30)卵巣ガン関連

2010年3月11日 (木)

コンチン君その後

いやはや・・・ε-(;ーωーA フゥ…
更新した記事が、消えたと思ったら、今度は表題を書いただけなのに勝手に更新されてしまいました。どうなっとんじゃ!

コンチン君の本当の名前は『オキシコンチンS』君です。5mgです。(以前飲んで具合が悪くなったのは「MSオキシコンチン」くんです。

このコンチンS君、頑張ってくれていますが、さすがに午前9時のコンチンS君は眠気が出ます。早く慣れてくれるといいのですが・・・。

通常、コンチンS君は、12時間効くそうなんですが、私は12時間持ってくれず、大体10時間くらい?8時間くらい?で痛みが出現してきます。
なので、今日から1日3回、9時、15時、22時に飲んでお試ししてみることになりました。

ちなみに本当は6時、14時、22時なんだそうで、明日からはこのスケジュールで服用することになりそうです。(このスケジュールで飲んでいる患者さんが結構いるのでしょうね)

当分は睡魔との闘いになりそうですが、慣れればそれも無くなるそうなので期待です。(今日も10時くらいにばったりなだれ込むように寝ました)
それと心配なのが悪心。今のところは無いのですが、これもこのまま無ければいいなと思っています。

このコンチンS君ががんばってくれれば、ペイン先生に行かなくともいいかな?^^;

コンチンS君は頑張ってくれているけれど、まるっきり痛みが無いわけではないので、やっぱりペイン先生も行った方がいいのかな・・・。う~~~ん(-ε-)

いろんな意味で、コンチンS君には期待しています(*^ω^*)ノ彡

頑張れ!コンチンS君!

そして、そして、わたし、想うのですが、、、、

私オレンジの痛みが軽くなってきたのは、これはきっとコンチン君だけの効果じゃないような気がします。

皆さんに、痛みを持って行ってもらったからではないでしょうか?

これもみんなのお陰です。ありがとう!ありがとう!ありがとう!


【追記】

ごめんなさ~~~い(^^ゞ

『オキシコンチン』に“S”はありませんでしたr(^ω^*)))

“5”と“S”をみまちがえちゃったみたい( ̄▽ ̄)いかんねぇ~、最近目が悪くなっちゃってw

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

コンチン君

頑張るコンチン君^^

寝る前に、マイスリー、ロヒプノール←どちらもぐっすり眠るための眠剤。併せて、オキシコンチンと吐き気止めのプリンペランとノバミンを飲む。

今日で2日目になる。

な、なんと!お尻が痛くない^^♪

肛門に血が溜まってくるので、物理的な重苦しさは、いたしかたない。

溜まった血が外に出れば体もちょこっとだけど楽になる。

コンチン君のがんばりにはびっくりしたが、入れ代わりに右肩が、気を失うくらい痛い。

何故なの???( ̄Д ̄;;

この肩の痛みで夜中に目が覚めてボルタレン座薬を使い、湿布も貼ってみたがパッとせず。(しないよりはいいけど)

眠剤の意味なし。笑) 12時、3時、5時、と眼が覚める。(-ε-)

お尻の痛みについては、この調子でコンチン君と仲良しになれて、原因不明の肩の痛みもなくなればいうこと無し^^v 

しっかし、コンチン君が効くとは、わたしの痛みのレベルが上がったということだろうか?

