« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月26日 (木)

婦人科外来 セカオピ報告会と腫瘍測定

さて、いつも読んでいただきありがとうございます。

本日、またもやバタバタと病院へ。

今日は、セカオピの報告と貸し出してもらったCT画像を返しに、婦人科外来に行ってきました。

駐車場が空いているか心配だったのですが。ラッキー☆彡スムーズなスタートですv

ですが、婦人科は混んでいて、かなり待ちました。待合室でウトウト(-_-)zzz

ようやく、呼ばれて診察室へ。

「お手紙は?」と先生。。

私:「へ?貰ってきていませんけど・・。メールじゃないんですか?」

CT画像の袋の中も探しましたがありません。┐(-。ー;)┌

先生:「じゃぁ、いいです。きっと郵送されてくるでしょう。先日電話で話もしたので。」

Σ( ̄ロ ̄lll) で、電話で話してんだぁ~!

ん、ん、ん・・ 気を取り直して・・・

私:「あーそうですか、では話が早いですね。あちらの先生は、放射線については消極的な意見でしたが・・・。効かない場合はすぐにでも手術できるように準備しておいたほうがいい。というお話でした。」チラッ←先生を覗き込む私w

その間、先生はずーーっと私のカルテを見ています。(そこには何も書いてないぞ!考え中。。。。。かな?)

先生:「週1回様子を見るという事ですので、見ますからそこへ寝てください。」

診察台に寝て、エコーです。予想外の展開です。汗)←ソフトバンクのCM風に。笑)

てっきり、外科で観察(前回のエコー画像も外科にあるので)だと思っていたので、まさか婦人科でエコーするとは!w( ̄▽ ̄;)w

エコーの結果:腫瘍大きさ 横幅2.9cm×縦3.7cm 

ほ、ほんとうか!!本当だったら、若干小さくなってるぅぅぅ。。

オレンジ脳内 → ・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・

いやいや、まてまて、誤差があるはず。う~~ん、外科でも、もう一回測ってもらいたい!

それにしても、大きくなっていないようなので、一安心(*^_^*)←かなり単純。笑)

ただ、痛みは別で・・・(T_T)

ロキソニンが効かなくなってきたことを話すと、「麻薬を出します。」と先生。

私:「あっ、はい。」

~~本日の婦人科外来終了。~~

Dvc00018_1 ちなみに、麻薬の処方箋は赤い紙です。持ち出し禁止だそうで、、、院内処方です。

痛くなくとも、朝8時に飲んで、夜8時にも飲む。1日2回飲み続けるそうです。

←『オキシコンチン』という名の「麻薬」

.

次回は1週間後だそうです。その時またエコーで腫瘍測定するそうです。

順調!順調!

『腫瘍測定』があると安心するね!

皆さまのお陰です。。・゜・(感´Д`激)・゜・。

ガン撃退の”呪いの言葉”や拝み倒しの”拝みの衆”などなど。。。

ありがとうございます。この調子でがんばります(*^_^*)

さて、放射線治療は今日で5回目

明日治療すると、お・や・す・みわ~いヽ(^o^)丿

放射線の副作用はあまり感じませんが、しいて言えば、『お疲れモード延長中』という感じでしょうか。。

今日は、週1回の放射線治療の会計日です。

初回はお高かったようです。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ  

諭吉さんがぁ~~(ToT)/~~~戻ってきて~~。

さ、さ、気を取り直して(何回取り直すんじゃい!笑)

帰宅し、お昼寝。(^¬^)ジュル

貰ってきた、お薬を確認すると

Dvc00017 ←こんな紙が、一緒に入ってました。

抜け殻”・・・・・って。。(⌒□⌒;)

おちゃめだね。^m^

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

放射線診察とセカンドオピニオン

昨日24日。放射線治療をバタバタと午前10時に済ませました。

火曜日は、Tちゃんセンセの診察もある日なので、それもチャッチャと済ませました。

診察台に寝てというので、ゴロンと横になり例のブツを見せました。

Tちゃんセンセは、患部を押します。”触診”というヤツですが・・・

「ここは?」「ここは痛い?」などと言いながら、Tちゃんセンセは、患部を押します。ポーカーフェイスです。こ、こわい(⌒□⌒;)

患部は、タダでさえ痛いので押されると寝ていた子を(-_-)zzz起こすようで、痛みが倍増するのです。(。・゚・(ノ∀`)・゚・。 え~~~ん!いだいよ~。。やめてくれ~)

Tちゃんセンセは、□(四角)にマジックで描いたことを私に説明しました。

「腫瘍が四角っぽいので、照射を□にしましたから」・・・・・ほう~~~。またもや事後報告かい!(^_^;)

そそくさと診察を終えて帰りました。

Dvc000121 ←これがにっくきブツ(赤い線で囲んである所)CT画像です。

.

