« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月29日 (木)

夏に毛皮は、暑すぎる!

昨日、今日とこちらも暑い。こちらは東北地方だっちゃ。笑)

昨日のことですが、まさか気温30℃も上がるとはおもわずに出かけてしまい、ちょっとオーバーヒート気味。(以前勤めていた会社に邪魔しに行ってきました)Hosoちゃん、アイスコーヒーありがとう(^o^)/ いし○きさん、冷たいお茶とお菓子ありがとう(^o^)/ イト様、あおちゃん、お仕事の邪魔してゴメンナサイ。

退職した人間なのに、暖かく接してくれて心優しい方々。また、邪魔しに行きます(^^)

今日は、実家に用があったので、このくそ暑い中(言葉悪すぎw)行ってきました。家猫組みは、家中の涼しい所を求めてさまよい、行き倒れのようにあちこちに寝ています。猫は夜行性、昼寝るのは当たり前?ですが夜も寝ています。猫は一日13時間寝るらしいですが、齢16、7歳にもなると睡眠時間が長くなるのでしょうか?行く度に寝てる。起こしても、すぐ寝る。なので、私はつまらない。

暑いから、尚更ちょっかい出してほしくないみたい。ねこ、不機嫌です(^_^;)

でも私は負けない!! ブラシとハサミをもって、抜け毛でできた大きなダンゴを(けだまですね!)ジョキ!ジョキ!、シャッ!シャッ!と部分虎刈りしてきましたヽ(^o^)丿 う~ん。これですっきり。毛が引きつって痛がっていたけど、もう痛くな~い。次回もカットする予定。

写真を撮ろうとしたところ、家族からクレームが!!

それはあんまりかわいそう。。だそうで、どうも。(^_^;)

「えぇー。それはそれでかわいいじゃん。」と私(猫バカ1)

「そーだけどぉ。」と家族(猫バカ2、3)

そーいうことで(どういうことで?)、実家に預けてる(もうすでに実家に帰化している)ペルシャの姉妹です(^^) 虎刈り被害者です。笑)

Dvc00011_1 Dvc00012_1

かわいいでしょー!(猫バカです。気にしないで下さい)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

モデル初体験!

わたしは、絵画教室に通っています。油絵を始めて10年くらいになろうか?今の教室には出戻りという形で、昨年の11月末からまたお世話になっています。(1月から4月まで体調不良で休んでいたので3回くらいしか行っていない(^^ゞ)

田舎のまちの”趣味の教室”という感じが強いが、中にはセミプロもいて結構レベルは高い。そして高いのはレベルだけじゃぁない!平均年齢も60歳とグッと高いヽ(^o^)丿

みんな好き勝手にやっている。マイペースだ(^_^;)

教室は月2回で第二・第四火曜日の10時から4時ですが、その時間が問題だ。10時から準備が始まり、描き始める前に一服。結局11時頃からスタートするが、乗ってきたところでお昼だ!午後の部が始まるのは1時か1時半。なんともアバウト。ようやく始まってもすぐ3時のお茶の時間。へたをするとその前に勝手にお茶してる人もちらほら。終わりも、自分で終わりだと思ったら店じまいして帰っていく人もいる。ゆる~~い絵画教室である。(^^ゞ

病み上がりの私にはぴったりの教室(^^) 自分のペースで置いたり取ったりできるのは、ありがたい!

教室の事をあーだこーだ云っているけど、実は私は準会員で特別枠だ。(私の他に3人ほどいる)ひらたく言えば、来れるときに来て、講師のセンセに自分の絵の指導をしてもらって、指導料をいくらか支払うという、何とも明日の予定が組みにくい病人には、ありがたいシステムだ。

そんな教室のみなさんも静物画や写真をみながらの風景画も飽きてきたらしい。まだ一度も教室では、描いていない人物画に挑戦してみようとなったらしい。

白羽の矢が立ったのが私だ。若い女性ということらしいが・・・。(^_^;)

普通に見れば若いという年齢じゃない。教室の皆さんから見たら十分若いのだろう・・・。(^^ゞ

経験した事が無いので、面白そうだ!が私の直感。

自分が死んでしまっても、私が描かれている絵が残る。

これは、自分にとっては意義のあること。そう思って、モデルの話を引き受けた。ハダカじゃないし。笑) 座っているポーズだし。実物より2割ほど美人にそしてナイスバディに描いてくれるらしいし。笑)

そんな訳で、昨日第四火曜日。人物画のモデルをしてきました。

低反発の円座を持参した。これは我ながらGOODでした。

座っているんだから疲れるはずがない、大丈夫!と思っていたけど、背筋が痛くなってきた。椅子の背もたれに、もたれると只でさえストーマでお腹が出ているのに更にお腹がせり出てふてぶてしい格好に・・・。それを気にしてのきれいに見えるポーズ。日頃の姿勢の悪さが露呈し、挙句に筋肉痛。ハァ。。