“数年前のコンチン大暴れ”とは、別人のようだよ、コンチン君。( ̄◆ ̄;)

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

その後

たくさんの応援をありがとうございます。

胸がいっぱいです。

脳のCTは異常ありませんでした。

転移が無くてホッとしましたが、まだ手のしびれ脱力感があり、字が思うように書けなかったり、お箸がしっかり握れなかったりしています。

食欲不振、吐き戻しが続いたのが原因なのか脱水症状があり、睡眠障害も重なりそれで全身状態が悪かったようです。

今は回復しています。

精神科でいろいろ話を聞いて貰い、ぐっすり眠れるようにお薬を出してもらい、1日3回安定剤も飲むよう指導されました。

退院後(術後)の忙しさがアダになってしまったようです。

本当にやらなければいけないことが山積していたし、今後の治療方針や将来のこと、夫のこと家族のことで悩んでいました。

導尿、パウチ交換、ステロイド座薬をストーマから無理矢理入れたり、丸ワクの自己注射や福祉関係の手続きは、私以外に頼める人がいませんから…というよりは、自分で納得してやりたいという性分が今回のような事態を招いたのでしょう。

今朝、テレビの「得ダネ」でやっていました。

100%やろうとする完璧主義者は【ヘトヘト型】なんだそうです。

確かに私ヘトヘトですねぇ、反省(T-T) 

血液検査の結果は、多少白血球が高かったり、ちょっと貧血気味だったりはしますが、右腎臓の水腎症は変化ないそうで、水は肺にも腹にも溜まっていないそうです。

そっちの面ではよかったと思います。

ただ、ずーーっと、私を苦しめている「お尻の痛み」(泣)は、静かだなと思って安心していると、数時間後には、肛門や膣ろうから血を噴き出し、のたうちまわるほどの痛みが私を襲います。その後も痛みは山あり谷ありで、ずっと続いています。(T-T)

退院後の「ペイン予約」がとれず、自宅でボルタレン座薬とホットパックと湿布でなんとかしのぎ、mixiのアプリに没頭することで痛みから注意をそらしていました。

でも状態は悪くなる一方で・・・(ノ_≦。)

具合が悪いのを押して行った3月1日のペイン外来では、痛み止めのロピオンを点滴されただけで、体調回復後に出直して来るように言われ、ブロック注射の入院予約は入れずじまいでした。この調子だと何時になることやら(T0T)

現在(入院中)は、ボルタレン座薬→ロピオン→ホットパック→ボルタレン座薬→ロピオンとぐるぐる回ります。これしか打つ手がありません。

今朝、主治医にぃにぃが、夜だけオキシコンチンを試してみようと提案してきました。もう辛いので藁にもすがる思いで承諾しましたが、これで痛みが緩和されるのであれば、この際なんだっていいや。とにかく、ここから抜け出したい!ただそれだけ。オキシコンチンは不安だけど頑張るよ。

何回か休みながら書いたから文章変だね。長文だし、ごめんなさい(><)

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

また入院

更新が滞ってしまい、心配をおかけしています。

ごめんなさい。

退院後、徐々に体調思わしくなく、とうとう昨晩、緊急入院となりました。

原因は目下検査中です。

明日は脳のCTを撮ります。

それと精神科も受診する予定です。

早く治して帰りたいです。

| | コメント (33) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

Orange Balloon Project

がんの痛みをやわらげる「緩和ケア」のお知らせです。

私も『Orange Balloon Project 』を応援します。

「緩和ケア」と聞くと、“治療法が無い”または“ホスピス”と連想しがち。

そうじゃないです。

症状が緩和すれば、がん治療と向き合う元気が出てきます。
治療と一緒にはじめましょう『緩和ケア』

Orange_img01

“がんになったとき、
病気だけでなくいろいろな苦痛と闘わなければいけないとしたら・・・

痛みは、あなたの生きるエネルギーを奪います。
強い倦怠感は、もうなにもできないと言う無力感をまねきます。
吐き気は、あなたを一日中不愉快な気分にさせます。
気持ちの落ち込みは、あなたの力を奪います。
希望が見えないことは、あなたを絶望の淵に追いやります。

がんになったとき、
からだやこころの苦痛を和らげる
医療があることを知っていますか。
緩和ケアは、がん医療を充実させる大切な医療。
苦痛が緩和されれば、おだやかな時間を取り戻せます。
遠慮せず、勇気を出して、言ってみましょう。

「緩和ケアを受けたいです」と

日本緩和医療学会 Orange Balloon より)

.

モルヒネを麻薬という名前がついているからといって怖がらなくても大丈夫です。

薬の合う合わないはあるけれど、大切な“今日”という日を痛いだけの一日にしないためにも―

納得のいかない痛みは、とことん検査してもらいましょう。

医師は、私たちのためにいます。

.

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「女性のがんとリンパ浮腫」と患者会の総会に出席して

遡ること、今月の4日の話です。

某大学病院(今更、“某”でもないんですが。笑)を基点に活動している、婦人科がん患者会「カトレアの森」の総会に出席してきました。運営されているターシャさん、スタッフさんのご苦労がひしひしと伝わってまいりました。ありがとうございました。

会場で、お二方に「オレンジ・みかんさん」とお声掛けいただきました。嬉しいやら照れるやらびっくりするやらです^^

お1人は、ターシャさん。もうお一方は、以前拙ブログにコメントを頂いた「マシュマロ」さんでした^^気の利いたお話も出来ませんでスミマセン。滝汗)何しろ、シャイなワタクシです(;´▽`A``お許しください。

.

続いて、カトレアの森・特別講演会「女性のがんとリンパ浮腫」に出席。

講師は、市内で「松永女性クリニック」を開業されていて、がん治療を専門としていた経歴もあり術後のリンパ浮腫の診断・治療に難渋する患者の診察を目指し、日々研鑽を積んでおられる、松永 弦先生。

リンパ浮腫は今の私にとって、とってもタイムリーなお話。術創がいっぱいあってなかなかみんなと同じ治療が出来ない私ですが、なにか「良い話」が聞ければと思い出席しました。

うふふ、プチ一人旅して出席した甲斐がありましたよ(^_^)v

まず松永先生が、浮腫専門病院「リズム徳島クリニック」の小川先生に師事していること。

小川先生の著書はこちら↓
51fnwwa8bal_sl500_aa240_1
“日本では数少ない浮腫の専門病院リズム徳島クリニックの小川院長が、豊富な臨床経験に基づいて、まとめた、初心者向けの浮腫ガイドブック。浮腫のメカニズムからケアまで、写真や図解でわかりやすく、説明されています。浮腫が気になったら、入門書として手にとって見ては、いかがでしょう。”
がん患者サービスステーションTODAY がんに関する本 より
.

徳島に行かずして、有用なお話が聞けた感があります。

全部は上げませんが、書き留めたものを一部、簡単に羅列します。

・もっとも有効な診断法は、「超音波断層法」である

・皮膚をつまんでシワがよれば浮腫んでいない

・メドマー、ハドマーを過信してはいけない

・筋肉マッサージは不適

・散歩、サイクリングなど関節を大きく動かす運動が良い

・水泳もよい(プール内を歩く)

その他、日常生活での注意点などの資料もいただきました。

.

☆蜂窩織炎(ほうかしきえん)と急性皮膚炎の違い☆

【蜂窩織炎】
原因=細菌感染
血液検査で判定=白血球、CPPの値が上昇
治療=抗生物質(経口or点滴)
マッサージ禁忌

【急性皮膚炎】
原因=原因不明(免疫が関与?)
血液検査で判定=白血球、CPPの値 正常
治療=マッサージで軽快
    抗生物質は無効
症状=熱感あるが発熱無し、疼痛は軽度
.

◎蜂窩織炎と急性皮膚炎の区別が重要!!

でも、急性皮膚炎か否かは、血液検査しなくちゃ分からないってコトですよね。それ以外での見分けはとっても難しそう・・・。

急性皮膚炎の原因が不明っていうのも、何だかな~、、、予防法が無い言ってコトですよね。。。

あれれ?と思ったときには、病院遠いんですつД`)

それにしても、リンパ外来で「インボディ」での体成分分析はしてもらいましたが、超音波はしていただいていません。ぜひお願いして、自分が何期でステージがⅠなのかⅡなのか診ていただきたいものです。もしかして、インボディで何期とかわかるのかな?それすらも聞いてないんですけど(ーー;)無知でスミマセン。滝)

今度メモして聞いてきます^^;

あっ、あとね、こんな言葉も良かったですよ。

『ガマンしない。飽きたらやめる。イヤになったら止める。がんばらない。競争しない。』これがリンパ浮腫の治療とセルフケアに重要だそうです。

その通りですね。

.

会員以外にも一般の方、医療関係者の方もいらして、大盛況でした。

帰りは、歩いて→地下鉄乗って→歩いて歩いて→小腹が減ったのでムシャムシャ→夫へのお土産と称して(笑)、パンやドーナツを選びに選んで買い→電車に乗って→リハビリということで、家まで歩いて歩いて歩いて→夫からケータイに電話が入り迎えに来るというので途中で拾ってもらって→帰宅

術後、初めてのプチ一人旅でした。もちろんその日はぐっすり眠れましたよ^^

.

.

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

ノー・モア・ドラッグ・ラグ! スマイリーからのお知らせ

Title005_2
※放送をご覧になれなかった皆様、大変申し訳ありませんでした。
(関東ローカル枠での放送になったようです)
ACTION 日本を動かすプロジェクト」で動画がご覧になれます。
画面向かって左上「過去の放送」卵巣がんと向き合う あやこさん23歳 をクリック!!
みんなの声を届けよう!ノーモアドラッグ・ラグキャンペーン!
昨年9月のリレーフォーライフ芦屋よりスマイリーの取材を下さっている日本テレビ「ニュースリアルタイム」にて、ドラッグ・ラグの特集があります。

9月10日~12日(3日連続)17時~19時の放送時間内のどこか
※事情により放送内容が変更になる場合があります。
※スマイリーは11日の予定です。

ぜひ番組をご覧になり、下記キャンペーンでみんなの声を届けましょう!!ご協力をお願いいたします!!
***********************************
みんなの声を届けよう!
ノー・モア・ドラッグ・ラグキャンペーン!


どうして世界80カ国で承認されている薬が日本で使えない!?
卵巣がん患者は切実な問題にぶつかっています。
再発しやすいと言われる卵巣がん・・・それなのに抗がん剤によるアレルギーや耐性が起こった時に次に選択できる抗がん剤が少ないことです。
そこで世界中で標準的に治療に使われている薬剤を承認してほしいと願っています。

舛添厚生労働大臣は「新薬の承認を従来の4年から1年半に審査機関を短縮することを公約」されていますが、私たちが求めている薬は新薬ではありません!

日本で、他の部位のがん患者さんが普通に使っている薬なのです!
日本に薬があるのに、他の部位では承認されているのに卵巣がんには使えないのです!
そして日本はこういった【適応症ごとの承認】が必要なため、患者が少ない部位のがんにたいしての承認申請がなかなかされず、ドラッグ・ラグが深刻なのです!
卵巣がんだけじゃなく、知らず知らずに他のがん患者さんもドラッグ・ラグの被害者になる可能性があるのです!
おかしくないですか!?

さらに、08年05月に放送されたフジテレビとくダネ!のVTRの中で、審査を担当する「医薬品医療機器総合機構」には抗がん剤の審査をするチームが一つしかないということが報道で流れました。
つまり、優先審査も通常審査も同じチームでの審査で高速道路でお金払う車もETCの車も同じレーンに渋滞で並んでいるのと同じなのです。機構は職員の増員を図っていますが、抗がん剤の専門官の確保がなかなか進んでいないといわれています。

すでにこんな悲劇が起こっています。
外来化学療法室でカーテンで仕切られた隣のベッドのすい臓がんの患者さんが「ジェムザール」を打っている。
自分は卵巣がん患者だから再発してもう手が無い状態に近づいているのにその薬が打てないのです。
患者さんは言いました。
「隣の人の点滴の針を抜いて自分に挿したかった。悔しいよ!」
その患者さんは先日40歳になったばかりで小さいお子さんを残して亡くなりました。

8月初旬に放送された日本テレビのニュースリアルタイムではPhRMA(米国研究製薬工業協会)のアイラ・ウルフ氏がいいました。「ドラッグ・ラグの問題で患者が不必要な死をとげることになる」「これは最優先課題である」。

ドラッグ・ラグはさまざまな問題から引き起こされています。
製薬会社が上記のように費用対効果の面から申請しない「申請ラグ」
医薬品医療機器総合機構に審査官がいなくて審査がなかなか進まない「承認ラグ」
抗がん剤で副作用ゼロのものはないのに少しでも何かがあれば犯人探しをして騒ぎ立て国に圧力をかける一部のマスコミ。
そして無関心で自分では何もできないと考えて傍観している患者たち。私たちも一つの原因です。

私たち卵巣がん患者は10年生存率10%とガイドラインで明記される予後の厳しいがんです。
でも世界の標準治療をうけたい。当たり前の治療を当たり前にうけて生きられる限り生きたい。
もちろん副作用があることも、効果があるのは一部の患者さんにだけであることもしっています。
新薬がほしいといってるわけではないのです。
その薬は日本にすでにあるんです!
私たちにはまだまだできることはある!
みんなで声を届けましょう。


***********************************

【ドキシル】
ヤンセンファーマ株式会社
世界約80カ国で承認されている。
日本ではカポジ肉腫に07年1月に承認されている。
ドラッグ・ラグ9年

【ジェムザール】
日本イーライリリー株式会社
世界60カ国以上で承認されている。
日本ではすい臓がんなどに承認されている。
ドラッグ・ラグ2年
奏功率はドキシルと同じくらいという報告がある
先日の未承認薬検討会議で国から製薬会社に関して患者会の要望と国の要望が伝えられているが、現在承認申請に関しては検討中。

【トポテカン】
日本化薬株式会社
世界70カ国以上で承認されている。
日本では肺がんなどに承認されている。
ドラッグ・ラグ12年
卵巣がんには07年05月に申請が出されているが、通常審査であるが・・・
***********************************

長くなりましたが、意見はこちらにそれぞれ送ってください。
文章は下手でもつたなくても構いません。
皆さんが番組を見て、スマイリーのHPをみて感じたまま書いていただけましたら幸いです。
スマイリーの意見ではなく、皆さんの思いを届けてください。


厚生労働省 ご意見フォーム

日本テレビ「ニュースリアルタイム」
画面左の「情報・ご意見募集」へ

ACTIONの町亞聖キャスターのブログ
厚生労働省の方も結構読んでいるらしいです。

卵巣がん体験者の会スマイリー
できればお手柔らかに・・・笑


長いですがこの記事に関しては転載大歓迎です。
             スマイリー代表:片木美穂
***********************************
れひちゃんの想いもこめて・・・・
みんなの声が届きますように。みんなの想いが届きますように。
.
.
.

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

自分らしくがんと向き合う・5

前回『自分らしくがんと向き合う・4』 からのつづきです。

==========

自分らしくがんと向き合う
―がんの心の専門家が初めて語る

ジミー・C. ホランド (著), シェルダン ルイス (著)
Jimmie C. Holland (原著), Sheldon Lewis (原著)
内富 庸介 (翻訳), 寺尾 まち子 (翻訳)

==========

この本は、アメリカの精神科医ジミー・C・ホランドが書いたものを前回紹介した『がんと心のケア』の内富庸介が訳したものです。

アメリカと日本の文化の違いや、ものの考え方の違いはあるとは思いますが、私はあまり気にすることなく読めました。

私は心に残ったところだけをちょこっとご紹介しますが、できれば、手にとって読んでほしい本です。図書館でも借りることができます。

以下『自分らしくがんと向き合う』第十章から一部抜粋(要約あり)

.

代替療法と補完療法

代替療法と補完療法について、“すべきこと”、“すべきでないこと”

1.代替療法を従来の治療法を代わりにしないで下さい。きちんと立証され、治癒が見込める治療法を用いるのが遅れてしまうかもしれません。

2.気分が良くなり、がんへの対処が楽になる補完療法なら何でも利用しましょう。

3.特定の補完療法を使わないからといって、腫瘍の成長が速くなるなど、信じてはいけません。

4.あなたが思案中、あるいは利用中の代替療法あるいは補完療法について、医師とよく話し合って下さい。補完療法のなかには、化学療法や放射線療法の妨げとなるものもあります。主治医から質問されなくとも、あなたのほうから告げてください。

5.代替療法と補完療法について、信頼できる情報源を探しましょう。どんなに称えられている治療法があっても、ひとつの情報源だけを信用しないで下さい。

6.ウェブサイトの多くが、生産過程で品質管理をされていない製品の宣伝を行っていることを忘れないで下さい。その効能書きは、何の規制も受けていません。それで、そういった製品が“消費者の自己責任”市場で売られ続けるのです。

7.補完療法を求める理由をよく考えてください。がんへの対処はうまくいっていない場合は、がん治療チームに相談して、カウンセラーを紹介してもらいましょう。治療の一環として、精神的支援を受けられるかもしれません。

8.あなたが選んだ補完療法のセラピストの信頼性を確認してください。たとえば、鍼師の場合は、免許を持ち、消毒した鍼を使う人を選ぶべきです。各セラピーの利点と危険性もチェックすべきでしょう。

9.あなたが納得できる補完療法を選びましょう。他の人に効果があっても、あなたには何の役にも立たない方法もあります。

10.痛み、吐き気などの症状の緩和に、補完療法を役立てましょう。たとえば、ジンジャールート・ティーは吐き気を抑えるのに利用できます。

.

 代替療法と補完療法の利用については、人それぞれの強い信念があり、それは心身の相関に対する考え方と一致します。信じない人はずっと信じないし、信じる人は、がんとの関係を否定する調査結果を突きつけられたとしても、信じ続けます。それは人間としての核をなす考え方であり、科学的な証明がなされたところで、論争は終わらないでしょう。さまざまな考え方があるなかで、一人ひとりが独自の考えを持っているのですから。

 また、代替療法や補完療法ががん治療に効果があることを科学が証明するとしても、それには何年もかかるでしょう。がんを患っている人々は、そんな科学的方法には我慢ができません。よくこう言われるのです。「ホランド先生。わたしには科学の証明を待つ時間はないんです。いますぐ、できることが必要なんです」と。

 患者さんはこうも言います。「効き目があるって信じているんです。それだけで満足なんです」。それだったら、私も満足です。危険性が無く、通常のがん治療も受けている限りは。自分の信条に合うものは、どんなものでも利用することです。そうすれば希望がもて、生活の質が向上し、同時に治療が良い結果をもたらすことについても自信が生まれるでしょう。

=========

5回にわたり、お送りしてまいりました。お付き合いくださりありがとうございました。
今回で、『自分らしくがんと向き合う』は最終回とさせていただきます。
本書は十六章まであり、がんを克服した方にも十分読み応えがある内容になっていると思います。

たくさんの“気づき”があった一冊でした。

 

| | コメント (34) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

自分らしくがんと向き合う・4

前回『自分らしくがんと向き合う・3』 からのつづきです。

==========

自分らしくがんと向き合う
―がんの心の専門家が初めて語る

ジミー・C. ホランド (著), シェルダン ルイス (著)
Jimmie C. Holland (原著), Sheldon Lewis (原著)
内富 庸介 (翻訳), 寺尾 まち子 (翻訳)

==========

この本は、アメリカの精神科医ジミー・C・ホランドが書いたものを前回紹介した『がんと心のケア』の内富庸介が訳したものです。

アメリカと日本の文化の違いや、ものの考え方の違いはあるとは思いますが、私はあまり気にすることなく読めました。

私は心に残ったところだけをちょこっとご紹介しますが、できれば、手にとって読んでほしい本です。図書館でも借りることができます。

以下『自分らしくがんと向き合う』第十章から一部抜粋(要約あり)

.

代替療法と補完療法

昨今の代替療法、補完療法
 近年の傾向では、外科手術、化学療法、免疫療法、放射線療法のみが従来のがん治療に分類されています。。それ以外の治療と共に行っている治療法はすべて補完療法に分類されます。

 現在では、主流の医療と補完・代療法の境目が曖昧になっています。その隔たりがちいさくなったことで、治療に役立つ可能性がある代替療法が認められ実際に効果があるかどうか臨床試験にかけられるようになりました。

 補完代替医療センター(米国国立衛生研究所)は、補完療法と代替療法を大まかに七つに分類しています。がんに対する代替療法として勧められるものもありますが、いまのところ、がんを治す効果が証明されているものはありません。効果が期待できるものについては試験中です。

・食餌療法と栄養療法
⇒ビタミン大量投与法、代謝療法、マクロビオティックス

・生体電磁気療法

・代替医療システム
⇒古代中国医学(薬草・針)、インドのアーユルヴェーダ、ホメオパシー

・薬学療法と生物療法
⇒(大いに議論の余地が残る)ブルジンスキーのアンチネオプラストン(抗新生物薬)、バートンの免疫強化療法、サメの軟骨を使った治療

・マニュアル・ヒーリング
⇒タッチ・セラピー

・薬草
⇒エイジアック、ホクセイ

・マインドボディ・テクニック
⇒瞑想、リラクゼーション法

=======

次回は、『代替療法と補完療法について、“すべきこと”、“すべきでないこと”』 です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

自分らしくがんと向き合う・3

前回『自分らしくがんと向き合う・2』 からのつづきです。

==========

自分らしくがんと向き合う
―がんの心の専門家が初めて語る

ジミー・C. ホランド (著), シェルダン ルイス (著)
Jimmie C. Holland (原著), Sheldon Lewis (原著)
内富 庸介 (翻訳), 寺尾 まち子 (翻訳)

==========

この本は、アメリカの精神科医ジミー・C・ホランドが書いたものを前回紹介した『がんと心のケア』の内富庸介が訳したものです。

アメリカと日本の文化の違いや、ものの考え方の違いはあるとは思いますが、私はあまり気にすることなく読めました。

私は心に残ったところだけをちょこっとご紹介しますが、できれば、手にとって読んでほしい本です。図書館でも借りることができます。

以下『自分らしくがんと向き合う』第十章から一部(要約あり)抜粋

.

代替療法と補完療法

代替療法と補完療法の定義
 代替療法と補完療法という言葉があまり区別されずに漠然と使われているのを耳にしていると思いますが、その違いは知っておくべきでしょう。米国国立衛生研究所は、補完代替医療センターを設立しており、補完療法と代替療法の定義を理解する基準を与えてくれます。がんの代替療法は、がんの治療を目的とする方法であり、従来の治療に代えて単独で使うことを勧められています。つまり、代替療法と補完療法を区別しているのは、その目的なのです。しかしながら、大部分の治療法が使われ方によってはどちらにも入るので、現実ではこの正確な分け方が不鮮明になっています。 

 たとえば、イメージ療法(免疫システムががん細胞を殺している様子を想像する)は一九七〇年代には、それだけでがんを治療できる心身相関に基づく治療法、すなわち代替療法として推奨されていました。けれども現在では、リラクゼーション法を伴うイメージ療法は、従来の治療法と共に利用する補完療法として広く使われています。唯一のがん治療として頼っているのではなく、「効果があるかもしれないし、害がないから」と考えています。代替療法と補完療法の境をまたぐ方法なのです。あなたが心身相関の技術を強く支持するなら、自分が病気や治療をコントロールしているのだと断言する方法として、イメージ療法は役に立つかもしれません。また、心身の相関をそれほど信じていない人は、もしイメージ療法を使うとしたら、精神的苦痛を減らす方法として利用するのがいいでしょう。 

 ときおり代替療法が、「自然で、毒性が無い」治療法として紹介されているのを見聞きするでしょう。放射線療法や化学療法や恐ろしげな外科手術には副作用があると聞いていると、全く対照的です。がん患者の大部分(八十五パーセント)は従来の治療法を選びながら、同時に補完療法を加え、両方の良い部分を取り入れようとしています。わたしはよく、アニメーションの主人公のクマの言葉を思い出します。「分かれ道にぶつかったら、とにかく行ってみることだよ!」。この言葉が従来の治療と代替療法に対する多くの人々の取り組み方に近いのではないでしょうか。がん治療で分かれ道に立ったら、両方の道を進んでみるのです。

 代替療法と補完療法は、いまや十億ドル規模の市場になっています。信頼できる情報が手に入りにくい一方で、信頼性に欠ける情報は何千というウェブサイトで簡単に見つけられます。そういったサイトの多くが、宣伝目的に近いものか、特定製品の広告そのものです。ビタミン、ミネラル、フードサプリメントは、米国政府の規制を受けていません。そのため、その効能書きは、絶対にあり得ないほどすばらしいものばかりです。そして、それが何と、もっともらしいものか!また、生産過程で品質管理されていないということは、効果が無いだけでなく、危険性のある製品もあるということです。こうした問題は背景知識を身につけて取り組むべきであり、ここでご説明します。

.
=========

次回は、『昨今の代替療法、補完療法』 です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0)はじめに | 01)私の病歴 | 02)卵巣ガン 初発(手術) | 03)卵巣ガン 初発(抗がん剤 TC・3) | 04)卵巣ガン 再発・多発(手術) | 05)卵巣ガン 再発(抗がん剤 DC・6) | 06)卵巣ガン 再々発(抗がん剤DC・3) | 07)卵巣ガン 再々発(手術) | 08)卵巣ガン 再々発(腔内放射線) | 09)卵巣ガン 再々々発(手術) | 10)卵巣ガン 再々々発(再手術) | 11)卵巣ガン 再々々発(経過観察) | 12)卵巣ガン 転移(放射線) | 13)卵巣ガン 転移(手術) | 14)卵巣ガン 転移(経過観察) | 15)卵巣ガン 転移(経口抗がん剤 エトポシド・9) | 16)卵巣ガン 転移Ⅱ(抗がん剤 トポテシン・3) | 17)卵巣ガン 転移Ⅱ(手術) | 18)卵巣ガン 転移Ⅱ(経過観察) | 19)卵巣ガン 転移Ⅲ(抗がん剤 タキソ-ル・6) | 20)卵巣ガン 転移Ⅳ(手術) | 21)卵巣ガン 転移Ⅳ(抗がん剤 ジェムザール・3) | 22)卵巣ガン 転移Ⅳ(抗がん剤 ドキシル・3) | 23)卵巣ガン 転移Ⅳ(手術・鼠径部) | 24)卵巣ガン 転移Ⅳ(エトポシド・3) | 30)卵巣ガン関連 | 31)おしっこ関連(再々々発以降) | 32)ストーマ関連(再々々発以降)WOC | 33)リンパ浮腫関連(転移Ⅱ以降) | 40)腸閉塞(手術~ | 41)腸管膣瘘(転移Ⅳ・ドキシル以降) | 42)丸山ワクチン | 43)ペインコントロール・神経ブロック(転移Ⅳ・ドキシル以降) | 44)介護保険・障害年金 | 60)がんと告知されたら~ がん患者の心のケア | 65)眼科:マイボーム腺疾患 | 70)お知らせ | ◎ドライブ・旅行 | ★猫バカ道 | ☆エキスパートへの道 | ☆スペシャリストへの道 | ツバメ観察 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味