**************

さて、自宅に帰りちょっと早いお昼ご飯を食べて、コーヒーなど飲みつつ、一休み。( ^^) _U~~

セカンド担当先生に聞くことなどを確認して、一路某大学病院へ

窓口で、先にFAXで申し込んでおいた、申込用紙の原紙を提示し、待つこと数分。会計をしてほしいとのことで、勝手知ったる会計機へ。その横に”カードOK”とか”銀行自動引き落とし”とかあって、おおお!以前お世話になっていたときより進んどる!(きゃんべる。さんちで話題になっていた”ポイント”が脳裏をかすめました。笑)

諭吉さんがヒラヒラと3枚飛んで逝かれました。(T_T)

元を取らねば!!いざ!いざ!い~ざ~~!!

大学病院の婦人科は、初めてです。ドキドキ。。

産科と婦人科は分かれていました。良いことだ!!

うちの病院もそうすべき!!

婦人科に入ると、待合の奥に小部屋がずら~っと並んでいます!

1室、畳一枚あるでしょうか?私たちが入ったのは13番のお部屋です。(ちょと13番て不吉・・・^^;

すべてお話だけを聞く部屋です。せ、せまい!息苦しいです。ハァハァ。

*************

予約時間15:30から始まりました。担当はN医師です。(婦人科悪性腫瘍・臨床細胞診指導医)など肩書きがおありのお医者様のようです。

お話は、先の申込み時に一緒に送った別紙3枚(私の病歴と経過:参考資料)←私の病歴はこのブログにも載せています。今回のものは、バージョンアップしております。発生月日や詳細、係わった医者の実名もすべてこまごまと載せてあるものです。

私がFAXしたその資料を見ながら、セカオピは始まりました。

N医師もそれを見る。私も持参のそれをみる。 ん~~~ん。変な光景。

今までの経緯、その時の対処方法が良かったかどうかなど・・まるで、私の病歴の答え合わせ(検証?)しているみたい。。(;´▽`A``

その間、N医師は何度 『はぁ~、大変でしたねぇ。』 を言った事でしょう。

2002年の初発から始まり現在に至るまで・・・

んで、ようやく持参したうちの主治医のお手紙拝見でした。←今頃かよ!笑)

その時の私は、ドキドキどころか実にフレンドリーな話しっぷりに変更。

N医師と同年代っぽいこともあり、良い先生ぽかったので、敬語使うのも疲れてきちゃいました。

かしこまってしゃべってられっかい!!(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

その後の話はというと・・・・

1.一般的な標準治療のはなし。

セカンドラインなど。私に有効な抗がん剤のはなし。

2.一般的な放射線の有効性のはなし。

私の場合、放射線治療は有効か否か。

3.手術の有効性について。

すべて、いままでの私の病歴、治療歴を見ながらお話しました。

1時間半以上お話しました。(相談45分+返書作成15分の規定より多くお話しました)

メモする予定でしたが、そんなヒマはなかったです。いっぱいいっぱい。(^_^;)

・・・・・N医師語録・・・・・

* こんなに再発している人はめずらしいです。この状態で済んでいるとは・・・

再発というと手を尽くせないケースが多いらしいです。それと比べての発言のようです。(う~ん、そう言われれば確かにその通り)

* 骨盤内をぽこぽこと単体(局所に留まっている)で発症している。

取ることが出来て、取る事で根治が見込めるので、ガンの発症例としてはラッキーである。(N医師は、他のがん症例と比べたがります)

* 前回、前々回の再発も膣断端ということ、今回も術創部ということで、オレンジさんのガンは傷口にできやすいガンのようだ。(私、激しくうなずき、うんうん。(´・ω・`) )

****

今回の治療について、N医師だったら、どのような治療をしますか?と訊きました。

N医師曰く、オレンジさんの病歴と過去の治療結果から考えて、まず、『手術』を勧めるとのこと。「局限してるし取れるガンだし」それに「元気良さそうだし」だと。(⌒□⌒;)

N医師的には前回の膣内放射線治療は無効であったと判断したので、今回の放射線治療も有効性は微妙だとの見解。

そして、抗がん剤についても、前回の抗がん剤(DJ治療)終了から1年8ヶ月経っている事も頭に入れて考えると、術後の根治目的の抗がん剤(TJ若しくはDJ治療かそれ系)は、有効であると考えるとの話。また、エトポシの経口投与での休眠治療なども場合によっては有りとのこと。

結局の所、抗がん剤については、術後の細胞診次第であり、身体にガン細胞の残存が否定されれば、術後の追加治療はしないとの見解のようです。

『いずこの婦人科の先生方も、がんは根こそぎ取るが第一!!』

なので、うちの主治医の言ってることは、間違ってはいませんでした。

ただ、残念に思ったのが、「もう少しコミュニケーションとろうよ!先生!」この言葉に尽きます。

そして、外科的手術のリスクや筋皮弁移植のリスクなどの専門分野の話はセカンドオピニオンでは無理でした。専門外という事でしょう。

『ガンが手術で取れるのなら、腫瘍のまわりも大きくゴソッと取って、疑わしい所はすべて取り除く。』という婦人科悪性腫瘍専門らしいお話でした。

後の患者のQOLは知ったこっちゃ無い。ガンは取れたし、命は取り留めたんだから。。という事でしょうか。

◇まとめ◇

今回の放射線治療で”運よく”ガンが小さくなればラッキー。

週一回のエコーにて腫瘍の大きさを確認し、変化無しまたは、縮小の時は放射線続行。そうでない場合は、直ちに手術できる環境を整える(手術の予約を入れておくとか準備しておいたほうが良い)ことを勧められました。

確かに、放射線治療中にブツがデカくなったら当初の手術計画よりかなりきびしい手術になるわけだから・・・。

今回、セカオピしたことで、自分の治療方針には間違いはなかったんだと自信がつきました。そして、主治医、外科センセ。アンタらの言ってることも間違っていなかった。それが証明できてよかった。 

わたしは、この病院でも十分やっていける。そんな自信さえ出てきました。

あとは、放射線が効いてくれることを祈るのみ! 神頼みだ!!

(-人-;)(-人-;)(-人-;)(-人-;)(-人-;)(-人-;)(-人-;)

さ、さ、、みなさまもご唱和くだされ。(-人-;)

******

明日は午前中に、貸し出ししてもらっていたCT画像を持って、婦人科へ。

返書も大学病院のN医師から主治医宛にメール着いているだろうし・・・

セカオピの報告会と今後の治療について話し合ってきます。
あと、午後から放射線です。毎日、毎晩拝み倒しております。(-人-;)

※こげなまとまりのない長文を読んでくださりありがとうございます。感謝です。m(__)m

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

放射線治療 2回目

放射線治療 2回目。

『治療スケジュール』A4サイズの用紙を1回目の時に渡されました。

その時、顔写真も撮りました。ニコ(^^)っと笑ったほうがいいのかな?などと思いつつ普通に撮影。う~ん、つまらん。。(´・ω・`)

私の治療時間は13:30~5分くらい。月曜日から金曜日までです。

週一回診察があります。私の場合は、一応火曜日が診察日になっています。

病院に行くと、まず診察券で受付しますが、放射線科で通院組の私は、フリーパスです。

治療後、カルテは会計に出しますが、会計はありません。

週1回木曜日にまとめて会計をするシステムです。(曜日は自分で選択できます)

今日も、自分で運転して行って来ました。午後からだと駐車場も空いています。

朝から雨が降っていて、ちょっと憂鬱。。。

天気に左右される私の身体。。(;-_-)=3 フゥ~

放射線科のスタッフは、放射線治療医のTちゃん先生(女医さん♪)と放射線治療技師30代~40代男性2名(年齢は微妙・・・。どういう人なのかイマイチまだ分かりません(^^ゞ)看護師3名(ベテランWさんと中堅さん、新人さん(?)。Wさんは話をよく聞いてくれるし、話しやすくていい感じで~すv)

放射線治療は、CT検査とは違うので病衣の貸し出しがありません。

上半身は、肌着(私は照射がお腹なのでブラOKです)1枚になってくださいと言われます。下半身は、ジーパンでもいいようです。靴下もOKです♪

金属とかは、治療には関係ないみたいです。←ずーっと勘違いしたままでいたんですね。ワタシ。(^^ゞ

さて、前回マジックでハラに描かれたものはこんな感じのものです。

4062845411 ←□をマジックで描きます。

んで、□めいいっぱいに○を描きます。

そして○の中に十字を描きます。

それは、まさに、『標的!!』 Σ( ̄ロ ̄lll)

風呂上りに鏡でチェックすると、笑えます。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

さらに、『標的』の延長線上に『梅太郎君』が鎮座していますので、その絵面は『ハラ芸・お祭り』そのものです。+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゜

そうそう、”鏡チャック”は、叶姉妹がやりそうな”うっとり♡ボディチェック”じゃないですからねーー!笑) あくまで、梅太郎君チャックですからw

※追記:”鏡チェック”で~すw 間違えちゃったvハジカシ(*/□\*)

話が、おもいっきり逸れましたが、、(^^ゞ

治療時間13:30より早くに到着。空いていましたので、早く呼ばれました。

前回撮影した、私の顔写真はシールになっていて、看護師さん確認後私のカルテの右上にペタっと貼られました。(やっぱり少し微笑んだほうが良かったと反省。。指名手配の犯人のよう・・・(T_T)

看護師Wさん「今日の調子はどう?」

ワタシ「2です」(放射線初日のフェーススケールを参照くだされ。)

看護師Wさん「痛みは?」

ワタシ「ロキソニンを飲んできたので落ち着いています」

その後、ブラ着用していてもいいかを確認しました。治療には差し支えないとのことで、ヤッターヽ(^o^)丿。前回「肌着一枚になって。」って言われたので、ジーパンはいてるのになんで上は脱げというの?と思ったのでした。(その時はそういいながらも脱いじゃって、脱ぎ損(笑)だった。なので、今回は楽だしグー!!

看護師さんは、忙しいのか身支度のお手伝いには入ってくれないので、いつも技師さん(男性2名)が手伝おうとします。(患者さん皆さんにしてると思われます)仕方がないんだけど、出来たら最小限の手伝いにしてほしい。(前回は自分も初めての体験だったので身支度にアタフタして、大部分お手伝いしてもらうハメになったんだけど。(x_x) (内容は書きません。いやらしくなっちゃうからね。)

今日は「アンタらの手伝いは、いらね~ぜ!( ̄口 ̄)」オーラを出しまくりました。笑)

ヤッタ~~!自分で出来ました♪ 技師さんのお手伝いは最小限に留まりました。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

明日も自分で身支度しま~す(*^_^*) 慣れましたので、早い早い!うふふ♪

副作用は、まだ感じませんよ~。

そうそう、明日は待ちに待った『セカオピ』です!既に、紹介状(?)とCT画像は手元にあります。お手紙の中身が非常に気になる所です。^^; わたくし、姑息な手で灯にかざして見ましたが見えませんでした。笑)

明日は午前中に、放射線治療です。(予約変更してきました。)

午前に放射線治療で午後から『セカオピ』ですので、ちょっとバタバタしそうですが、夫運転で行ってきま~す(^o^)/

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

銀山温泉から定義山から

治療も土日は、お休み。

ちょっと風は強いし、冷たいけど。。

天気も良いし、いざドライブ!GO!GO(^o^)/

今日は、山形県の「おしん」で有名な銀山温泉へ行きました。

I_ac_map11 ←マップはこちら。

国道347号線を走り、宮城県加美町をかかり銀山温泉に向かいました。

Img_033615 Img_033815

Img_034015

途中の車中から見える風景です。もう、すっかり秋です。

しみじみ ( ^^) _U~~ うんうん。。

途中、お腹がすいたので「だんごや」というお蕎麦やさんに寄り、お昼で~す。

Dvc00008

「だんごや」というのに、ダンゴは売っていません。

(;☉д⊙) へ?な、お蕎麦やさんです(;´▽`A``

新そばです!「板そば」をいただきました。

おいしゅうございました。

* * * *

Img_034115 『銀山温泉』到着で~す(*^_^*)

さすが、銀山温泉。。ジジババ・・いえいえ、老若男女が集う温泉街です。けっこうな賑わいです。

わたしも、ちょっとだけ写ってみました。・・笑)

モザイク処理わからず、サングラスを描いてみました。(⌒□⌒;)

寒かったです(((゜д゜;)))  風邪をひいては大変!と、そそくさと撤収。

* * * *

尾花沢をまわり国道13号線へ。

『道の駅 むらやま』に寄って、トイレターイム!

お決まりのお土産も物色しつつ、、

Dvc00007_5 ←スイカの漬物です!つい買ってしまいました。笑)

山形の尾花沢はスイカの産地でちょっと有名です。

家に帰ってからの楽しみができて、

ご満悦です(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

お味は、やっぱりスイカでしょうか?ふっふっふ。(*≧m≦*)

* * * * 

国道13号線から48号線に乗り、ひた走って、宮城は三角油揚げで地元ではちょっと知れている「定義山」(定義如来西方寺)に寄りました。

Sanmon1  ←定義山の表参道側です。

ここはなーに?と思われた方は、是非ググって下さいねv

不親切でスイマセン。汗)

Age1←有名な三角油揚げです。

どうして?油揚げ?と疑問に思った方はググって下さいまし。(^^ゞ(お写真は借り物です。)

毎度、思うのは、自分の食い意地が張っているコトです。

なして、写真撮るのを忘れて食っちゃうかなぁ~。。自分。。orz

揚げたてを七味とうがらしとお醤油をかけていただきます。

これまた、おいしゅうございました。(-人-;)

自ら、定義山をググリましたら・・・

Jodokun1 ←これを見つけました。笑)

『浄土くん』というなんとも”ありがたい名前”のこの子には、会わずに帰って来てしまいました。残念。。

以前、深夜の某番組で大泉洋さんがお遍路をしたときに度々一緒に写っていたのはこの子だったのではなかったでしょうか?

違ったかなぁぁ。。。笑) 似ていますねぇw

名前は違うかもしれないけど各地のお寺さんで、

皆さんを待ってるようですw ありがたや~~。。(-人-;)

『七福神おみくじ』を引きました。七福神が入っているのでしょうか?

『小吉』でした。とっても微妙。。

そして、弁財天さまが・・・入ってました。これはHAPPY!ヽ(^o^)丿わーい!

帰り道は、ちょっと渋滞・・・・。行楽シーズンですね。

車の揺れって心地良いですよね。ついつい寝ちゃいました。σ(^◇^;) 

楽しい1日でした

これで、来週もがんばれますv 夫よ、ありがと(*^_^*)

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

放射線 初日

今日から、治療のはずなのに・・・。

看護師さんが、間違えて私に伝えていました。つД`)

なので、病院行ってびっくり。(@_@)

治療計画は、私よりも若いと思われる女医さんTちゃんセンセです。

一通りの説明(副作用とかね)と20回照射後の評価の日時(11/17)など、、

「そこに寝てください」と言われて、はて?

マーキングです。マジックでテンテン。これは、例のヤツねvってな感じでした。

そして、「造影剤入りのCT検査しますから。」Tちゃんセンセ。

聞いてませんよーー! ・・・ヾ(=^‥^=)ノ 初耳です。

看護師、間違えたな。( ̄□ ̄;)!!

なので、放射線照射は明日20日からです!んもうっ。ハジカシイ

今日は、造影剤入りのCT検査をして、照射する範囲を特定しました。

腫瘍を中心にして横直径11センチ。縦直径9.5センチのちょっと楕円形。

マジックで更に書き足し、その上に白い細いテープを貼りました。

こすらないで、取らないで、自分で書き足さないでと念押しされました。(^_^;)

調度、両手の指で輪を作った感じです。前回の話し合いの時より大きいです。

確かに育っていますしね。(^_^;)

「大きいんですね」とTちゃんセンセに聞くと、

「筋層にがん細胞が浸潤しているから大きく照射範囲を取ったほうがいい」とのこと。

「へ?」

私は、3cm×約4センチの腫瘍がコロっと筋層にあるんだと思っていたのでした。

ところが今日の話では、『筋層に浸潤』ショックでした。

放っておくとがん細胞が身体中の筋肉全部に回るって事です。ガクブル(((゜д゜;)))

主治医も外科センセもなーんも言わないし・・・ _| ̄|○ il||li

私が、ショックを受けると思って、『小出し』にしているのでしょうか?

まぁ、外科センセは告知する立場にないし(主管が婦人科だし)、主治医が言わんのに言えないというか。。たぶん。そうなんでしょうけどね。

そんな訳で、明日午後から放射線通いです。頑張ります!

200610191 ←パンフレットと

200610193 ←ニコニコマークの顔(フェーススケール)をもらいました。

フェーススケールは毎回治療前に自己申告するそうです。

さしずめ、今日のわたしは、4番目ですかね・・・(^_^;)

*****

帰りに外科外来に寄って行くように言われました。

聞くと、11時半の予約になっていました。Σ(゚Д゚) 聞いてませんよ!

んで、待った待った、11時半の予約が13時です。ヤレヤレ。

見れば、外科センセも疲れている様子。

放射線科でしてきたことを報告して、Tちゃんセンセに言われたことを話しました。

「浸潤って言われました。わたし、かなり大変な状態だね」って聞くと、外科センセがすまなそうな顔をしてうなずくので、何だか私のほうが申し訳なくなり・・・。

先生、私大丈夫よ!と逆に先生を慰めちゃった。。σ(^◇^;)

「とにかく、放射線が効いてくれてちっこくなれば、すぐ取ってやるから!放射線がんばって。」って・・・。

センセありがとう(*^_^*)

セカンドオピニオンのこと、婦人科主治医に変更の報告もしたことも話しました。

外科センセに専門外と言いながらも何かと助けていただきありがとうございますとお礼をいった。

なんだか、おだやかだった。(*^_^*)

次回の外科外来は、11月20日。評価の日です。

******

婦人科に顔を出したら、セカオピ用の書類一式が出来ているようだった。ついでに安定剤(ソラナックス)と眠剤(マイスリー)を処方してくれるようにお願いした。

処方箋はOKだったけど、セカオピの書類(セカオピ外来から渡された用紙)は白紙のまま。

それとは別に紹介状のような主治医がしたためたと思われる、セカオピ先生宛の封書が一通。←ノリでしっかり封がしてあって読めない。私に読まれちゃまずいものでも書いたんかい!と余計なかんぐり。。

婦人科の看護師にこの用紙は先生に記入してもらうようにと先方から言われたと話し、明日また来るので、とお願いして帰って来ました。

ちゃんと読んでよねぇ。それとも私が間違えた?^^;

家に着いたのは3時。お腹痛いです。。がんばれ自分!

造影剤でもわーっとする中、気をそらす為に考えたのは、皆さんのお名前やエピソードでした。

・・・みなさん、ありがとうございます。

私に勇気をありがとう。感謝しています。

前の日記に応援コメントしてくださった皆さま。。すみません。(;´▽`A``

せっかく応援いただいたのに、、がん細胞撃退の”呪いのお言葉”まで頂いたのに・・・つД`)

明日こそ頑張ります!!

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

放射線治療とセカンドオピニオン

16日に思い切って、セカンドオピニオンの手続きをしました。

私が住んでいる宮城県には、『セカンドオピニオン外来』を行っている病院は、たったの3つ。(婦人科で検索)

●●大学付属病院、県立●んセンター、国立●療センター。

地元の人にはすぐ分かる。伏字にする必要もないんだけど(^^ゞ一応ね。。

あとで、私が某病院の感想をボロクソ言うかも知んないしw

数日、病院をググっては、悩み、、セカオピが果たして私に必要なのかを家族会議などしたりして・・・。最終的には、あなたはどうしたいの?みかん?でした。

どうゆうモンかちょっと興味もあるし、後々後悔せずに済むんなら・・・。

ってゆうわけで、セカンドオピニオンをすることにしました。(*^_^*)

電話で予約したのは、某大学病院です。一番、無難かな?

前回、膣内放射線でお世話になった事もあり、場所的にも便利でいいですし。

主治医に了解を得ずにチャッチャと申し込みました。

某大学病院のHPからセカンドオピニオンの申込用紙をダウンロードして記入し、FAXしました。折り返し、事務局から予約日の連絡があり24日午後と決まりました。

(某大学病院の料金は超強気!です。他病院の平均セカオピ料金の2、3倍です(T_T)

予約日が決まれば、今度は、主治医にあって、紹介状や血液検査、超音波検査、CT検査のフィルムなどの貸し出しをお願いしに行かねばなりません。

翌17日に、病院へ。かなりドキドキして・・・シュミレーションなどもしたりして・・(^_^;)

まぁ、とりあえず前回『放射線を術前にしてから手術する』に治療方針を変えたことを報告してませんでしたので、直接報告!という流れで、、

実は、セカオピしたいんですけど、用紙も頂いてきたので書いてください・・と主治医に切り出そうと思っていたのですが・・・。

↑小心者です。。なんとかおだやかに上手く言えないものかと、前夜はモンモンと考えました。orz

結果は、『拍子抜け』(;´▽`A`` あっさり、承諾。。

「今週中に書いておきますから、19日、20日放射線に来たときに、出来たかどうか外来に声を掛けてください」と、主治医。軽すぎ、、、ちょっと寂しい気さえする。(T_T)

イヤな顔されなくて、良かったけどねv わたしのドキドキ、もんもん返してよ~っ。(⌒□⌒;)

帰り道、ふっとこんな↓考えが浮かびました。

もしかしたら先生も手詰まりでどうしたら良いのか悩んでいて、私のセカオピ発言に乗っかっちゃって、更には、大学病院の先生の意見も聞けて良かった、良かった、一安心。・・・とか??

なんてたって、先生がいた大学だしねv(うろ覚えだけど(^^ゞ) ←意味不明。笑)

24日、大学からの返書をもって主治医のところに帰って来ます。

どんな結果が待ってるかちょっと怖いけど、、きっと良いほうに転がるに違いない!!

お腹痛くてしんどいけど、、、ピンポン玉の半分くらいポコンって腫瘍が出っ張ってきたけど、気合入れて行きますよぉ(^o^)/

明日19日は、午前中(朝早くて苦手です。泣) 待ちに待った、放射線外来です。

ようやく、がん細胞の分裂を止ることが出来ると思うと嬉しい悲鳴ですv

放射線科の看護師さん曰く「疲れないようにして来てくださいね」だそうです。

なので、今晩はちょっと早く休みます。おやすみなさい。

そして、明日は元気にいってきま~す(^.^)/~~~

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

細胞診の結果と今後の治療

今日12日は、外科外来でした。

前回した『細胞診の結果』と『手術の説明』を訊きに夫と行きました。

11時の予約でした。いつもだとかなり待つのですが、今日は「早っ!」でした。(^^)

病名は『腹壁転移』でした。卵巣がんつながりです。『転移』ですから当たり前ですが(^_^;)

細胞診の結果は、『粘液性腺癌』の中に『漿液性腺癌』があるとのことで、

2種類のがん細胞が混在しているようです。なんだかな~、、(;-_-)=3 フゥ~

腫瘍は、術創に沿ってヘソしたから縦に約4センチ、横幅3センチで、筋組織内にあります。

手術の方向で夫を交え話が始まりました。

ところが、前回とちょっと話が違うようです。あれっ?と思ったのが、人工腹膜(メッシュ)の話です。

前回の話では、腹膜の縫合は50パーセントできる。(明言はしていませんでしたが、私はそう理解しました。)成形外科でもそうのように言われました。

でも、実際に開腹してみないと分からない。腹膜縫合出来ないときには人工腹膜を使うという、そんな話でだったはずです。

(その話の中で、メッシュは拒否反応や感染症のリスクがあるからあまり使いたくないということでした。)

ところが、今日の話ではメッシュ使用が避けられないといった内容でした。

私が、「もし、10人がメッシュを使用した場合、不具合を起こす人は何人?」←外科センセにはお友達言葉です♪

と訊ねたら、外科センセ、返答に困って苦笑い。

メッシュは一生身体に入れて置くそうで、感染すると膿みを出したりと結構厄介なようです。

夫と2人でどうしたもんか・・・・と考え込んでいました。う~~~ん(´・ω・`)

そしたら、センセが前回婦人科で出した治療案の『放射線も手術と同等の奏功がある』を持ち出してきました。

前回外科センセが回腸にも照射があるので避けたいと言ったアレです。

センセ曰く、放射線で腫瘍を小さくすることが出来れば、手術で腹膜を大きく取ることもなく結果、縫合できるし人工物を入れなくても済むとのこと。

『なんだよ~。。言ってること違うじゃん。センセ、あれからいろいろ考えたのかなぁぁ』←オレンジ心の叫び

そうと決まれば、すぐ! 放射線科に紹介されました。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!

ありがたいです。センセも連れ立って放射線科に行きこれまでの経過を話して頂き、その場で話し合いました。放射線の回腸照射(潰瘍)のリスクと人工腹膜の感染症などの不具合のリスクを比べてみて、まず、放射線治療をすることに決めました。

本当は、婦人科の主治医にこのくらい親身になってほしかったなぁ。。

外科先生ありがとう(*^_^*)

19日に放射線の治療計画を立てて、順調に行けばその日に第1回目の治療になります。

20回から25回の外部照射10分くらい(10分は治療時間で照射時間ではないと思います。たぶん(^_^;))を毎日するそうです。(まだ、本計画を立ててませんので仮の話です)

その後、評価をして追加照射か手術かになると思われます。

なので、25日の手術はキャンセルですかね。。

なんだか、”落しどころ”がしっくりいった感じです。

夫は、今回”匙を投げてしまった”形になった婦人科主治医にかなりご立腹。。

主治医を擁護するわけじゃないけど、先生、言葉足りなさすぎ・・・

前回の手術(人工肛門になるきっかけの腫瘍摘出手術)が先生との間に深い溝をつくった感じがするし、先生もそれを引きずっているんだろうか・・・。

それは、そうと、なんかいい感じにコトが進んで行ってるように思いますv

昨晩、京都のかわいい妹(^^)と横浜のこれまたかわいいSちゃん(^^)より頂いたありがた~い『お守り』を拝み倒して、更にはお腹に当てたりして、終いには枕に忍ばせて念じながら眠りにつきました。そして、それを持って病院に行ったのでした。(^^)

手術モード全開だったのに。。この展開。。

『お守り』のご利益に違いない!!!!+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゜

いいぞ~!いいぞ~!その調子!(っ`・ω・´)っフレーフレー!!! 

このまま上手く行きますように(-人-;)

今日は、何だかぐっすり眠れそうです。

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

CT検査結果発表。

再発でした。

CT検査の結果は、腫瘍が見つかりました。

文章では伝わりにくいので、かわいく図解してみました。笑)

Dvc000062_3

←部位は、ここです。

断面で見るとこんな感じです。

Dvc00004_4 意外なところに腫瘍です。

初発、卵巣破裂でガン細胞を腹膜内まき散らし、更には、腹膜潘種。

それの成れの果てでしょうか?

ネットで検索していて、似たような腫瘍をみつけました。こちら

内容、ガンの性質などの専門的なことは分かりませんが、場所的には一致。

サイトの『3. 悪性軟部腫瘍の種類と解説』項目あたりを見て頂くといいかも。

ぴったり? なんか、たぶんこれっぽい。

**********

8月下旬から気になっていた、術創部下のしこりでした。

当時、しこりのことを医師に訴えましたが、マーカーに異常も見られないため、単なる創部の炎症(吸収糸に多いらしい)ではないかとの見解でした。 

 9月の婦人科外来では、マーカーの上昇としこりの関連性ナシと診ていたようで、局限しないがん細胞の治療として(がん細胞の増殖を抑える治療法の提案でした)、長期での経口抗がん剤を進めたようです。

 ですが、今回のCT検査の結果では、まさしく私が8月の段階で指摘していた所に腫瘍が3cmの大きさでありました。

 昨日、婦人科から外科に紹介され、外科から形成外科に紹介され、外科にもどり、婦人科に差し戻されて、時計は午後4時半。

【内容】

CA125 4から8へ、8から12、12から20と上昇中。現在20 

腹膜から上腹筋層、脂肪層、皮膚層にまたがり3cmの腫瘍あり。炎症あり、痛みあり。

針生検(細胞・組織検査)を外科外来にて行いました。結果は今月12日です)

触診、エコー診ともにしこりを確認できます

※婦人科主治医の意見

摘出したい。 

放射線も手術と同じ成果をあげると思われるが・・・

手術をして、その結果、摘出したなかにすっぽり収まっていたら根治治療ナシ。摘出した組織ギリギリのところにまでがん細胞がいた場合は、放射線と抗がん剤の併用治療もあり。

手術を勧めたいが、オレンジさん次第・・・

※外科担当医の見解 

主管は婦人科なのでなんともいえない。

(確かに先生は、消化器系です。前回の大腸の手術つながりです) 

婦人科が取ってほしいといえば取るし・・・

ただ、取れるが、腹筋のほとんどをとるので他から筋肉を移植するとのこと。すごい話だ。

それと、腹膜が縫い合わされなかった場合、(腸の癒着を防ぐ為に必要)人工物を入れるざるを得ない、その際人工物ゆえに化膿しやすいリスクがあるなどの話。 

腹筋は、よそからの借り物なので、くっつかないかもしれない(腐ったり、炎症をおこしたり・・)

また、穴ぼこを埋めるための筋肉だから、腹筋そのものの機能がないこと。

要はハラに力が入らないから起き上がれない立てない踏ん張れないということか? 

脇腹を切開して腹筋は3枚構造らしいので、そこから1枚貰うらしい。足りないときは、太ももから・・・ まさか、こんな話を聞くとは思わなんだ。

この一連の移植は、専門の形成外科が担当するらしい。外科センセは腫瘍を取るだけ。 

手術が6回目になるし私の体は大丈夫か?と話したが、返答なし。。仕方ないってこと?もっと言えば、今年だけで3回目になるんだよ!

放射線のことを訊いたが、こちらのドクターは、放射線は回腸まで照射するのであまり勧めたくないようだ。

(回腸に照射されると後々いろいろあるんだそうだ。確かに、私が人工肛門になったのは運悪く大腸の縫合部が膣腔内放射線の影響で硬くなっていて縫合不全だった) 

その話を聞くとやはり選択肢は無いに等しい。

ついでなので、抗がん剤の話も振ってみた。

婦人科系のガンは専門分野ではないので分からないとのこと。

手術の予約は既に入れてあり今月の25日だ。

キャンセルはいつでもできるからとりあえず予約という。・・・

かなり、独りで煮詰まっていたが、もう一回主治医とよく話し合ってと、婦人科外来に差し戻され、話をしたが、結局主治医も手術ありきだった。

答えはでないまま終わった。

とりあえず12日がお返事日だなぁ。。

手術をするとして順調にいけば、11日間の入院。

はっきりって、先のことは分からない。前回も縫合不全と腹膜炎と人工肛門造設と尿路感染の高熱に連日うなされていた。

交流会の無期延期のお願いと私の再発話をソーシャルワーカーさんにした。無念だ。

もう、日も暮れ時計は午後5時を回っていました。1日中一人で病院にいたんです。疲れました。

仕事から疲れて帰ってきた夫に告知。

私:「再発した」

夫:「・・・・。」絶句

泣けました。

| | コメント (32) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

そこで一句。

Dvc000012 先日、出先で急にもようしまして・・・。(^^ゞ

コンビニに入りました。

交通量の多い道路に面したコンビニです。近くに学校もあるようです。

夕方でしたので、高校生などのミニスカートのおねいちゃんたちもキャピキャピと、たむろっております。

髪をバッチリ決めた、メンズ化粧品屋の回し者のような、にいちゃんたちもチラホラ・・・

大体、コンビニのトイレって雑誌コーナーの奥あたりにありますね。

ちょっと入りづらかったけれど頻尿の尿意には勝てず・・・orz

やはり、ちょっと凹ンだ出来事がありました。

そこで一句。

『 音姫の 音より長い 我がしっこ 無情に響く 夕暮れのコンビニ 』 字余り (ToT)

お粗末。

★お写真は、以前Hosoちゃんから戴いたお花です。アルバムの整理をしていましたら、目にとまりました。気持ちがほんわかしましたのでUPしますね。

今回の出来事を癒してくれそうです。(*^_^*)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

車屋さんめぐり

天気が良かったんで、お出かけしました。

『ムチウチ&腰痛の姉』も『なんちゃって病人の私』の体調も、低気圧の影響を受けることもなく、良いようでしたので、2人して出かけてきました。

そろそろ、事故で大破してしまった車の変わりを決めなくちゃならない。

姉は、まだまだ運転できる訳では無いけれど、私もいつどうなるか分からない・・・

姉を乗せて車屋さんめぐりを出来るかどうかも分からない・・・。(姉には内緒ですが・・・)

そんな訳で、「今のうちに乗りたい車の”目星”をつけとくといいよ!」と姉をひっぱりだしました。

まずは、1軒目。スバルのディーラーさんに行ってきました。

72703730_11 ←ステラです。画像は、ホワイトですが、希望はシルバーです。

乗り心地は、いいですよ~(*^_^*) 広いです。

試乗運転は、しませんでしたが、乗ったり、開いたりいじくり倒しました。(^_^;)

見たのは、標準よりワンランク上の寒冷地仕様4WDです。

装備も充実。。  軽自動車ですが、お値段は”軽”ではありません。(^^ゞ

2軒目。スズキのディーラーさんにお邪魔しました。

72693470_11 ←人気のワゴンRです。画像のは不明ですが、標準よりワンランク上のものを見ました。

こちらも、ステラといい勝負です!実に悩みます。

私が乗るんじゃないんですけどねぇ~~(^^ゞ

姉の希望は、やはりシルバーです。こちらも車内は広いです。う~ん迷います。

だから、私が乗るんじゃないんですけどね~。←わたし、しつこい(^^ゞ

車内装備ともに充実しています。ただ、ステラに比べて燃費がイマイチです。

やはり、ステラ同様寒冷地仕様4WDを見ました。

クラス的には、ステラと同等クラスと言ってよいでしょう。

お値段は、ステラより若干お安いですが・・・

姉も悩みまくっています。(´・ω・`)

実際に購入するのは来年かな?笑) たっぷり時間はあります!爆)

田舎は、車が無いと暮らしていけません(;-_-)=3 フゥ~

東北の田舎の車は、関東の都会の車と違って痛むのが早いんだよ~(T_T)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »