« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月29日 (金)

CT検査に行ってきました。

今日、午後からCT検査でした。

血圧を測るように促され、自動血圧計で測ったところ、122-70

へ??私緊張しているようです。(^_^;) いや、、動揺でしょうか?

普段は、最大血圧100前後、、96くらいが通常です。最小血圧は60くらい。

外来の看護師さんに、「走ってきたの?」と聞かれたくらい、稀な出来事です。

「ついでに、体重も量ってみよう」と看護師さん。

なぜ??体重なんて量ったこと無いじゃんよ~!←オレンジ心の叫び

恐る恐る体重計に乗る。・・・・・・

・・・・・ん???増えてる~~~!!ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!

わし、がん再発じゃないかもしんないっ!←またもオレンジ心の叫び

すこし、望みありかしらぁ~ *:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・

                   ↑ オレンジ脳内イメージ。

若干、心軽やかになったところに・・・

看護師さん: 「オレンジさん、会の立ち上げおめでとう!、だけど、その日は、都合で行けないの。ごめんなさいね。」

ちょっと、びっくり(@_@;) 
(まだ、体験者の会は正式には立ち上がってないのだけど看護師さんはそう思ってくれたらしい。さらに、あまりフレンドリーに接した事が無い看護師さんだったので、なお(@_@。でした。 うふふ。)

実は、今月の21日に、ソーシャルワーカーさんと話を詰めてとりあえず、
プレオープンみたいな感じで、11月頃に交流会(お茶会)を開催する事にしたのでした。(^^ゞ
 関連記事はこちら」
(例のショックでとても自宅でジッとしていられなかったのよ~。あはは(⌒□⌒;)

その交流会の反響をみてから、会の方向性を考えようと思っていました。
皆が望んでくれるのだったら、設立にむけての活動(活動内容の検討や調整)をしていくつもりでした。

交流会のポスターを添付した稟議書が病院の関係者の間を回っていて、それが、もう既に婦人科にも回っていて、ドクターや看護師さんの知るところとなり・・・。
看護師さんの話し振りでは、なんだかセンセも看護師さんも好意的。。何だかうれしい。。

もしかしたら、看護師さんもセンセも交流会に顔を出してくれるのかな?
沢山の仲間が集まってくれたら、うれしいなぁ。(*^_^*)

その日に私出席できるんだろうか?発起人私なのに・・・σ(^◇^;)
いやいや、絶対出席してやる!(;`o´)o

※『卵巣ガン・子宮ガン体験者の会』の話は、また後ほど・・・。

*********

そんなことを思いながら、CT室に移動。

程なく呼ばれ、若くは無いが(看護師さん、ゴメン)”テクニシャン”(すみちゃん風に言ってみました。)なベテラン看護師さんに、針刺し一発OK!

相変わらずな造影剤でモワ~~っとしたけど、なんとかクリア(o^-’)b

結果は、10月5日。

この日は、外科の外来予約と重なってます。

外科は、『へっ =3 』だけど。   

婦人科は、、ん~~、、お祈り(-人-;)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

仙台長ナスを漬ける!

唐突ですが、私、宮城県人でございます。

宮城と言えば、「米!」「仙台牛!」「牛タン!」「ずんだもち!」そして「仙台長なす!」でございます。

もっと、沢山あるんですが、以下省略。
「もっとあるぞ!!」とご立腹なプロ宮城県人な方は、コメント欄に書き込み願います。笑)

私ごとで、誠に恐縮なのですが、お土産やさんで売ってる『仙台長なす』は・・・
おいちくない。。とは、申しませんが、私のお口には合いません。(^_^;)

というより、「仙台長ナスの浅漬け」をこよなく愛しております。o(*≧ω≦*)oキャァー

と言う事で、先日母から、生の長ナスが届きました。+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゜
仙台長ナスと言いましても、母の購入先は、登米市米山町産の長ナスでございました。なにやら、父とドライブしたらしいです。(^^ゞ
それで土産がナスと油麩(あぶらふ)とは・・・母恐るべし!爆)

Dvc00013_2 ←ナスは、鮮度が命!焦っていたのでこのような写真で申し訳無いです。汗)

Dvc00003_1 ←大きさは、わたしの『白魚のような指』 大爆笑)と比べてくだされ。(⌒□⌒;)

漬けましたーっっ!一晩漬けて、次の日に食べられます♪ジュルジュル。

Dvc00006_3 ←写真が下手ッぴなので、イマイチ伝わりが悪いですねぇ、、

ですが、お味はよろしゅうございます。(*^_^*)

箸置きと比べるとナスの小ささがお分かりいただけますでしょうか。

まさに、『秋茄子』 ご馳走さまでした。m(__)m

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

ひょんなことから、ビーズに挑戦

お陰様で、19日に姉が退院しました。
と、言いましてもまだまだリハビリやらマッサージやらで通院を余儀なくされておりますが、退院したと言う事でまずは一安心といったところでしょうか・・・。

そんな折、危機的状況に?はたまた不測の事態に備えて?実家では、家族揃って携帯電話を持つことに家族会議で決まったそうです。

ドコモダケな人々。。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

という訳で、退院以来初めてのお買い物。
秋分に日、頚椎カラーをした姉と弟と3人でお買い物に出かけました。

姉:「携帯のストラップが欲しいの。
   ターコイズ、トルコ石、ラピスラズリ系の青いストラップがいい!(^o^)/」

私:「時期的に無理っぽいよぉ。(´・ω・`) 」

と、いいつつとりあえず探してみました。 ・・・やっぱり無いです。(;_:) 

姉:「だったら、作る!」(すごいね。姉。クビ大丈夫なんかい?) ←オレンジ心の叫び

そんなわたしの心の叫びが聞こえたらしく、

姉:「リハビリだと思ってゆっくりやるから大丈夫。うふ♪」

だとさ。┐(-。ー;)┌

ビーズ歴ある姉だから、別にいいんだけどね。(^^ゞ

手芸屋さんで探しました。 かろうじてありました。それっぽいのは1種類。

あとは、『アジアンストラップ』なるもので色は青系です

姉は、前者の1種類しかなかったヤツを購入。


Dvc00015_1
←わたしも見ているうちに作りたい衝動にかられ・・・購入。
(姉に買ってもらった。(^^) えへへ♪

で、姉と競争することになったんだけど・・・

Dvc00001_2
←なんとか出来ました。笑)
やれやれ(^^ゞ

難易度:★★☆☆☆ ←簡単ちゅーことだね!爆)
主要時間/約40分←結果は2時間半かかりました。orz 
          ちかれたびー^^; ←ふるっ 笑)

姉に電話して「ストラップできたよ~!!」って報告したら、姉はとっくに出来上がっていたらしい。ってことは・・・  負けました。(>_<) 

Dvc00007_4
←姉が作った、ストラップです。いい感じですなぁ。。
明らかに時期に逆行しておりますが。(^^ゞ

まぁ、本人の欲しがっていたイメージと若干の違いはあるようですが、そこそこ出来た満足感があるようですのでそれはそれで、よしとしましょう。(*^_^*)
また、来年の夏くらいになればいろんな種類が出てくるからね♪

私の作品は、初心者なんで、こんなものでしょう♡
けっこう、肩こるね。(;´▽`A``

そう言いつつ、、手芸屋さん行ってビーズを物色したい衝動に駆られております。(^^ゞ

そうそう、買い物の帰りに『ミニ○トップ』でベルギーチョコソフトを3人で食ってきました。ウマ~+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゜でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

★卵巣ガン体験者の会スマイリーからのお知らせ★


==手書き署名、今日から開始です!!ご協力ください。==

 日本では未承認である、抗がん剤の早期承認および、卵巣がんの治療に関しては保険対応外である抗がん剤の保険対応を求めての署名活動をしています。

****************************
 先日は「卵巣がん治療に関する要望ネット署名」にご協力いただき、ありがとうございました。皆様のご協力で1,408名の(8月末日現在)ネット署名をいただくことが出来ました。

この活動は、「卵巣がんネット患者会」として運営していましたが、この度、代表のすずきさんがご自身の都合により代表を辞任されたことから、残された会の会員で話し合いを重ねた結果、同じく卵巣がん患者に対しての活動を目標に準備が進んでいた「卵巣がん体験者の会スマイリー」と一丸となり活動を進めて行くことになりました。

それに伴い会の名前を「卵巣がん体験者の会スマイリー」と変更していますが、活動としては今までの「卵巣がんネット患者会」の活動主旨を継続し、署名活動を最優先課題として行いますので、活動の内容は今までと変わることはありません。

今後も、卵巣がんの治療に関して、日本では未承認である抗がん剤の早期承認および、卵巣がんの治療に関しては保険対応外である抗がん剤の保険対応を求めての署名活動を継続していきます。

会としての活動や進捗状況など、詳しくはホームページをご覧ください。
http://ransougan.e-ryouiku.net/index.html 

体制が整いましたので、しばらく停止していたネット署名を再開しています。また、文書による「署名用紙を印刷できるようになりましたので」”9月25日、午前10時”より署名用紙が印刷できる予定ですので、もし、今後も賛同いただけるのであれば、手書き署名にもご協力いただけるように紹介していただければ幸いです。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

「卵巣がん体験者の会 スマイリー」 http://ransougan.e-ryouiku.net/index.html
代表:片木 美穂 Banner0151_1

Sumairi

=======================

卵巣がんは発症者数が少なく、年に6000人余りと言われていますが、肝臓と同じく沈黙の臓器である卵巣の性質上、気がついたときにはすでに厳しい状況の女性が多いです。
今、会には治療中の会員も多く、患者だけが頑張って活動するのは難しいです

ですので、皆さんのお力が必要です。
どうか「見守る」のではなく、「協力して」ください。
どうか、会社やお友達に署名を頼んで見ていただけませんか?
マイミクさんやHPを持っているお友達に呼びかけて見てくれませんか?

どうか数少ない卵巣がんのみんなの思いを届けるためにご協力お願いします!!

この文章の、コピペでも構いませんのでどうか呼びかけていただければ幸いです。

****************************


↑***内はカタギさんの文章をコピペしました(^^ゞ

わたしが末席ながら参加し応援している、未承認薬の承認署名活動 です。
そして、『卵巣がん体験者の会スマイリー』が動き出しました。
わたしが参加している(こちらも末席ですが(^_^;) mixiコミュ「卵巣がん体験者の会スマイリー準備室」を経て活動開始です。

皆さま、どうぞよろしくおねがいします。m(__)m

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

秋田へドライブ!小安峡温泉

今日も天気がいいね~!どっか行きたいね。何てったって、日曜日だし!
で、急遽ドライブに行くことになりました。(^^ゞ

行き先は秋田県の小安峡温泉です。後で知りました。(^^ゞ
いつもこんな感じで連れて行かれます。(;´▽`A``

D021006061 ←宮城県の隣の県です。

途中、川原毛地獄があります。

Dvc00020 Dvc00019_1 ←全山が山肌を露出し、あちこちから硫黄や水蒸気を噴出する日本の3大霊山のひとつだそうです。草木は一本も生えていません。荒涼とした風景が広がる、なんとも殺風景なところで、硫黄の臭いで死にそうに・・・。苦笑)
近くに天然の温泉滝があるそうです。

看板のとなりに『ババヘラ』(アイスクリーム)を売っているおばちゃんがぽつんと居ました。秋田では名物らしいのですが・・・

硫黄の臭いがきつくて心持ち具合悪い(>_<)とてもここでモノを食べる気にはなりませんでした。と、言うより、おばちゃん、カラダ大丈夫なの?と聞きたい。

程なく行くと、三途川渓谷です。

50001791←”約40mの高さの橋から眺める渓谷は断崖絶壁で背すじが凍る思いだ。”と観光案内にありますが『三途川』(さんずのかわ)の標識に心奪われ、下を見ることなく通り過ぎました。苦笑)

この渓谷の写真は観光案内から借りてきました。エヘヘ♪

Dvc00018 ←三途川渓谷とは関係ありませんが、きれいな景色でしたのでこれもどうぞ♪

私が撮りましたv

目的地、小安峡です。↓

011

←以下2枚は、観光案内からの借り物です。めんぼくない(;´▽`A``

031 ここの遊歩道を延々と歩いていくのですが、今回は運動不足で無理でした。
ここまで来るだけで疲れちゃった。σ(^◇^;)

去年、来たときはここを夫と歩きました。

岩と岩の間から蒸気が噴出しています。熱いです。

遅いお昼ごはんは、秋田名物『稲庭うどん』でした。
がっついていたので写真忘れました。(^^ゞ

お土産は、秋田名物『もろこし』。私が買ったのは『ふきっこもろこし』です♪

帰りの車中で頂きました。う~ん、、もろこし(*^_^*)素朴なお味でした。

夫は何も知らずに、ここを選んだのでした。

地獄に三途の川に・・・。

何だかおかしくなってしまって・・・ あははは^(。。>▽<)^ノ彡☆ばんばん!

道中、一人で笑っていました。

楽しいドライブでした。(*^_^*)

夫よ!ありがとう!! 今度は、天国とか極楽とかさぁー、、そんな地名の所がいいなぁ(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

ツバメちゃん、さようなら(^o^)/

とうとう、行っちゃった。。。 

昨日、一昨日と帰ってきませんでした。どうやら、南の国へ渡っていったようです。(´・ω・`)

巣立ったはずなのに、夜になると帰ってきて、4羽で寝ていたツバメちゃん。

今頃、何処を飛んでいるのかな? マダラちゃん。来年もおいでね(*^_^*)

思い起こせば、1回目は、5月の下旬でした。

夫婦ツバメが来て5羽生まれるも、1羽カラスに襲われ、、それでも4羽育った。

立派になって、7月初旬に親と一緒に巣立っていった。

掃除しなきゃ、掃除しなきゃ!と思っていたら、2回目のツバメ夫婦の入居。

7月中旬に住み着いて5羽生まれたはずが、いつの間にか1羽いない。(;_:)

それでも何とか4羽育ち、8月下旬に巣立っていった。

それが、マダラツバメちゃん。。

(別にそんな名前のツバメがいるわけじゃ無いです。羽のところが一部白と黒のマダラ模様のあるツバメなのです。なんと、子供もみんな羽の一部がマダラなのです。笑)

そんな、愛嬌たっぷりの子供たち。

どういうわけか、巣立ってもしばらく帰ってきていた子供たち。

『大丈夫なの?”渡り”をしないで居座るつもり??』なんて心配したっけ・・(⌒□⌒;)

あの、マダラちゃんと来年また逢いたいなぁ~。。

必ず、来年戻っておいでね~~~~(^^)/~~~ 達者でね。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

なんとなく、良さげ?

逃避中です。(^_^;)

うっかりすると、余計な事を考えちゃいそうなので、ネコと遊んだり・・・(=^・^=)

でも、猫もいい加減にしてほしいらしく、こんな感じ→ ( ̄口 ̄)

仕方が無いので、ネットの中をウロウロ、、、

「ハンドルネーム占い」を発見!!

早速やってみました。(^o^)/ 

結果発表!

『オレンジ・みかん』 【小吉】
恋愛運:A 健康運:A 成功運:B 金運:C

なんだよぉ~ 【小吉】だ~~。。でも健康運いいじゃん!  しかし金運悪い(>_<)

こんな時は、改名するといいらしい↓↓ ほんとか?笑)

●モーニング娘。の様に”。”を付けると。
『オレンジ・みかん。』 【末吉】
恋愛運:C 健康運:B 成功運:B 金運:B

●ちょっと洒落た洋風に。
『ペペロンチーノオレンジ・みかん』 【小吉】
恋愛運:B 健康運:C 成功運:A 金運:A
 
●番号付けで呼んでみると・・・。
『オレンジ・みかん69号』 【末吉】
恋愛運:A 健康運:C 成功運:C 金運:B
 
●親しみやすい呼び方を付けてみよう。
『まったりオレンジ・みかん』 【中吉】
恋愛運:A 健康運:A 成功運:C 金運:A

●ちょっとディスカウントショップ風に。
『オレンジ・みかん大特価中』 【小吉】 
恋愛運:A 健康運:B 成功運:A 金運:C

●思い切って、フェイスマークなんかどう?
『オレンジ・みかん(-_-x)』 【大吉】
恋愛運:A 健康運:A 成功運:A 金運:A

↑これだよ!大吉!

でも、  オレンジ・みかん(-_-x)の顔がきらい、、なので(*^_^*)にしてみた。
同じ大吉だけど、成功運がB。。でも、まぁ、、よかろう・・・

なので、今から
オレンジ・みかん(*^_^*)』で~す。。
ちょっと、リフレッシュ気分。笑) いい感じだ。。(*≧m≦*)

改名はしましたが、皆さんは私を呼ぶときは従来通りでOKよん♡
皆さんはもう遊んでみました?

| | コメント (17) | トラックバック (1)

2006年9月15日 (金)

婦人科外来 再発の兆候

昨日、14日は婦人科外来だった。

ちょっとまだ、気持ちがザワザワしているので、上手く言えないかも・・・。

浮き沈みしてます。←マイミクのクランベリーさん風に言ってみた。(^^)

婦人科外来は、かなり混んでいたけど、

前から企画していた院内限定の卵巣ガン・子宮ガン体験者の会立ち上げに向けていろいろとソーシャルワーカーさんと打ち合わせをしたり大先輩の病友さんと話を詰めたりして・・・。
その第一回の交流会のポスターやらなんやらを待ち時間で検討していた。
混んでいたんだけどそんなことそしていたからあっという間に呼ばれたような錯覚。

診察室に呼ばれて、主治医の開口一番は、腫瘍マーカーの上昇の話だった。orz

何となく、分かっていたような・・・。
それでいて、まさか?またか!のような・・・。
複雑だ。

主治医曰く、前回再発したときとマーカーの上昇具合が似ている。マーカーの値自体は正常値。でも、オレンジさんの場合は、常に正常値で再発していたので、この上昇具合から見て再発と思われる。
今後の治療としては、経口の抗がん剤で3週間飲んで、1ヶ月休むまた3週間飲んで1ヶ月休むサイクルで1年服用する。 (突然の告知に動揺して、サイクルの話はこんな感じ。はっきり覚えてません。ごめんなさい。汗)
・・・ってさ。

とりあえず、29日にCT検査です。
どこに再発なのか訊いたんだけど、今の段階ではわからないらしい。その検査結果次第というところかな?

今あるガンを殺す為じゃなくて、抗がん剤を飲み続けることによって、状態維持する為の服用となるようだ。

副作用の話を聞いた。しいて言うなら口内炎があげられるそうな。

帰りに採血をして、夫が迎えに来るのをぼーっと待っていた。
ガンと死ぬまで縁切りできないんだなーって、思ったら、悔しくて悔しくて、やりきれない。

ほんとは、診察が終わったら、ソーシャルワーカーさんと打ち合わせするはずだったけど、何も考えられなくなっちゃった。
ちょっとこの件はお休みしたほうがいいんだろうか・・・。
それとも私の活力剤になってくれるんだろうか・・・。

まだ信じられず、次回行ったらマーカーが下がっていたりして・・とか、考えてるし。。

夫や実家にも言えずにいます。

確かに、夫の心筋梗塞や姉の事故やらでちょっと疲れはしたものの、、そんなことは生きている以上何かしらあるわけで・・
これから先だって、あるはず・・・
その度に私はガンになるんだろうか。
そうなら、私が生きている意味はどこにあるんだろう。
私は何のために生きているんだろう。


心がグラグラに動いています。若干うつみたい。。重たい話でごめんなさい。

そんな訳で、、ブログ、読み逃げしちゃったり、妙に明るいコメントしちゃったりするかもです。落ち着くまで優しい目で見てください。

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

おしっこ外来

ご報告が遅れましたが、9月7日はおしっこ外来の日でした。

卵巣ガン再々々発のため、今年の1月に膣断片に出来た腫瘍の摘出手術をしました。
その際に、膀胱の神経を傷つけてしまったようで、排尿のコントロールが上手く出来ていませんでした。

術後すぐは、おしっこが出ず・・・(>_<)苦しい・・・
そうかと思えば、ちょっとの刺激で検査中に放尿。。(T_T)情け無い・・・

当初、エブランチル(おしっこを出やすくする薬)とウブレチド(筋肉の収縮を高め、おしっこを出しやすくする薬)を服用しつつ、セルフカテーテルという管を自分で尿道に挿入しておしっこを出していました。(これを導尿といいます)
薬のお陰か少量ではありますが自力でおしっこが出ていました。(これを自尿といいます)
薬と導尿と自尿の三つ巴で頑張ってきましたが、7月に導尿は卒業。ヽ(^o^)丿

それ以降は薬のみで何とかやってきました。
”何とか”といっているのは、実はたまに薬を飲むのを忘れておしっこが出なくなって焦ったり、おしっこのことを考えすぎて(精神的なもの?)出なかったり、、
外出先では、頻尿だったり、びっくりするほどの勢いがあったり。。
実に波乱万丈な2ヶ月でした。(^^ゞ

泌尿器科の先生曰く、今回から薬を一種類にして様子をみるとのこと。
エブランチル1本で、1ヶ月おしっこの出かたをみるそうです。
それで以前と変わりが無いようだったらそのまま更に1ヶ月続行。
おしっこが出なくなったら2種類にもどして服用しろとのこと。

なので、今週月曜日からエブランチル1種類だけを飲んでいます。
おしっこの出方・・・・・変わりないようです。たぶん、きっと・・・
はっきり言って、まだよく分からない・・・(^_^;)

今日は、ちょっと緊張することがあって1時間に1回から2回というかなりの頻尿。。orz

前回、熱中症の脱水症状で胆石になり、救急車で運ばれた自分。。
「水分補給はこまめにね!」との医者からのお達し。

頻尿と胆石  どっちがイヤだって?
やはり胆石が怖い。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。あの痛みは尋常じゃぁない。
死ぬかと思いました。(>_<) 頻尿と胆石の狭間で揺れています。笑)

脱線しちゃいましたが、
そんな訳で現在、エブランチル1本で頑張ってます♪
早く、おしっこ関係から開放された~~い。。。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

卵巣ガン(回想) 1-3

卵巣ガン(回想) 1-2のつづき

==============

退院してから、しばらくは実家でお世話になることにした。
その夜は、『とりあえず退院おめでとう』の祝い膳になった。
重~い空気とため息の中、私は何とかこの場を盛り上げようと必死だった。

病院では、シャワーだけだったので、お風呂はとても気持ちが良かった。
自分ちのお風呂だったらもっと気持ちよかっただろうに・・・。などと思いながら。(どういう訳か私は我が家のかわいいユニットバスが好きなのである。落ち着く。。)

用意してもらったベットに入り、昨日のことを思い出していた。

* 今後の治療のことをY先生と夫と3人で話をしたこと。
* 根治治療として、抗がん剤治療を3クール。できれば6クールすること。
* その治療をどこの病院で行うか?大学病院、がんセンター、この病院の3択。
* 急ぐので1週間後の外来まで決めてくること。

ただ漠然と『セカンドオピニオン』という言葉が頭の中をぐるぐる回っていた。
その時の私にはまだ、自分がガンであるという事が受け止められず、別の病院で診てもらえば、ガンじゃないかも・・・などと考えていた。

病院の良し悪しも、卵巣ガンという病気のこともよく分からず、入ってくる情報は自分に当てはまるのか、何がベストで何が悪いのかも分からなかった。
何も手につかなかったし何も考えられなかった。

外来までの一週間で決めたのは、Y先生とじっくり話し合うということだけだった。

夫と2人で診察室に入った。
私たちはY先生にいっぱい質問をした。
病院によって治療法が違うのか?治療をしなかったらどうなるか?治療をするとしたらどのような治療なのか?など。
そしてY先生は答えた。私の場合の卵巣ガン治療については、どこの病院でも大差ないこと。治療をしなかったら再発しやがては死んでしまうこと。治療は、タキソールとパラプラチンという抗がん剤で私のガンには有効だと言う事。1泊2日入院し1日かけて点滴投与をすること。その後は外来で様子を見ながら、まずは3クール行うことなど説明してくれた。

いろいろ話を聞いているうちにこの先生なら良さそうだと夫と目配せして、Y先生にお願いすることにした。

その日のうちに第一回目の抗がん剤治療の日取りも決めてしまった。
私は、自宅から遠い病院に入院することや通院するのが不安だったのでこの件に関しては安心していた。

帰ってから実家に報告すると、予知していたのか普通の返事で拍子抜けした。
治療入院が3日後だと言うとさすがの母も驚いていた。

.

・臨床判断
右卵巣腫瘍/卵巣ガンの疑い
(8cm大。破裂しており、ダグラス窩にも腫瘍がある)
A:右卵巣+右卵管(右卵管卵巣切除)(合計195g 分割切除6個 最大5~10cm大)
右卵巣は高分化型類内膜腺ガン
子宮内膜腺上皮に類似した異常細胞が乳頭状ないし管状に配列して密に増殖している
場所によってはback-to-backの配列を認める
腺維形成性反応を伴う間質浸潤像はなし
核異型度は軽度砂状体はない 壊死あり
右卵管は著変なし

B:ダグラス窩(切除)(2個 合計1g 0.6×0.7cm大および0.7×0.4cm大)
右卵巣ガンの転移です 破裂があったとのことですので その部から2次的に及んだかもしれない 1個(小さい方)は結合織内に浸潤している 他の1個(大きい方)は腫瘍組織のみで浸潤有無は不明

Note:pt2bですのでNOMOとすると StageⅡbです。
破裂したので StageⅡc。
(追記 2007.1.10)

.

●初めての抗がん剤治療

入院準備も慣れたものだ。すでに荷造りは出来ている。
10時までに婦人科病棟に入るようにと言われたので30分前に入った。
2人部屋に通され、1泊2日の化学治療が始まった。
病衣に着替え、採血をされて結果を待つ。
その間、看護師から入院生活、治療計画の説明を受けた。薬剤師もやってきて薬の説明を親切丁寧にしていった。
お昼くらいから点滴が始まった。最初の薬が身体に入ったとたんに局部に走ってビリビリゾワゾワとなんとも掻き毟りたくなる衝動に駆られる嫌な薬だった。その後は、難なく(途中点滴の機械がピーピー言っていたが・・・)終わった。
テレビと雑誌と睡眠のあっという間の入院生活だった。
朝ご飯を食べることが出来たら退院できるとY先生から言われていたので、少々重だるかったが頑張って食べた。
午前の回診が8時半ころだった。Y先生とW先生が回診に来た。朝ご飯を食べれたことと特に異常が無いことを告げると退院のOKが出た。

時間を追う毎に具合が悪くなってきていたが、お昼を食べながら姉が迎えに来るのを待っていた。

姉が迎えに来た。そしてそのまま、また実家のお世話になった。
崩れ込むようにベットに入り、なんとも言えない重苦しさとだるさと不安をごちゃ混ぜにして目を閉じた。どうしてなのか、また涙が出た。

                                      つづく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

ツバメちゃん、パパとママは頑張ったよ!

先日、夫と2人でまじめにツバメちゃんの巣の本格的な掃除をした。

お風呂の残り湯がなくなるほど、水を使った。
脚立に上ったのは、夫だ。
100円ショップでステンレス製のヘラを購入!
う○ちをガッガッと剥がすヤツね。

ホウキに塵取り、デッキブラシと雑巾とヘラ、バケツ2つを使い頑張った。

夫は重いものを持ってはいけないとドクターストップがかかっている。

私だってストマが飛び出すので重いものは持ってはいけないけど・・・。

だけどそんな事を言っていたら前に進まないので私がお風呂場とツバメの巣の間を水の入ったバケツを持って行ったり来たりした。

始めたときは曇り空だったので動きやすかったんだけど途中からお日様が私を容赦なく照らす。

”あぢ~~よぉ。。”

夫も私も汗だくだ。これでは熱中症になってしまうってんで、ミネラルウォーターを片手に作業再開。

電気メーターの上の巣だけを残してう○ちを取って電気メーターをゴシゴシ洗った。
(夫が脚立に乗っかって頑張った。)

私はホウキとデッキブラシで頑張った。
となりんちのメーターにもツバメちゃんは半分巣を作っていてめちゃくちゃ汚い。

隣の奥さんはツバメが嫌いらしい。(ーー;)

なのでとなりのメーターも掃除した。全部取ってきれいに洗った。
気持ちがいいくらいきれいだ!満足!
だけど、二人してヘロヘロ状態。
うー、、しんどい。。_| ̄|○ il||li

お風呂にバス○リンを入れて、はいった。疲れを取らなくちゃね。

気持ちええねぇ~~。あ~ぁ、極楽極楽。。+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゜

翌日は二人して筋肉痛。トホホ。(>_<)  いで~よぉ・・・

ツバメちゃんは、巣立った今でも夜帰ってきます。
昨晩も2羽休んでいました。

ツルツルになったメーターは居心地が悪いらしいツバメちゃんは落ち着かない様子。

それでも頑張って居る所をみるとたぶん、
うちで孵った子だと思う・・・、確信無いけど(^_^;)

しばらく、こげな掃除はたくさんだな。(-_-;)

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »