N先生のグループはオレンジ色なんだそうです^^ ちょっとうれしい♪

入院するとすぐに「入院診療計画書」が渡されます。そこには、主治医以外の担当してくださる医師の名前が5名ほど書かれていました。
こうして明記してくださると患者としてはいろんな面でとても安心です。

「病名」欄があるのですが、私のには「右卵巣癌再発、骨盤部腫瘍」と書かれていました。

原発(初発)癌の再発で骨盤部に腫瘍が出来たということでしょうか?

再発、再燃、転移がよく分かりません。病院によって言い方が違うだけなのか、診断がちがうのか・・・。

話が逸れましたが、この病院では入院中は「主治看護師制」で看護を行っています。
そのことを書いたプリントを渡されます。そこには、主治看護師名と主治看護師が不在の時に担当してくれる看護師名(病棟看護師全員と思われます)が書かれています。
これまた、いろんな面で安心ですね!
以前、クランベリーさんが自身のブログで行っている病院がこの制度を行っていると書いていました。そのことを知り、いい制度だ!と思っていたのでした。
入院中のさまざまな不安や問題を一緒に考えてくれたり、アドバイスをしてくれたり、看護してくれたりと自分に近いところに看護師が1人いると思うだけで精神的にも心強いと思います。

実際、私の主治看護師はTさんで、まだ若葉マークがついているかわいらしい彼女だったけれど、不安でいっぱいのがん患者にはまさに天使に見えるはずです。

婦人科病棟の一角には「ディルーム」があり、そこの1スペースが婦人科がん患者会『カトレアの森』の事務局になっています。患者会の方が隔週で詰めているので、気軽にお話をしたり交流できます。サポート体制がしっかりしていると実感。

その風景↓
08178
08176
↑・患者会のパンフ
   ・かつらの貸し出しをサポートしている会のパンフ
 ・リンパ浮腫に治療に関するパンフ
   ・子宮頸癌の病気と予防の話(小冊子)
   ・あなたの家に帰ろう(在宅介護・緩和ケア)(小冊子) など

08175
↑『卵巣がん治療ガイドライン』『子宮頸癌治療ガイドライン』『婦人科がんの標準的な治療』などが並びます。

08174
↑骨髄抑制の時にしばしば問題になる『好中球』の話がよくわかる小冊子。

私が、某病院で描いていたことがここになりました。

常に優しい手がさしのべられている、、そんな感じです。理想ですね―。 
ありがたいことです。感激いたしました。

こちらの患者会の発足は患者発信ではなく、医師発信だったと会の代表の方から聞き、大変驚いたとともに、全ての医師が患者目線でいてくれたら日本医療の未来はちょっとだけど明るいのに!(大げさw)と興奮したのでした。

.

※『カトレアの森』関係者様へ
勝手に掲載・リンク貼っちゃいました。もし、不都合であればご連絡くださいませ。よろしくお願いいたします。

******************

入院中にお見舞いに来てくれた、マイミクのさとちゃん、ありがとう!
さとちゃんから頂いた、ねこちゃんのハンドタオル♡
0818

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

採血フォロー

皆さまの暖かいお言葉やたくさんの応援、感謝しています。―― ありがとう。

副作用で苦しいとき、気持ちも落ち込んで辛いとき、いつも思い出していました。

頑張れるチカラをありがとう!

昨日(15日)、採血フォローということで婦人科外来に行ってきました。

3連休明けということもあり、採血室は長蛇の列・・・。

8時半過ぎたばかりなのに、100人越えΣ( ̄ロ ̄lll)

さて今日は、T先生でした。女医さんです^^

白血球値は良いとのこと。あとは、退院後の副作用のことや体調の変化などを訊かれました。

・吐き気と嘔吐が辛かった
・ご飯が食べれなかった
・体の置き場がなかった
・息苦しかった
・頭痛がした
・腫瘍部が痛い
・腸が炎症を起こしている感じがして下腹部が張っている・痛い
・ストーマから出血している
・水様便にはまだなっていないが若干ゆるい便が出ている

以上の事を話しました。
中でも腸の炎症とストーマの出血が不安だとT先生に告げると、採血のオーダーと腹部レントゲンのオーダーが追加され、またも並んで採血し、別棟の放射線部まで行って撮って来た。こっから、更に診察まで待つ待つ・・・。

ようやく呼ばれて、診察室へ。採血の結果、炎症はあるものの心配するほどでもなく写真も閉塞箇所やガスのたまりもなく心配要らないとのこと、次回(22日)の抗がん剤治療は変更無く行いますとT先生。

ストーマや肛門から大量に出血したらすぐ連絡くださいと言われ、診察終了。

.

抗がん剤投与から1週間経つと、体も楽になり普通の生活が送れるようになりました。

私の場合、トポテシン投与(午前11時くらいから)当日(夕方)に吐き気と嘔吐の副作用が来ました。水を飲んでも嘔吐、胃が空でも吐き気に襲われ、何も食べられなくなりました。カイトリル(吐き気止め)を打ってもらい、強い吐き気からは開放されましたが、胃を刺激すると(水や食べ物)嘔吐しました。

横になっていると良いのですが、身体を起こしたりといった動きをするとまた吐き気に襲われます。ベットの頭の方を高くしておくと水平に寝れいる時より楽でした。

結局、8日~11日まで1日1回~2回は嘔吐していました。退院日の朝ごはんも食べれなかったので、2時まで点滴をしてもらい何とか退院したのでした。吐き気止めは朝1回飲めばOKというカイトリルを5日分もいらいました。辛かったのは、朝、目が覚めたときにくる吐き気でした。薬を飲んでしまえば大丈夫なんですけど・・・。
今は、薬を飲まなくてもよくなりましたよ^^

昨晩、初めて副作用の「水様便」になりました。
それまでは、脱水症ぎみでなかなか出て来なくって、出てきても少量でヤギのう○ちみたいで、腸閉塞は怖いし、胆石も怖いしで、1日中梅太郎チェックをしていました。^^;
ゴルフボール大のう○ちが出たときは、感激やら驚くやらで(;´▽`A``
それなのに、今度は水鉄砲です。こちらも下痢止め(弱い)をもらっていたので、飲んだら改善しました。

話がそれますが――

ゴルフボール大のう○ちと水鉄砲のような水様便・・・。
れひさんを思い出して・・・・、つい彼女が生きていたら・・・「私もゴルフボール大のう○ちでたんだよ!びっくりだね。」笑) 「れひちゃんの水鉄砲と私の水鉄砲、どっちが威力がある?」笑)とか、いっぱいいっぱい笑い話をしたかったなぁ。。。。
ちょっとしんみりしちゃいました。

.

日を追う毎に体調も良くなってきています。こうやってキーボードを打てるのが嬉しかったりしています。抗がん剤の回数も増えれば、脱毛や骨髄抑制もあるそうですが、とりあえず今は元気です!がんばりますp(*^-^*)q

.

前記事riderさんから頂いた、『厄除けの鈴』をUPしました^^

| | コメント (34) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

間もなく始まります

間もなく始まります
おはようございます。寝不足じゃないんですが何故か眠いです。昨日から快適な入院生活を過ごしております(^O^)いいなぁ新しい病院&病室♪午前の回診も先程終わりました。ようやく主治医N先生と会えました。ちゃんとお願いできてよかったですf^_^;10時から点滴が始まります。副作用が軽くて済みますように・・・皆様からの応援はちゃんと届いています。頑張りますo(^-^)o

| | コメント (30) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

行ってきます!

それでは皆さま、行ってきま~~す(^o^)/

一昨年前に頂いた、すみちゃん手製の点滴台に下げる手作りバックが活躍いたします。
061208021
※写真は2006年のものです

そして、これまたすみちゃんに頂いた『伊勢山皇大神宮』のお守りとクランベリーさんに頂いた女性一生のお守り『粟嶋明神』のお守り。
061219031
※写真は2006年のものです。左端のお守りは、母からもらった「身代わりさん」

今年元日に、病気平癒を祈願しに行った『青麻神社』のお守りと指輪も仲間入り。^^
写真は後でUPしますね。※08.1.16UP↓
08112
08111

そして、riderさんからの『厄除けの鈴』も加わります。
riderさん、ありがとう(*^_^*)
こちらのお写真も後程UPいたしまする^^ ※08.1.16UP↓
08110

神様頼み!仏様頼み!皆さま頼み!お医者様頼み!w

拝み倒してがんばりますp(*^-^*)q

しばし、PCから離れます。パソコンを持ち込めばネットし放題という病室もあるんですが、べット差額がΣ( ̄ロ ̄lll)ハンパねーw
まぁ、ノートPCを持っていない私は論外なんですけどね。
パケ放題じゃないのでケータイからは厳しいんですが、
なんとか駆使して皆さまと繋がっていたいワタクシです。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

とにかく、行ってきま~す(^.^)/~~~ 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

膀胱鏡検査とマーカー値

年明け早々、1月4日に病院でした。

泌尿器科は、紹介状があっても新患扱いなので早朝受付をしなければ、とても婦人科の予約時間には間に合いそうもありません。なので、早起きを強いられます。朝はめちゃくちゃ苦手なワタクシはもうヘロヘロです。

採血室でマーカー用の採血を済ませ、泌尿器科へ!

問診などしつつ(これがまた病歴を書くのに一苦労w)待つこと1時間ほど。

エコー検査をするとのことで別室へ。女医さん担当(技術者さんかな?)エコー検査はおしっこが膀胱に入っていないと検査できないようなので、忍耐が必要ですw 左右の腎臓を診て、膀胱を診て終了。

続いて尿検査です。ようやく忍耐から開放されます^^
「数種の検査があるので出来るだけ(尿を)出してください」と看護師さん。紙コップには『細胞診』の文字。あらゆる角度から検査をしているんだと分かり安心感が増します。

ですが、出来るだけ出したら、紙コップから溢れ出します。爆)
150ccにしておきましたけど、それでもいっぱい。w( ̄▽ ̄;)w
たっぷんたっぷんいってますけど、いいんでしょうか?笑)

それから、程なくして診察室に呼ばれて、前回撮ったMRI画像を見ながら先生とお話。婦人科から回ってきたカルテにも目を通しているようです。

医師:「あなたがコレを?」(カルテに閉じてあるワタクシ自作の病歴・マーカー値推移グラフを指して)

私:「え? はぁ、、そうです(;´▽`A``」

医師:「何回手術されたんですか?」

私:「7回です・・・」

そのほか、排尿障害の辛かった日々のあれこれをお話して、もう一度エコー検査をされました。今度は、腫瘍の部分を念入りに診て貰いました。

次の検査は、『膀胱鏡検査』です。

膀胱鏡と聞いておののいていましたら、花ハナ(^-^)ノさんに大丈夫だよ。痛くないよ。と励ましていただきました。(花さん、ありがとう(*^_^*))

男性より、女性は尿道が短いので楽なようです。そして、あっという間に膀胱に到達しモニターを見ながら説明もしていただきました。

私が言うのも何なんですが^^;
わたしの膀胱の中はとってもキレイでしたよ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

最後に診察室に呼ばれて、結果を聞きました。

腫瘍の浸潤もないそうで、膀胱の中にも異常な物はないとお墨付きをいただきました。そして、婦人科の治療に専念してくださいと言われました。

感じの良い先生でよかったです。

.

不安な気持ちも吹っ飛び、婦人科へ。

担当は、前回に引き続きU先生でした^^

朝一で採ったマーカー値の結果がもう出ていたようで、プリントをいただきました。

なんとヽ(ヽ゚ロ゚))) マーカー値、下がっていました。驚愕です。

CA12511.3   CA19-919.1 ↓ 

U先生に、「マーカーが下がってるし治療しなくてもいいんじゃないんでしょうか?」と言ったところ、腫瘍があるので治療は必要ですと言われました。(;´▽`A`` (当たり前ですねぇ。。でも、腫瘍が育たないのならこのまま放置したい所ですが、そうも行かないようです)

「でもでも、もし良性だったら、治療しなくてもいいんじゃないですかねぇ・・」とか、しつこく聞いたところ、「前回の腹壁転移もあるので、良性腫瘍とは考えにくいですよ」と苦笑いのU先生。
また、マーカー値が下がっていても、がんの性質が変わったことも考えられるので、マーカー値をあまり重視しちゃダメみたいです。。う~~ん、確かに。

で、使う抗がん剤ですが、前回お話をしていただいた通り変更無く、『トポテシン』だそうです。

治療はPETの前にするか後にするか訊かれました。
マーカー値が下がっているし痛みはあるものの緊急性も無いように感じるし・・・悩みました。

どっちみち、治療はするので早い方が良いと考え、8日に抗がん剤をすることにしました。
なので、入院は7日から。様子をみて退院となりますが、予定では9日に退院となります。

と言うことで、明日から入院してきます。

新しい病院での入院、、ちょっとドキドキです。オイオイw( ̄▽ ̄;)w

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

2008年 あけましておめでとう

Nezumi38_thumb1   

| | コメント (26) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »