06)卵巣ガン 再々発(抗がん剤DC・3)

2007年1月12日 (金)

卵巣ガン(回想) 3-1

●再々発 告知
2004年初冬。 毎月1回定期検査のため婦人科外来に通っていた。主な検査:血液検査(腫瘍マーカー)、内診(細胞診、経腟超音波(エコー))。今まで、何の異常もなかった。

しかし、ここに来てエコー診で腫瘍らしきものが映っているとW先生に言われ、CT検査をして詳しく調べる事になった。

嫌な予感がする。 またか? ・・・・またなのか? いろんな想いがぐるぐる回る。

3日後、CT検査の結果を聞きに病院へ。
言いにくそうな主治医W先生。。CT検査とエコーを見る限りでは、やはり再発のようです。腟断端左部に2cmほどの腫瘍があります。腫瘍マーカーは、5.4と正常値ではあるものの上昇してきています。抗がん剤でたたきたいと思います。とりあえず3クールしましょう。と抗がん剤治療を勧められた。

・CT検査報告書から
骨盤内左側17mmの「のう胞性腫瘤」を認める。再発
ごく少量の腹水

また再発したなんて、信じなれない。一体私の何がいけないんだ!アガリクスだって飲んでいるじゃないか!頑張ったのがいけないのか!夏バテをして体調を崩したのが原因なのか!もう、何もかもイヤだ!
そんなことを延々考えながらモンモンとした日々が続いた。

また再発してしまったこと、また抗がん剤治療をしなければいけなくなったことを夫と母に伝えた。皆、落胆していた。母はうつむいたまま顔を上げようとはしない。夫は再発の原因をあれこれならべて私に言って聞かせる。 ・・・たまらない。。

そうして、またも抗がん剤治療が始まった。

.

●抗がん剤治療 1クール目
1泊2日の入院。 DJ療法マンスリー。
前回もDJ療法で今回もDJ療法だ。主治医曰く再発しない期間が6ヶ月以上あればDJ療法は奏効したということらしい。

せっかく伸びた髪ともまたお別れだ。

すっかり常連となった婦人科病棟。私を知らない看護師さんは1人もいない。悲しいことなのか?嬉しいことなのか?入院すると必ず看護師さんから入院に際しての注意事項や病棟の案内などがあるが、前回の抗がん剤からすべて省略されている。「オレンジさんは分かってるから必要ないよね」という感じだ。確かにヘタな看護師さんより段取りはわかる。うっかり忘れられても「忘れてるよ」「順番違うよ」とか言ってしまう。扱いづらい患者だったに違いない。看護師さんとはよく話をするが、病友はWさんを除いて1人もいない。というより作らなかったし、避けていた。

退院後、しばらく実家のお世話になっていた。

7日後、外来。血液検査(白血球値)下がっていたので4日連続でノイトロジンを注射。大晦日も正月もない。4日後外来、白血球値は微妙で様子見。更に3日後外来。数値下がったので3日分ノイトロジンを追加。2日後外来、白血球値上昇傾向。2クール目まで自宅待機。

.

●抗がん剤治療 2クール目
1泊2日の入院。翌朝ご飯を食べれたので退院。
姉が迎えに来る。そのまま実家のお世話になる。7日後外来白血球値は微妙で様子見。4日後外来。数値下がっているので3日連続でノイトロジンを注射。2日後外来。数値上がらず。ノイトロジンを打つまででもないので、自力で上がるのを待つ。が、風邪を引いてしまい体調不良。白血球値が上がらず、3クール目が出来ない。やむなく延期。

.

●抗がん剤治療 3クール目
これで最後。ようやくの1泊2日の入院。漏れなく終了し実家のお世話になる。
7日後外来、血液検査(白血球)数値が下がっていたので3日連続でノイトロジンを注射。2日後外来。下がりっぱなしなので3日分ノイトロジンを追加。
抗がん剤の効果を見るため、CT検査をする。翌日CT検査の結果をW先生より訊く。

・抗がん剤は、無効だった。腫瘍は大きくなっていたのだ。2.3×2.4cm大。
ダブルのショック・・・。手術を勧められる。4日後に今後の治療についての話し合うという。

一体何を話し合うというのだろう・・・。

カテキンも寒天ももずくも、私には効いてはくれなかったのか?

.

                                   つづく  

| | コメント (10) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0)はじめに | 01)私の病歴 | 02)卵巣ガン 初発(手術) | 03)卵巣ガン 初発(抗がん剤 TC・3) | 04)卵巣ガン 再発・多発(手術) | 05)卵巣ガン 再発(抗がん剤 DC・6) | 06)卵巣ガン 再々発(抗がん剤DC・3) | 07)卵巣ガン 再々発(手術) | 08)卵巣ガン 再々発(腔内放射線) | 09)卵巣ガン 再々々発(手術) | 10)卵巣ガン 再々々発(再手術) | 11)卵巣ガン 再々々発(経過観察) | 12)卵巣ガン 転移(放射線) | 13)卵巣ガン 転移(手術) | 14)卵巣ガン 転移(経過観察) | 15)卵巣ガン 転移(経口抗がん剤 エトポシド・9) | 16)卵巣ガン 転移Ⅱ(抗がん剤 トポテシン・3) | 17)卵巣ガン 転移Ⅱ(手術) | 18)卵巣ガン 転移Ⅱ(経過観察) | 19)卵巣ガン 転移Ⅲ(抗がん剤 タキソ-ル・6) | 20)卵巣ガン 転移Ⅳ(手術) | 21)卵巣ガン 転移Ⅳ(抗がん剤 ジェムザール・3) | 22)卵巣ガン 転移Ⅳ(抗がん剤 ドキシル・3) | 23)卵巣ガン 転移Ⅳ(手術・鼠径部) | 24)卵巣ガン 転移Ⅳ(エトポシド・3) | 30)卵巣ガン関連 | 31)おしっこ関連(再々々発以降) | 32)ストーマ関連(再々々発以降)WOC | 33)リンパ浮腫関連(転移Ⅱ以降) | 40)腸閉塞(手術~ | 41)腸管膣瘘(転移Ⅳ・ドキシル以降) | 42)丸山ワクチン | 43)ペインコントロール・神経ブロック(転移Ⅳ・ドキシル以降) | 44)介護保険・障害年金 | 60)がんと告知されたら~ がん患者の心のケア | 65)眼科:マイボーム腺疾患 | 70)お知らせ | ◎ドライブ・旅行 | ★猫バカ道 | ☆エキスパートへの道 | ☆スペシャリストへの道 | ツバメ観察 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味