10分ポージング、5分休憩を繰り返し正味4時間。モデル初体験終了しました。

なるほど、これは疲れる。(^_^;) やす受けあいしちゃぁダメダメ。

んでも、思いがけずモデル料を頂き(^^)、早速、絵の具と絵筆の購入費にあてようとほくそ笑む私でした。

今日は一日、肩と背筋にシップ薬をヌリヌリして、己の復活を促しております。(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

猫バカ道 ~家猫と野良~

唐突ですけど、私は”猫バカ”です。わんこも好きですが”バカ”まではいきません。

家族全員猫好きですが、母は筋金入りです。(^_^;) やはり母からの遺伝でしょうね(^^ゞ

独立してから私が飼っていたにゃんこは3匹いましたが仕事や病気で満足に世話してあげられずかわいそうなので実家に預けています。現在は1匹、家出中です。(ToT)

実家の猫は白猫→シャムネコ→ペルシャ→シャムとペルシャのミックスなどの世代交代を経て、現在は2匹の猫がいます。私の預けているにゃんこもいれると4匹です。他にプラス3匹で7匹です。

「プラス3匹」の3匹は野良です。内1匹はメスのミケ猫ですが子猫の時に怪我をしてきて手当てをしてやったらそのまま居ついて半野良状態です。けっこう美人さんで、名前は「ミケ」です。(そのまんま、笑) 

あと1匹は茶トラのオスですがこれまた、喧嘩がよわい(^_^;) 不細工ですがそこがまたかわいいです(猫バカでどうも。)御飯を食べたり休んでいったり、たまにお泊りもします。名前は「ゴン」と実家では呼ばれていますが、他の家ではなんと呼ばれているのでしょうか?「ルドルフといっぱいあってな」という児童向けの本があるのですが、まさにそれに登場する野良猫のようです。ただ向こうは喧嘩が強いのですが(^^ゞ)

残りの1匹は最近やってきた新参者でアメショーモドキのオスです。どこからか流れてきたようですが、これがまたかわいくない!ふてぶてしいです。”嵐を呼ぶ猫です。”波風を立てるのが好きな猫で、野良同士仲良くするという事が出来い困ったヤツです。名前は「アメ」(これまたそのまんま~。笑) 御飯を食べにやってきます。宿は別にあるようです。

オスだから仕方が無いのでしょうか?喧嘩が絶えず、「ゴン」をいじめます(>_<)

猫の世界では、歳をとってる方が強いはずなのに・・・。(去勢した子は別ですけど)

そんなわけで、4週間くらい前に喧嘩して、首を負傷し瀕死の重症。保護し、お手当て。

なんと奇特な姉と私。治療費を出したのは弟だけど・・・。(^^ゞ

ようやく4、5日前に傷も癒えたので、実家を退院(^^)

不細工かわいい「ゴン」を見てやってくださいませ。愛嬌のあるポーズでしょ。

Dvc00019

2006062610

以前は飼い猫だったようで、なでられるとすっごくゴロゴロいいます。それもおしっこちびりながら・・・。これにはびっくり(*_*) わんちゃんだったら見たことあるんだけど、にゃんこは初めて。よほど、うれしかったんだろうなぁ。愛情に飢えているって云うのでしょうか・・・。

ちと、かわいそうになっちゃいました・・・ね。

その後の猫バカっぷりも、おいおい披露させてもらいまーす(^^)

※野良猫の餌やりについて、賛否両論ありますが私が住んでいるところはけっこうな田舎まちでして、野良は地域に溶け込んでおり、のどかなものです。”望まない命”の件についても避妊手術などもしております。(出来る限りですが) また、餌やりは、民家に侵入し人間の食べるものを盗んだり(まるでサザエさんの泥棒猫のよう)する事を防止する意味もあります。なお、私の地域では餌やりで野良猫の数が増えているという事はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

!祝・誕生!

!祝・誕生!

お陰様で、無事 ヒナがかえりました。(*^^)v

Img_0304 ご覧になれますでしょうか?  わたくし、これでいっぱい、いっぱいです。

まだ、日が浅いのでしょう。毛の類、羽の類など無いに等しいです。

若干、頭にフサフサっと、うす~く生えておりますが・・・。  はっきりいって、現状ではお世辞にもかわいいとは言えず・・・(T_T)

ですが、黄色いクチバシはプリティです。わたしだけでしょうか?(^^ゞ   ここで疑問なのですが、ヒナたち鳴きません。無口です。こんなものなの?

卵の数とヒナの数が、あっていないようです。数え間違いでしょうか。それとも今から、また第2弾、第3弾と続くのでしょうか。う~ん。

まぁ、よく分かりませんが見守っていきたいと思います。

話が変わりますが、電気メーターはフンだらけです(>_<)  ツバメが巣立ったら掃除するつもりですが、その前に電気メーターの計針に来る人が心優しい人だったらよいなぁとちょっと心配しております。

ところで、電気メーターボックスは水でジャバジャバ洗っても平気なんでしょうか? それよりなにより、メーターボックスの管理は電力会社なのでしょうか・・・。

ツバメ日記  つづきまーす (@^^)/~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

卵巣ガン(回想) 1-2

入院から退院。そして告知

「手術終わりましたよ。聞こえますかぁ?オレンジさん、聞こえるぅー?」と看護師さん。「みかん、みかん、手術終わったよ。成功したよ。」と夫。目が開いてるはずだけど良く見えない。「うん、うん」と私。寒くて寒くて身体がガタガタいっている。電気毛布で巻かれて・・・・。

再び目が覚めたのは、朝だった。

夫も、入院の支度のため一旦自宅に戻り、母もまだ来ていない。酸素マスクを自分で取り、辺りをボーっと見回した。・・・動けない。右手がどうも動かない、寝違えたみたいだ・・・。点滴がついた左手で傷口をそーっと確かめた。・・・傷口が痛い、どうなってるんだろう?それにしても痛い。

誰かが入ってきた。母か?? ん?なんと仕事先の先輩だった。心配してきてくれたようだ。術後数時間というのに身内ではなく彼女だった。彼女は少々取り乱していたようで、私も何も言えずただ彼女の「入院してびっくりした」「ごめんね」「大丈夫」の言葉にうなずくだけだった。(記憶があやふやですみません)話し終わると矢継ぎ早に彼女はお見舞いを枕元に置き、帰っていってしまった。眠くて眠くて仕方が無い・・・。たぶん私は彼女の話もろくに聞かず、もうろうとしていたのだろう。悪い事をしてしまった。

看護師さんが様子を見に来た。「化粧をとりましょうね」といいながらやってきた。その時 ”あぁ 私、化粧したままだったんだ。”と気づいた。鏡を見せてもらったら、唖然。目の周りがすごいことに・・・。 えらい顔で彼女に会っていたことに落ち込んだ。 コットンに洗顔フォームを含ませたもので看護師さんは、ていねいに顔を拭いてくれた。。

お尻が痛い。床ずれ?まさか・・・。看護師さんを呼んでみてもらった。年配の看護師さんだったが、やはり床ずれとの事で呆れられてしまった。空気を入れるタイプの円座を貸してもらった。空気を適度に抜いて高さを調節した。使い心地はよかったがそれだけでは治らず、清拭用の蒸しタオルを何度も当ててようやく治った。

2日目には、トイレに行きたくて、尿管を抜去してもらい、「まだ早いんじゃないの?大丈夫?」という看護師さんを振り切りトイレへ歩いていった。自分でもびっくりするくらいの回復力だった。術後落ち着くまでは1人部屋。その後、大部屋に移される。そんな事も分からず、(なにせ緊急オペ・入院だったので何の説明も段取りもしていなかった)大部屋に移される事に随分反発していた。

11日間の入院生活となったが、はやく会社へ復帰したくてジタバタしていた。

退院の三日前、Y野先生より検査の結果、退院OKと言われ、ガンじゃなかったんだと喜んでいたら、検査は検査でも検査違いだった。私はおおきな勘違いをしていた。先生の言っていたのは退院のための血液検査だった。それが分かったのは、退院する前日、Y野先生にカンファレンス室に夫と呼ばれ、何の前置きもなく話が唐突にはじまった。ガンの種類とステージⅡcだったという摘出した細胞の病理検査結果と手術したときの状態。右卵巣の破裂と内容物が骨盤内のあちこちにバラまかれていたことやそれを出来る限りすくって取ったが取りきれなかった事。抗がん剤治療が今後必要だという事。何処で治療をするかなどの話が淡々と進められていた。心の準備を全くしていないで来てしまい、いきなりの告知。かなりショックが大きかった。涙が溢れて、ぬぐってもぬぐっても後から後から溢れてきて、どうしようもなくなって・・・。先生が、夫が、何を話しているのか・・・。

もう1人の自分が、大丈夫!大丈夫! 落ち着け!落ち着け!と言ってる。

夫も終いには声を詰まらせている。私を励ましてくれているのに・・・。

”夫、ごめんね。”

母になんて言おう・・・。心配かけたくないし黙っていようか?退院当日、ニコニコ笑顔で退院を祝う母に私は何も言えず、迎えに来た父の車の中で、「退院祝いの膳を用意しているのよ」と笑う母に、私は隠し切れなくなり、とうとう涙ながらに卵巣ガンだったことを告白したのだった。

(後から、外来の診察室前の掲示板に”当院は基本的に告知を患者様本人にしています。望まない方は事前にお知らせください”という内容の張り紙を見た)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卵巣ガン(回想) 1-1

緊急オペ

それは突然やってきた。仕事が楽しくて、楽しくて仕方がない時期だった。動悸のことも忘れかけていたし、たまにある下腹部痛も腸の調子が悪いなぁ、くらいにしか考えていなかった。最近、Gパンがきつくなったことも気にはしていたが、まさか卵巣が腫れていたとはまったく気づかなかった。

そんな、ある日の午後、腰が痛いの?歩き方が変だよ。と言われてはじめて自分の異変に気づいた。自分ではちゃんと歩いているつもりだった。それはまるで、先日 坂上二郎さんがTVで自分の異変を指摘された話をしていたがそれに似ている。

(坂上さんはゴルフ中に脳梗塞で倒れたそうですがその直前、本人はクラブを両方の手で握って打っていたと思っていたそうです。実は片方の腕はダランとしたままの状態に本人は全く気づいていなかったそうです。)

”腰、どうしたんだろう?”と、まだ私は「こと」の重大さに気づいておらず、デスクワークをはじめて間もなく、お腹が熱っぽく張ってきて鈍い痛みも出てきた。腰もかなり痛く、歩く事も出来ない状態だった。救急車を呼んだほうがいいのでは?、家の人を呼んだほうが良いのではないかという周囲の話もきかず、私は大丈夫、大丈夫。と会社を早退し、自分で車を運転し病院に向った。ほんと、ばかだ。

そんな状態だから、頭が働かない。電話で予約を入れた病院とは別の病院に行ってしまった。仕方が無いので、そのまま自宅へ向かい休むことにした。休めば治ると思っていたが痛み止めを飲んでもよくならず、ますます動けない状態が続いた。もはや何も考えられず意識が遠のいていく感じがした。どういうわけか、ただただ涙だけが流れ落ちていた。

そんな時、虫の知らせか夫がいつもより早く帰ってきた。早速、救急病院に連絡を入れてくれたが、当番病院に行くよう勧められた。その時私はまだ、自分は腸閉塞か何かだと思いこんでいて、婦人科関係ではないか?という気持ちは20%くらいしかなかった。当番病院に婦人科が無いのは少し気にはなっていたが、勧められるがまま当番病院へ夫の運転で向った。

夜の7時を既に回ってた。風邪の子供が数名いて、かなり待たされた。医者も研修医っぽく、なんだか心もとない感じだ。待ってる間も下腹部が張ってきて、まるでカエルだ。とうとうGパンのジッパーがしまらなくなってしまった。CT検査をすることになったが造影剤を入れた直後、具合が悪くなり嘔吐。CT検査はその段階で中止され、血液検査の結果もでるまでベットで横になり点滴をしていた。その時にはもう10時を過ぎていた。ようやく結果が出て「婦人科系だと思うから総合病院に紹介状を書く」といわれたがその総合病院は、夫が先に電話していた救急病院だった。あの時すんなり受け入れをしてくれていたら、この時間のロスは無かったのに。夫は憤慨し、私は大きな落胆をした。「救急車を呼びましょうか」という看護師に夫はキレてしまい、自家用車で救急病院に向った。

救急車で行かなかったために、自家用車の乗り入れやストレッチャーへの移動も思うように行かず悪戦苦闘した。ちょっと動いただけで激痛が走る。その時初めて救急車は何よりも優先されていることを実感し、救急車に乗ることは恥ずかしい事ではない、次回からは絶対救急車に乗ろう!と決意した。

救急で入っても、やはりまた検査だった。CTの写真のコピーも持たされ血液検査の結果も持たされてきている。それなのに、また、検査。足の付け根から血液を採られた時はかなり痛かった。そして、婦人科で診ることになり救急からストレッチャー移動。婦人科は別棟で3階だ。少しの振動で飛び跳ねるほどの痛み、床の段差は地獄の苦しみだった。下腹部はますます大きくなっている。針でさしたらパンッと破裂しそうなくらいだ。3階の婦人科入院病棟の診察室に着いたのは午前0時を過ぎていた。急患で呼ばれたのだろう、Y野先生が普段着で寝癖をつけたまま現れた。

「卵巣が腫れているようなので、これが原因だと思うが開いてみないとわからない」「手術するしかない」と言われ、緊急手術となった。

手術の同意書などにサインをしなければいけないが、当時医療ミスが騒がれており手術に対しての恐怖があった。だが、私は切羽詰まっていた。もう限界だった。考える時間なんてあるわけがない。なんとかサインをし、後は夫に頼んだ。「実家の母に知らせなくていいか」との夫の問いに、深夜にこんな内容の電話を入れたら、心臓の弱い母はびっくりして具合を悪くするに違いない。そして、あわてて病院に来るに決まってる。心配させて申し訳ない気持ちで胸が一杯になり、いろんな事がいっきに頭の中をグルグルまわっていた。「母には手術が終わってから翌朝にでも連絡入れて」と夫に頼んだ。夫は困っているらしく随分考えていたようだが、私が押し切ってしまった。後日、夫は母にかなり叱られたらしい。

手術室に入るとき、夫と手を握って別れたがこの瞬間が今でも一番嫌だ。もしかしたら帰って来れないかも知れないと頭をよぎる瞬間だからだ。

                                                       つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

夫婦の会話

Img_0295 なにやら、深刻な様子。もっと近づいて、会話を聞きたいけれど・・・。

人には聞かれたくないらしい。このあと、すぐ逃げていってしまった。

ひと家の軒先に巣をかける度胸があるのに、小心者め。(ーー;)

卵がちっとも孵化しないことを心配しているのかー。(心配しているのは私と夫だ・・・。)

ちょっと大きな音や、人が通るたびに巣から逃げ出してしばらく帰ってこなかったり。

いつ温めてんだろう?ほんとに卵あるの?さすがに心配になって(大きなお世話?)

ほうきの柄に手鏡をクラフトテープでくっつけて巣の中をのぞく「ツバメの卵確認棒」を作成!

そこまでして見たいのか!と 夫に笑われた。(^^ゞ

ツバメがいないのを確認してパッ、パッ、と「ツバメの卵確認棒」出動!

う~ん。見えん。鏡の角度が悪いみたい。棒をおろして微調整。再チャレンジ!

今度はOK!

ギョッ。ツバメの主食は昆虫です。各種、備蓄済みです。(-_-;)

ささ、気を取り直して。----? ありました。(*^^)v 6個から7個くらい。

すごく小さい。人差し指の指先くらいかなぁ?私の指だけど。

はじめて卵を産んだんだろうか?ずいぶんお気楽な感じなんですけど。

はやく、ちゃんと温めなよぉ~~っ。 うーん、気をもむ。

私たち夫婦には、子供がいないもんで・・・。

お産、子育てを疑似体験。 ツバメでいいのか?って問題だけど。いいのさ。ふっ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

トヨタ方式を子にまなぶ。

某ジャ○コ2階フロア奥、夢の国☆彡ファン○ジー○イランド☆彡

オレンジさんアンタ、ジャ○コネタ多すぎwwって突っ込まれそう。。。だって、最近ジャ○コしか行ってないんだもん。卵巣ガンの(回想)話も書いているんだけど、書いてうちに段々めいってくるのね。なので、ちと時間がかかりそう。そうすると日々のネタになる訳だけどジャ○コはネタの宝庫♪んで、開き直ってジャ○コネタいきます!

私の愛するww「DINO○INGⅡ」。EXとやらを見てみたいのですが中々出ず。斜め向かいのおば様がジャックポット1072枚を独り占め!うらやましい~~~!と思いつつ、こんな所でウンを使い果たすとはおかわいそう(T_T)などとおもったりして。失礼。。

夫は所用のため中座。私1人でDINO三昧w。

さすがに私も飽きてきて(さっぱり当たりがこないからw)みれば、DINOは私ひとり。さみしいぃ。んでも夫が来るまでまぶっていないといけない。(まぶってるって方言?ひまをつぶすってことだよ~。)自宅療養中の身w なのであまりあちこち歩くと後々しんどい。

辺りを見回せば、まぁ元気の良いお坊ちゃま、お嬢ちゃまがあちこちに。おねぃちゃんたちはプリクラに忙しいし、おにぃちゃんたちはスロットでアチョーッ!アタタタターーー!だ。

人間ウォッチングおもしろーい(~o~)

そんな中に、ひときわ目を引く兄弟(たぶん)を発見!

ひえぇ~~~。兄弟で床を泳いでいるよぉー!!ゲームコーナーのあちこちを。

どうやら落ちてるメダルを探しているらしい こういうのって伝染する。一人がやればみんなやるザット見たって10人泳いでるしぃww どえらい光景だw (^o^)

メダル兄弟、今度はゲームコーナーの隅からゲーム機を一台一台チェック!

まずは、ゲーム機左下、正面下、右下を顔を差し入れてメダルが落ちていないかチェーック!次はメダル返却口に指を差し入れ、目視にて確認。さらに、操作ボタンまわりを手で触りながら、くまなくチェック。最後は、ゲーム機の上を目視にて確認。それを流れるように隣の台、また隣の台とやっていく。

う~~~ん、すばらしい!無駄のないその動き。すでにトヨタ改善方式を会得しているんだねぇ、あっぱれ!メダル兄弟

明日の”ものづくりニッポン”を担う立派な人間になるんだよぉ~~!(ToT)/~~~

などと感動しつつ、700枚をゲットし、またも貯メダルするわたしでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

なかなかやるな、ジャ○コ!

先日、またもやジャ○コへ行って来た。

このところ、ジャ○コづいている私。いーや、夫がか?どっちにしろ夫婦で行っている(^^ゞ

例によって、マッサージチェア争奪戦に参戦すべく、いざ出陣!

おぉっ!一台空いている。クリーム色の憎いヤツww byフジ○○ョウキ

いそげ~っっ!

おっ、11時方向に豊満なボディの60代ご婦人を発見!明らかに狙っている。\(◎o◎)/!

さらに、2時方向からはどっからみても生活に疲れ果てている50代後半男性を発見!

こちらもマッサージチェアを”ガン見”している。\(◎o◎)/!

この時点で、夫は戦力喪失。戦線離脱。(ーー;)

わたしは、どーしてもマッサージしたい。どうしてかって?なぜなら、あの匠の技「ローリングさざなみ」「ストレッチさざなみ」さざなみ好きにはたまらないww。

わーい!私の勝ちぃ♪ ヽ(^。^)ノ  

んんっ???おや、あらまぁ。日記に以前マッサージネタを書いたんだけど、どうやらブログを読んだ人の中にジャ○コ関係者がいたらしい・・・。本当か?W

マッサージチェアの床面に大きな文字「マッサージはお一人様15分間とさせていただきます。飲食、昼寝などなさらぬようお願いいたします」みたいなことが書かれた紙が貼ってあった。

なんと、タイムリーなこと。ありがたいけど、わたし「そこもっと」機能使えないじゃん。。

その辺は大目に見てもうけど。(^_^;)

それにしてもすばやい対応、さすがジャ○コ!庶民の味方ww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

おしっこがでない~っ(>_<)

おしっこがでなくなったのは、今年の1月の悪性腫瘍摘出手術の時です。

膀胱の神経を傷つけてしまったようで、当時は全くおしっこが出ませんでした。なのでエブランチルとウブレチドというどちらもおしっこの出をよくする薬を泌尿器科から処方してもらい服用してようやく自尿(自力で出る尿)が少し出るようになりました。

入院していたときは動くのもやっとだったのに、ストーマの処置やら開放創(手術の傷口が化膿してパックリ開いた状態)の処置やらを自分でやらなければならず、てんやわんや。。。

挙句に尿意はあるのにおしっこは少ししか出ない・・・仕方がないので導尿(カテーテル(管)を自分で尿道に入れて排尿する方法)もすることに。

それも毎回自尿と導尿の計量を表に記入しなければならないし。昼夜問わず・・・眠れないorz 

トイレが病室から遠いためポータブルにしてもらったけど6人部屋は狭すぎるし、看護師さんが気づかずカーテン開けるし(ーー;) 深夜は音がひびくよーっ(T_T) 薬の効きすぎ?2時間おきにトイレは疲れるよぉ。(>_<) 

今思えばよく頑張った。あれから結構月日が経ちますが未だに自尿と導尿をしています。量は自尿のほうが断然多くなりました。でも出るまでに時間が少々かかります・・・。便座に座ってしばらくぼーっとしていたり、おまじないを唱えるとようやく、おでましぃ~。(^_^;)

日中はほとんど残尿がないようで導尿はしません。主に就寝前と深夜、朝方などは自尿が出にくいようで導尿をして残尿がないように心がけます。

最近は怠けて計量や表の記入はしていません。(^_^;) だいたい1500ml標準量です。

時々尿を採って色や濁りなどチェック!もうすでにベテランの域(^^)

泌尿器科の先生には、「治るかどうかは、はっきり言えない。気長に考えて。」と前回の診察時に言われちゃってかなり凹みましたが、今はあまり深く考えないようにしています。

先生には悪いけどどうもこの先生とは信頼関係が築けないみたい(ーー;)やっぱり相性ってあると思う今日この頃・・・。次回行くのがちょっとおっくう。憂鬱

どうして症状に変化が無いのに毎月行かねばならぬのか、薬だけでいいじゃんっ!

ちょっと強気に言ってみました。面と向かっては言えない小心者の私。(>_<)

最後は愚痴になっっちゃいましたが、なにげにしているおしっこ。出なくなるってすごく大変な事なんですよぉ。おしっこってすごいよね。

毎日、下の世話ばっかりの私。健康な人はなかなか気づかないよね、健康ってすばらしいことに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

わっきーさんありがとう(~o~)

私が毎日のように覗いているHPがあります。

それは、私にブログを立ち上げることを決心させてくれた”「明日に架ける橋」-私の卵巣ガン奮闘記-”です。以前そちらの「ゲストブック」や「BBS」に自分の病歴などを書き込んだことがあります。わっきーさんとおっしゃる方がレスをつけてくれました。わっきーさんは私と同じ卵巣ガンでストーマ造設をされた方です。その時、1人じゃないんだと大変励まされました。

今夜もまた、例のごとく「明日に架ける橋」を覗きに行ったら、わっきーさんから私宛てに書き込みがありました。私のことを忘れないで気にかけていてくれたことに大変感激しました。(ToT)

わっきーさんに私のブログに遊びにきてもらいたいなぁ、ストーマのことなどもっとお話したいなぁ。でも「明日に~」に書き込むのは宣伝みたいでどうしたものか・・・。と思っていた矢先のことでしたので、わっきーさんに書き込んでもらって本当にうれしかったです♪ ありがとうございました。m(__)m

前置き長くてごめんなさい。では、わっきーさん、こちらで「明日へ~」の書き込みのお返事しますね。

>みかんさん、メールが送信できないのでこちらに書き込ませていただきました。
もうオストミー協会には入会されましたか? まだでしたらぜひ入会をおすすめします。私も2001年2月卵巣癌(3期c)&大腸癒着の為1時的人工肛門を造設 1年半後色々の事情から永久肛門にしました。その折協会の方にご相談したところ諸々の福祉手当があることをおしえていただきました。(医療費補助、障害者年金、障害者手帳ーーー)これらの手当おかげでその後の抗がん剤治療も経済的に大変たすかりました。 現在も治療中です(2度目の再発).みかんさん,頑張り過ぎはよくありません,のんびり元気にいきていきましょう!!。

★わっきーさん、こんばんは。当ブログにBBSがないのでごめんなさい。

「オストミー協会」の存在は承知しておりましたが、入会に関しては私が一時ストーマですので入会できないと思っておりました。「障害手帳」の方は既に持っております(*^_^*)2種4級は微妙な階級ですね。医療費補助や障害者年金などはよく分かりません。「オストミー協会」に入会すればもろもろの福祉手当てなど受けることが出来るのならそれを使わない手はない!!ですね。早速、明日にでも問い合わせていろいろ聞いてみようと思います。

わっきーさん、再々発とのこと。ショックでしたね・・・。でも、負けずに治療頑張って!

頑張り過ぎは良くないですね。私も無理せずほどほどにがんばりまーす!

私もわっきーさんを応援していますよ~ (^^)v 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あおちゃん♪とあやちゃん♪

突然ですが、”あおちゃん♪”と”あやちゃん♪”は私が以前お勤めしていた会社の方です。

勤めていた時よりもフレンドリーにしていただいております。

あおちゃんとあやちゃんは、なんとご夫婦なのです。(*^_^*) 同じ職場にいつつ、実に良い距離間と云うのでしょうか?いい感じなのです。自分に置き換えるとなかなか出来そうもありません。う~んすばらしい・・・。(~o~)

そんなお二人に、気にかけていただいて・・・。ありがたいことです。感謝m(__)m

昨年末の忙しい最中、わざわざ絵画教室の作品展(私が入っている油絵の教室です)にお越しいただき、花束まで頂いて、大変感激いたしました。私の良い思い出です。(Hosoちゃんもハマちゃんもありがとね~!)

次回の作品展の日時はまだ決まっていませんけど、是非またお越しくださいね。(ちゃっかり宣伝w)

あおちゃん♪とあやちゃん♪とお会いする日を楽しみにしていま~す。(^.^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

まい・ぶーむ ジャス○

そもそもジャス○に行ったのは、タダでマッサージをするためだった。近所のイ○ンスーパーマーケットにあったはずのマッサージチェア。行ってみると、撤去されていた。(T_T)

ジャス○にしてもイ○ンスーパーマーケットにしてもイ○ングループな訳ですが、田んぼだった所をガーッとあっという間に大型ショッピングセンターにしてしまうんですねぇ。恐るべしイ○ン。負けてはならじ!とヨ○クショッピングセンターもがんばる。地方は偉いこっちゃ。あっちこっちに乱立~~っ。ww 消費者は選択肢が増えていいんだけどね。

今では、マッサージチェアも進化してすばらしいマッサージっぷり!もみ、さすり、たたきなど匠の技を体感できる。某メーカーの売り文句であるw

このところ疲れがとれない私。リフレッシュとばかりにジャス○のマッサージチェア売り場へ。各メーカー入り乱れて10台ほど設置してある。だが、すでにジジババに占拠されており私が座るところがない。ここのジジババはマナーが悪い。一回15分ほどのマッサージ、2回までは許そう。3回連続はいかがなものか!? ましてや、そのまま寝てしまうとはどうゆうこと!? ジジババずうずうしすぎ~っっ!!ストレスたまっちゃうよ。

仕方がないので空くまで、フロア奥のゲームコーナーで時間をつぶす事に。結構繁昌している「ファ○タジーアイランド」 ゲームコーナーなんて久しぶりぃ♪100円で15枚のメダル(イ○ンショッピングセンターは100円で10枚、同じイ○ンなのになぜ?)”ちびっこ”wにまじって年配の方もいる。お孫さんのこもりかな?私と夫と2人でいるとちょっと浮く?んでも気にしない。何気に座った「DINOK○NGⅡ」恐竜が口からメダルを吐き出す!!おもしろい!500円で4時間も遊んでしまった。346枚をゲット。それを預けてメダル会員になってしまいました(*^_^*)

マッサージもして大満足な私。「DINOK○NGⅡ」こんなゲームがあったとは。う~ん楽しい。また近いうちに行きたいなぁ♪

帰り際に夫が「換金できたらなぁー。。。」とぼそり。それを言うなって~っ(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

イト様のこと

イト様は、私が以前働いていた会社の上司でしたがこれまた、直属の上司ではありません。用あってそのフロアに行った時、鼻歌を口ずさみながら、なにやら楽しげに仕事をしている方がイト様でした。なんとマイペース!いいなぁ、その仕事ップリ。鼻歌を歌っているからといって、決していい加減なわけではなく、”完璧さ”からでる余裕かぁ?などと私はそう勝手に解釈しておりましたが、単に浮かれていただけだったりしてwww ※本人の名誉のために一言:大変まじめな方です。鼻歌は実に稀な事だったと思います。

そんなイト様は、新参者の私に好物の甘いものの差し入れを執拗に強要ww そんな暴君ぶりwに屈するわけにはいかない!と、かたくなに拒んでいた私でしたが、その”押し”に負けた・・・ Orz ”山ノ○まんじゅう”(薄皮饅頭なのだがうまい。甘さ控えめで私の一押し♪)を上納した。ご満悦だったに違いない(*^_^*)

仕事に厳しいイト様だが、スイッチがOFFになると実に気さく。アルコールが入ると更にくだけるようです。その砕けっぷりは、忘年会の二次会で露呈。その二次会がわたしの退職の送別会も兼ねていたわけですが、楽しいひと時でした。機会があればまた一緒に飲みたいですね。(お茶っこでもw)

退職してからもなお、気にかけていただいてありがたいことです。感謝m(__)m

イト様とのエピソードも近いうちに、また書きたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北限定カラスコそば

ニフティのココログで「東北楽天イーグルス」を語るのもどうかと思うが、そこはそれニフティさんのことだ太っ腹に違いない。ということでカラスコだ!

Dvc00011 東北限定イーグルスそばby日清 

なぜカラスコクラッチクラッチーナがいるだろうがっ!

私的にはカラスコすきだけどね。このカップの裏面には「今年も大暴れしてやるぜ。」と不敵な笑いのカラスコもいる。東北限定ということはここは東北なんですねぇ。ちなみに、中身は普通のそばでした。(えび天と三陸ワカメ入り)イカ墨を練りこんだ麺とか真っ黒いつゆなんかを期待したけど拍子抜け~。かまぼこにイーグルスのマークが入っていただけでした。

興味のある方は、ご賞味あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

キューティーハニーの新技!

『ホット・フラッシュ!』

知ってる人は知っている。知らない人は全く知らない。『ホット・フラッシュ!』

キューティーハニーのアニメをリアルタイムで見ていた私。子供ながらに変身するだびに”すっぽんぽん”になってしまう彼女をキャーキャー言いながらドキドキして見ていた私。今で云うエロかわいい”ですね。まさか、こんな形で復活するとはおもわなんだ。

『ホット・フラッシュ』と耳にするとキューティーハニーを思い浮かべてしまう私。

もちろん、キューティーハニーといえば『ハニーフラッシュ!』なんだけどね。

『ホット・フラッシュ』は、卵巣欠落症(更年期障害)の症状のひとつ。”のぼせ”のことです。

男性の方にはなかなか理解してもらえない、なった人でないとこのつらさは分からないですね。(近年、更年期障害を訴える男性が増えているらしいですが)私の場合は、病気で卵巣を取ってしまった為に更年期障害と同じ症状が出ます。読んで字の通り、『卵巣欠落症』です。ホルモンのバランスが崩れるのでいろんな症状がでます。軽度の人から重度の人までいます。私は、重度に近いかな?漢方薬などで症状を落ち着かせますが、私にはあまり効かないようで、もっぱら安定剤でごまかしていますwwですが最近ごまかしきれず『ホット・フラッシュ!』しまくりです。日々の暑さも手伝ってメイクがドロドロ・・・修復不可能です。

やけに暑がっている女性をみかけたら、やさしく見守ってあげてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »